愛情表現が苦手な男性!大事な彼女に愛情を伝える方法

 

いつも当ブログにお越しいただきまして、ありがとうございます。 

 

愛情表現が苦手なのは、男性一般の特徴です。

彼女が好きで、愛情表現をしたいけれど、どんな事をしたらいいのかわからない。

それが愛情表現の少ない原因の1つです。 

 

男性は、彼女に甘えてもらいたいと思っていますが、逆に、男性も彼女に甘えてみたい気持ちがあります。 

ただ、彼女に甘えることは、格好が悪いことだと思いこんでいることが多いのです。

 

あえて言葉にしなくても、態度で示すという考え方も男性の特徴です。

この考え方が「もっと言葉で愛情表現してほしい」と思う彼女とのギャップになっているのですね。

 

オープンな性格の男性は、愛情表現が多いですが、内気な男性は、愛情表現が少ない傾向があります。

この様に、男性の性格によっても愛情表現の仕方が違ってきてしまいます。

愛情表現を多くしてほしい彼女と、愛情表現が苦手な男性との葛藤は、なかなか無くなりませんね。

 

今回は、愛情表現の苦手な男性の特徴と、行動を紹介します。

スポンサーリンク

愛情表現が苦手な男性

なぜ男性は愛情表現が苦手なのか

愛情表現の目的は、相手に愛情を伝えることです。

「あなたを愛しています」という気持ちを、言葉や態度で伝えること。

 

しかし、この目に見えない感情を、相手に伝えるためには言葉や態度が必要なのですが 、この言葉や態度がはっきりしない男性が結構多くて、彼女にもっとはっきりして、と思わせているのです。

 

愛情表現が苦手な男性が、言葉や態度で「あなたを愛しています」とはっきりしないことが 彼女には不満なことも。 

愛情表現が苦手な男性ほど「私の思いはきっと伝わる」と考えています。

しかし、言葉も態度もなければ、彼女に「本当に愛されているのだろうか」という不安を与えてしまいます。

 

愛情表現が苦手な男性は、共通した性格「内気」があげられます。

好きなんだけど、人前で好意を見せることや、改めて愛情表現をするのが照れくさいという思いから、愛情表現が出来ていないのです。

 

好きな相手の前では、男らしく、かっこよくと考えるのが男性の気持ちですから。

男性の考え方は結構単純です。 

 

好きだという気持ちを素直に表現することができれば、自分もすごく楽になって彼女との仲も 上手くいくことは考えているけれども、言葉や態度に結びついていない。

これが、愛情表現が苦手な男性の普通の考え方です。

自分の気持ちを「言わなくても察してくれよ」と考えているんですね。 

 

この考え方を理解できない彼女が「愛されていないのじゃないか」と疑心暗鬼になっているのが本当のところです。 

自分で、愛情表現が苦手だと思っていても、その苦手意識を少しでも無くすように努力するのが 彼女に対する誠意でしょう。

愛情表現が苦手な男性が彼女に伝える言葉

感謝の言葉

愛情表現の苦手な男性でも、好きな彼女には何とか自分の気持ちを伝えようと、普段何気なさそうに伝えている言葉があります。

どんなに愛情表現が苦手な男性でも「ありがとう」という感謝の言葉は伝えています。

 

「一緒に居てくれてありがとう」「付き合ってくれてありがとう」という言葉が、女性の気持ちに響きます。 

相手がやってくれた行為に対しては、「ありがとう」が1番簡単で、それでいて気持ちを伝えるには最高の言葉です。 

 

「ありがとう」という言葉は、魔法の言葉と言われることもあります。

この「ありがとう」が二人の仲をより近づけてくれる言葉です。

彼女にとって、もう一歩踏み込んで「愛してる」と言ってほしいようですが、愛情表現が苦手な男性は この「ありがとう」という言葉で間に合わせているようですね。

いたわりの言葉

 疲れ気味の彼女にそっとかけていい言葉は「ゆっくり休んでね」「頑張ってるね」「お疲れさま」の言葉です。 

「ゆっくり休んでね」「頑張ってるね」と言われると、彼女は気にかけてくれているんだと、嬉しく思います。 

 

「お疲れさま」という言葉も、仕事が終った時などによく使われる言葉です。

彼女が何かしてくれた時や、疲れている様子の時に「お疲れさま」と言う言葉かけています。

スポンサーリンク

ほめる言葉

「可愛いね」「きれいだね」とほめられるのはとても嬉しく、おしゃれに気を使っている彼女への励ましになります。 

また、全体でなく部分的にほめるのも効果的です「肌きれいだね」「髪がきれいだね」など心を込めたほめ言葉は、彼女の気持ちをより近づけます。 

 

彼女が嬉しくなる言葉にも色々ありますが、愛情表現が苦手な男性もこれらの言葉は口にしているようです。 

いたわりの言葉、褒め言葉など、「愛してる」の代わりの言葉は普段から彼女に 伝えることで、彼女の不安をなくすことが出来るでしょう。

愛情表現が苦手な男性の彼女に対する態度

忙しくても時間を作る

好きな彼女のためには、忙しい中でも二人のための時間を作る。それが、愛情表現になっているのですね。 

忙しいのに自分のために時間を作ってくれた、この気持が彼女のハートを掴みます。 

 

どんなに忙しくても、彼女のことが大事なら無理矢理時間を作ろうとして、仕事の合間や、仕事後のちょっとの時間でも彼女に会いに行ったりします。

 1日一杯デートしたいから、数日間夜中まで仕事をして、デートの時間を作るのは彼女のことが本当に好きだからです。 

彼女のことを1番に考える

ほとんどの人は、普段から自分の気持ちを優先しています。

恋愛においても、相手が同じ気持ちを持っているかどうかを気にしている人は多いです。 

つい自分の気持ちばかり考えてしまいがちですが、彼女の気持ちを優先することで、大切にしてくれているんだと思ってもらえます。

 

愛情表現が苦手な男性は、何よりも好きな女性の気持ちを優先しようと考えています。

好きな女性の気持ちを優先するのも愛情表現の一つですから。

愛情表現が苦手な男性は、言葉で示さずに、行動で示すことが多いですが、その行動もわかりづらいことがあります。 

彼女の話をしっかり聞く

彼女の話をしっかり聞くことは、その彼女を好きになっている証拠。

話をしっかり聞くことも、愛情表現です。 

愛情表現が苦手な男性は、彼女から言われたことをしっかりと覚えていることが愛情表現のサインなのです。 

 

彼女が欲しいと言っていたものを覚えていて誕生日などにプレゼントしてくれる。

二人が付き合いだした記念日を覚えていたり、行きたい場所に次のデートで連れてってくれたりなど、彼女の話をよく覚えています。 

 

いくら疲れていても、彼女の大事な話はその場で聞く姿勢を持っています。

疲れていても話をしっかりと聞いてくれるということは、本当に好きだからできる行動です。

まとめ

今回は、愛情表現の苦手な男性の特徴と、行動を紹介しました。

・感謝の言葉

・いたわりの言葉

・ほめる言葉

・忙しくても時間を作る

・彼女のことを1番に考える

・彼女の話をしっかり聞く

 

愛情表現が苦手でも、彼女を愛する気持ちは誰にも負けないと思っているのが男性です。

その気持を素直に出せないことで、誤解されてしまうこともありますが心の中は相手の彼女のことで一杯になっています。

 

できれば、素直に愛情表現をしたいと思っていますが、それができない「内気」な男性はどうしても、わかりづらい愛情表現になってしまいます。

このようなわかりづらい愛情表現しか出来ない男性も多いことは確かですので 彼女に愛情表現を理解してもらえるといいですね。 

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。