愛情表現がストレートにできない男!長続きする女性が喜ぶ本当の愛情とは

 

日本人は愛情表現が下手だとよく言われます。

確かに欧米人のように「好きだよ」「愛してるよ」とはなかなか言えないのが現実です。

 

そんな中でも少しは愛情表現ができる男性も増えてはいますが、愛情表現がストレートにできない男性がまだまだいます。

やっぱり日本人の男性はシャイなところがあって、照れくささが先に立って、愛情表現がなかなかできないという状態になっているのです。

愛情表現のやりかた

愛情表現はチャンスを逃さない

好きな女性ができた時にすぐに、女性の気持ちも考えずに、ストレートに好きだという人もいます。

ただこのような方法は、ほとんど成功はしないものです。

 

特に好きだからすぐ付き合ってという、そのような気持ちを持っている時にはまず成功はしません。

なぜなら相手の女性の気持ちに、その言葉に対する用意ができていないからです。

だから最初から自分の気持ちを、女性に受け入れてもらおうと思って、そのようなやり方するのは間違いです。

 

ある程度恋愛に慣れている男性は、そのようなやり方は決してやりません。

自分の気持ちを知ってもらうときは、女性に愛を受け入れてもらいたい時です。

 

好きな女性ができた時は 女性に自分の気持ちを伝えるためのタイミングをじっと待ちます。

お互いの気持ちを少しずつ近づけあって、女性の気持ちに自分の気持ちを受け入れてくれる、十分な準備ができた時を狙います。

 

お互いの気持ちが高まるのじっくりと見極めて、その関係を少しずつ盛り上げていって この時と思った時に自分の気持ちを伝えるのです。

愛情表現は静かな舞台があればより効果的

愛情表現をする時の重要な要素として、静かな環境だったり、雄大な景色だったり、気持ちを伝えるために必要な舞台を用意すれば効果的です。

静かな場所でじっと女性の目を見て、静かに自分の気持ちを話します。

 

目の前に広がった雄大な山並みや水平線を見ながらなど、落ち着いた雰囲気を選んでいます。

このような大自然に囲まれた中での気持ちの伝え方は、後々まで気持ちに残るものです。

気持ちを伝えるときは、大きな声で話す必要はありません。かえって小声の方が効果的です。

 

小さな声で気持ちを伝えられた女性、は神経を集中してその声を聞こうとします。

その小さな声を聞くということが、気持ちの確認になってくるのです。

愛情表現は声に出して女性に伝えよう

欧米の恋人や夫婦は機会あるごとに「好きだよ」「愛してるよ」という言葉を必ずかけあいます。

我々日本人はそこまで「で好きだよ」「愛してるよ」という言葉をかけることは苦手な人種です。

 

恋人同士が一緒に楽しく話をしていれば、また夫婦なら協力して毎日の生活を営んでいれば、愛があるのは間違いないと思っています。

自分勝手に心と心が通じ合っているので、言葉で表現する必要はないと考えているのです。

 

しかし、思っていることは言葉に出して言わなければ女性に伝わりません。

口に出していうことで女性の心に、しっかりと自分の気持ちを植え付けることができるのです。

 

あなたも経験はないでしょうか?

それほど好きでもなかった相手から、好きだ好きだと言われ続けると、本当に好きになってしまうということ。

 

口に出して言う言葉はそれだけの力があるのです。

また相手の女性にしてみれば「好きだよ」「愛してるよ」と、はっきり言ってもらった方が嬉しくなるし安心もします。

 

二人が付き合うなかで、愛されているなという気持ちはあっても、完全な確信はないものです。

そんな時に「好きだよ」「愛してるよ」と、口に出して言われると安心するものなのです。

 

女性に強く愛情を感じた時など、はっきりと口に出して愛情表現することは、女性の気持ちに強い印象として残るのです。

愛情表現の口に出す言葉には力がある

愛情を感じた時に、はっきりと言葉にして愛情表現をすることは、とても良いことです。

それほど言葉には力があって、とても強い効果があるのです。

 

そのため口に出す言葉には、自分の気持ちを込めて、誠意を持って話す必要があるということ。

自分の本心から出た言葉ではなく、女性の関心を引こうとするのであったら。その言葉に力強さはありません。

 

今の自分の正直な気持ちを口に出した言葉は、女性の気持ちに間違いなく伝わります。

お互いの気持ちが通じて、女性に感動の気持ちを持たせることができるんです。

愛情表現恋はプレイボーイに学ぶ

プレイボーイは、魅力的な女性を見つけると、次から次へと追いかけていきます。

自分好みの女性を見つけるとすぐに近づき、歓心を買おうと一生懸命に尽くそうとするのです。

 

表面的には遊んでばかりいるように見えるプレイボーイも、実際には人一倍努力をしています。

 

自分が見つけた女性には、徹底的にサービスをしてその歓心を買おうとします。

その時ブレイボーイは、全てを女性を中心に考えています。

 

ここが、普通の男性とプレイボーイの違いです。

女性の好みを見つけて、そこから様々なアタックを考えているのです。

 

女性の好きな食べ物や飲み物を、すぐに探りだして覚え、要領よく勧めます。

食事の時でも、女性がお姫様になったかのように感じるようなもてなし方をします。

 

女性の身につけているものもよく観察し、女性の好みを知ると、間違いなく喜ばれると思うようなプレゼントをするのです。

 

自分の持っている能力を全て使って、女性に関するあらゆる情報を集めて分析します。

その上で、女性があまり考える暇がないようなスピードで、働きかけをするのです。

 

押してダメなら引いてみたり、手を替え品を替え、自分の気持ちを伝えようとするのです

人は簡単に手に入るものより、なかなか手に入らないもののほうに魅力を感じるものです。

 

プレイボーイは、なかなか手に入らない女性を追いかけます。

なかなか自分の言うことを聞いてくれない女性を、なんとか落とそうとする努力がとても参考になります。

愛情表現は終わりよければすべてよし

デートの最後によく言われることですが「終わりよければすべてよし」という言葉を聞いたことがあると思います。

つまりとても楽しいデートであったにもかかわらず、最後になって喧嘩してしまったというのデートです。

 

せっかく楽しかったデートが、最後の喧嘩で台無しになってしまったことで、その気持ちが後々まで嫌な気持ちとして、引きずってしまうわけです。

逆に言えば、デートの最中に喧嘩をしたとしても、最後に仲直りをしてにこやかに別れた時は、喧嘩が後を引くことはありません。

 

別れた後には別れる時のイメージが強力な形で残ります。

デートは楽しくするのは理想ですが、なかなかそうはいかない場合もあります。

 

それでもデートの最後、必ずにこやかに分かれるようにすることが大事です。

楽しかったデートの後は、もっと一緒にいたいと思うものです。

 

そのような気持ちになった時は、素直な気持ちを女性に言ってみましょう。

「今日はまだ返したくない」「もっと君と一緒にいたい」このような言葉が女性の心に響きます。

 

そんな時の言葉は相手に押し付ける感じではなく、自分の気持ちを素直に伝える、そのように考えるべきです。

一方的で押し付ける言動は、マイナスの効果しかありません。

相手の気持ちを考えて、自分の気持ちを受け入れてもらうように話をすることが大事です。

まとめ

愛情表現には、さまざまな方法や伝え方があります。

恋人同士にとって、お互いの愛情を確認し合うことはとても大切で、いつも相手の愛情を信じていたいと思っています。

 

そのときに大事なのが、愛情表現が女性に対する押し付けにならないことです。

愛情表現は人によって考えが違いますから、自分の愛情表現が正しいからと、女性に押し付けるのはNGです。

 

お互いに心地良さを感じるような、愛情表現の方法を見つけることが、二人のための最良の愛情表現になります。