30代付き合うときは結婚前提がいい!その理由と態度とは

 

30代になると結婚のことを考え始めます。

 

20代の頃は、それ程結婚のことを考えないで女性と付き合っていましたよね。

しかし、30代ともなれば周りから独身者が消えて、今まで遊んでいた友達まで結婚した。

こんな状態になってしまいます。

 

30代になったら、結婚前提の付き合いをしたほうがうまくいきます。

今回は、30代付き合うときは結婚前提がいい理由と態度を紹介します。

30代付き合うときは結婚前提がいい理由

周りに未婚者が少なくなる

30代ともなれば、今まで一緒に遊んでいた友達も次第に恋人ができたり、結婚したりし始める年代です。

周りを見てだんだん未婚者が減っていくと同時に、親から結婚する相手はいないのかなど言われるようになります。

 

今まで一緒に遊んでいた友達がいなくなると、今まで気にならなかった一人の寂しさが感じられてきます。

それやこれやで、結婚して一緒にいる女性がほしいと考えるのです。

癒やしが欲しくなる

30代になると仕事にも慣れ、責任のある立場になる年代です。

仕事が忙しくなって、疲れる場合が多くもなります。

「疲れを癒やしてくれる相手がいたらな」と考え始めるのです。

 

今まで気にならなかった、仕事が終わってから帰宅したときの、虚しさや寂しさが余計に感じられてしまいます。

暗い部屋に戻って、自分で夕食を用意するのも苦痛になってきます。

 

帰ったら部屋の明かりがついていて「お帰りなさい」と迎えてくれる相手が欲しくなるのです。

用意のできていた夕食を一緒に食べて、今日一日にあったことを話し合える、そんな女性がほしいと考え始めます。

外見で選ばなくなる

20代までは、結婚についてそれ程関心を持ってはいないので、きれいな女性、可愛い女性を選んでいます。

しかし、30代になり周りから独身者が減り始めると、現実的に優しくて、一緒にいても疲れない女性を求めるのです。

顔より中身というわけです。

 

結婚を意識し始めると、自然にそのような女性を求めるようになってくるのです。

つまりは、疲れた体と心に優しい女性の癒やしを求めるようになるといいうこと。

結婚を考えている相手を選ぶ

30代で彼女を求めるときに、結婚を考えているかどうかを気にし始めます。

恋人同士になってからも、お互いに結婚を考えている二人だと、結婚までの期間も短くなります。

 

結婚を考えていると、目的がはっきりしているので、それ程揉めることもなく、結婚まで行くことができるのです。

 

その点はお互いに結婚を考えていないカップルとは、根本的に考えが違います。

結婚まで考えて付き合い始めるには、結婚を考えている相手がいいのです。

価値観の合う相手を選ぶ

お互いに価値観が違うと上手くいかないものです。

自分が大事にしているものと、相手が大事にしているものが違っていると、必ず揉める元になります。

 

当然生まれも育ちも違う二人が一緒になろうとするのですから、すべて同じ考えとはなりません。

それでも、自分の考えが違っても、相手の考えに近い考えにできれば、トラブルにはならないでしょう。

違いながらでも、お互いがわかりあえる気持ちを持つことが大事ということです。

 

その中でも難しいのが金銭感覚の違いです。

お金は貯めたほうが良いと考える女性と、お金は使うためにあるのだから、使わなくてはと考える男性。

その違いは簡単に埋められるものではありませんが、お互いによく話し合って、少しでも違いを埋める努力をすること。

 

そうしないと、二人の仲が壊れてしまいかねません。

価値観を合わせる気持はとても大事なものです。

30代付き合うときの態度

ウソをつかない

結婚を目指して二人で進んでいくためには、信頼がなければ進むことはできません。

その信頼のもとになるのは「ウソをつかない」ことです。

 

ウソをつかれて、それがわかったときは、とても傷つくものです。

結婚を考えて付き合っているときは、お互いの信頼関係が一番大切です。

そのための第一歩として「ウソをつかない」ことが求められているのです。

優しくする

女性は自分だけに優しい男性が好きになります。

気持がコロコロ変わって、怒りっぽい男性は、女性にとっては付き合いにくい相手です。

 

考え方が素直で、謙虚で、思いやりがある男性は優しい男性と言えるでしょう。

感情的にならず相手の話をよく聞いて、気持に近づこうとすることが普通にできるのです。、

堅実な生活をする

堅実な生活をしている男性は、お金を大事に扱っています。

好きなことに次から次へとお金を使うことはしないで、今必要なものだけを買うという考えで生活しています。

 

しっかりした生活のプランができているので、生活に余裕があり頼りになるのです。

堅実な生活ができるということは、しっかりした人でもある証拠です。

 

自分ができないことを頼まれたときは、はっきりとできないことを説明して、断ることができます。

すべて相手に合わせることでは、堅実な生活はできません。

相手を理解する

価値観にも通じることですが、相手を理解する気持ちを持つことが大切です。

結婚したい相手と付き合うためには、相手の気持がわからないとうまくいきません。

そして、相手の気持をわかろうとすることが大事なのです。

 

自分の気持ばかり押し付けるような関係では、いつまでたっても気持をわかりあえることはできません。

お互いをわかろうと気持ちがあると、気持の違いは少しずつでも小さくなっていくのです。

お互いに尊敬する

人には他人より優れているところや、長年続けてきてとても上手になった特技などがあるものです。

そんな人より優れているところに気づいたら、素直に尊敬する気持を表しましょう。

 

お互いに良いところを認めあって尊敬し合うのが、二人の関係をスムーズに進めるための秘訣です。

お互いに尊敬しあって助け合っている関係が、最も良好な関係と言えるのです。

まとめ

今回は、30代付き合うときは結婚前提がいい理由と態度を紹介しました。

30代になると、結婚を考えるようになります。

 

その一番の理由は、自分の周りから独身者が次々といなくなって、気がつけば自分だけになっていた。

今まで一緒に遊んでいた友達も、恋人ができたり、結婚してしまったり。

こんなときに、自分も結婚を考え始めるのです。

 

30代になると仕事にも責任が思っくなって、疲れが出ることが多くなります。

そんなときに、疲れを癒やしてくれる相手がほしいと思い始めるのです。