告白の返事を保留された!女性に答えを待たされるその理由とは?

 

いつも当ブログにお越しいただきまして、ありがとうございます。 

 

勇気を出して告白した後に返事を保留されるのは、とてもショックですよね。

しかし、告白した後に返事を保留されるのは、当然のことでもあるのです。

女性の気持ちの中で、まだ恋愛対象になっていないのに、自分の気持ちだけで告白してしまったことが原因ですからね。

 

男性は、自分の好みの女性に会うとすぐに好きになってしまいますが、女性は男性の内面まで知ろうとするので、恋愛感情の高まりは、男性より長い時間がかかります。

そのような女性の気持ちを考えずに告白すると、女性が引いてしまうということを理解することが大事です。

告白は、女性が恋愛対象に入れるまではやってはいけません。

 

今回は、告白したあとに返事を保留される理由を紹介します。

スポンサーリンク

告白後に返事を保留される理由

告白後に返事を保留される理由その1 告白が早すぎた

告白のタイミングは本当に難しいよね、慌てずに待てれば良いんですが。

女性の気持ちが自分に向いてるかどうかを見極めるのが難しいからですね。

 

好意を示すために告白をする、これ自体は間違いではありません。

ではなぜ告白したのに女性に返事を保留されてしまうのでしょうか? 

 

女性に告白して返事を保留されるのは、まだその段階になっていないときに告白してしまったということですね。 

男性はすぐに女性を好きになりますが、女性が男性を好きになるにはもっと時間がかかります。

その時間を待つことができないと、告白は必ず失敗するんですね。 

 

告白する時に一番大事なのは、告白する時のタイミングです。

告白が失敗する原因の90%以上は、告白のタイミングが早いことです。

自分の気持ちを抑えることができずに告白する。

男性は、告白しようと決めた段階で告白するタイミングは頭から消えてしまいます。

 

あとは、何処で、どんなセリフでと言う事しか考えなくなります。 

しかし、女性が男性の「告白」を聞いて迷っている原因は、告白の場所やセリフが悪いからではありません。

好きだという感情がまだそこまで高まっていないのに、告白されたからです。

 

好きでもない男性から告白されて、OKする女性はいません。

友達関係にはなっているけど、恋愛対象にはなっていないということです。 

 

そんな時に告白されても「友達だと思っていたのに」との言葉しかもらうことができません。

タイミングが難しく「3回目のデートで告白すると成功する」なんて話もありますが 、これほどあてにならない話もありません。

 

2回めのデートで告白したらOKを貰えたが、4回目のデートで断られる場合もあり一概に言えないんです。

どんな場合でも、相手の女性の気持ちが、告白を受け入れる準備ができていない限り失敗します。

 

告白が成功するか不安がある時は、タイミングが早すぎると思って間違いありません。

正しいタイミングで告白すれば、どんな場所であろうと、どんなセリフであろうと女性の答えはOKしかないのですからね。 

★関連記事

告白後に返事を保留される理由その2 好き避けをされている

好き避けは結構された男性が多いようで、嫌われていると勘違いすることも多いようです。

よく見ていれば好き避けはわかると思いますが、勘違いも起きるかもしれません。

 

好き避けは自分の気持を男性に知られたくない思ったときによく見られる行動です。

照れくささもあるようで、自分の考えと行動があっていないときに好き避けする事が起きます。 

 

シャイで奥手の女性に多いのが「好き避け」です。

好きなんだけど恥ずかしさが強くて何となく避けてしまう。

 

また緊張してしまって好意を持っているのに避けてしまう。

好き避けをする女性の特徴は「恋愛経験が少ない」という事。

恋愛経験が乏しいために、自分の気持ちにどのように対処すればいいのか分からない。

 

・変なことを言って嫌われないだろうか。

・ヘマをして変なやつと思われないだろうか。 

・好意を持っていることがばれると嫌われないだろうか 。

 

このような思考回路が恋愛経験が少ない女性の特徴ですから。

好き避けをする女性は、好意を持っている男性とは緊張してうまく話せません。

 

言葉を噛んでいるうちに自己嫌悪に陥ってしまうのです。

それで、途中で何処かへ行ってしまう事になります。

好きですという意思表示が素直に出せないのがこのような女性の特徴です。

 

好き避け女性によくあるのが、好きな人の目を見ることができないことがあります。

遠くにいる好きな人は目で追いかけてしまうけれど、近くに来るとつい目をそらせてしまう。

この繰り返しで、なかなか近づくことができなことが多いです。

こんな好き避けの女性がはにかんでいたら、優しくフオローしてあげることです。

告白の返事を保留にする時アンケート

女性は、脈アリの場合も脈ナシの場合も、2人に1人が告白の返事を保留にするという驚きの結果に。

もはや返事を保留されただけでは、真意は五分五分のようです。それぞれの理由とは?

★脈アリな場合

<脈アリだからこそ、慎重に>

・「付き合ってもいいが、性格や価値観など理想と合ってるか考えたかったから」(37歳/医療・福祉/専門職)

★脈ナシな場合

・「好きではないけど、ハッキリと断ってしまうのはもったいないかな~という気持ち」(女性/28歳/団体・公益法人・官公庁/秘書・アシスタント職)

告白してフラれると傷つきますよね。相手の気持ちを考えると、脈ナシだからといってその場で断るのははばかられます。
ただし、告白の返事をあまりに先延ばしにすると、相手に期待させてしまうのでほどほどに。

引用:マイナビウーマン  https://woman.mynavi.jp/article/170227-70/

告白するタイミング

告白するタイミング モテる男の場合

 

モテる男は女性の気持ちが整わないうちは告白はしませんから、失敗はありません。

やはり、モテる男は余裕があるから待っていられるということです。

告白をするタイミングが大事なことはよく言われています。

 

モテる男は、女性に恋愛対象に見られてから告白するから失敗しません。

モテる男は、告白を急ぐことはなく、じっくりと女性の気持ちが高まるのを待って、その上で女性の気持ちが自分に向いたと確認できてから告白をするから、失敗することはないのです。

 

告白は、難しいと感じている男性も多いですが、女性の気持ちを考えて行動するとで、それほど難しいことではなかったりします。

女性の気持ちが高まってから、それを確認した上で告白をするということです。

モテる男は、女性が自分を恋愛対象に入れるまでジックリと時間をかけます。

 

モテる男は、焦りません。時間をかけることは当然というスタンスで女性に向き合います。

女性の恋愛対象に見られていることを確認して告白します。そうなる前は決して告白はしません。 

告白するタイミング モテない男の場合

モテない男の場合は、女性が自分をどう見ているか、恋愛対象として見られているかどうかを考えません。

自分の気持ちを抑えることが出来ずに告白するのですね、女性の気持ちも考えずに。

モテない男が告白で失敗する原因は、とにかくまだ早い段階で女性の気持ちを考えずに、自分の気持を伝えようとすること。 

 

そのへんがモテない男の特徴とも言えますね。

自分の気持が先に出てしまって、女性の気持ちを考える余裕がなくなってしまうのですね。

そんな自分の欲求を優先した行動は、相手の女性に受け入れられることはありません。

 

女性が恋愛対象に入れるまではどんな告白も断られ、女性が自分から離れていってしまうことになります。

どんな場合も、女性の気持ちを第一に考えるようにするのが大事です。

女性が好意を持った男性にする行動

女性が好意を持った男性にする行動その1 ボディータッチが多い

 

好きな男性に触るのは、好意のある証拠です。

女性の好意の程度なんかも、スキンシップのとり方である程度わかります。

 

女性が好きな男性には積極的に近付こうとします。

その一つがボデイタッチが多いということですね。

 

女性は普段からボデイタッチしてくることはありますが、特に好きな男性にはボデイタッチが多くなりますね。 

女性は好きな男性に対してスキンシップを図ろうとして、ボディータッチをしてきます。

肩を軽く叩いたり、腕を触ってきたりします。

女性は好意を持った男性に近づことで、快感を得ようとします。その結果、ボディータッチが多くなるのです。

★関連記事

女性が好意を持った男性にする行動その2 メールやラインの返信が早い

メールやラインの返信である程度の感情がわかります。

返信の程度で女性の気持ちが、はっきりしてわかるようになるのですね。

好きな男性に対して、メールやラインの返信が早くなります。

 

女性は、好きな男性に対しては、メールやラインの送信が多くなりますが、返信が早くなるのも好きな男性に対する気持ちの現われです。

 

とにかく好きな男性からのメールやラインを待っているのですね。

だから送られてきた通信には、即返信が当たり前になっているのです。

 いつも、男性からのメールやラインを待っているので、送られてきたメールやラインにすぐ返信できる体制をとっているのです。

女性が好意を持った男性にする行動その3 視線で追ってくる

視線を感じたら、アプローチしてみることです。かなりの確率で、好意を持って見てくれています。

女性が、好きな男性を視線で追うことはよく見られる行動で、ついつい追ってしまうのです。

そんな女性の視線を感じることがあれば、必ず好意を持った視線だと思って間違いありません。

 

女性は、好きな男性を視線で追っていきます、ついつい好きな男性を目で追ってしまうのです。

視線を感じたり、よく目が合う女性は間違いなく好意を持っていますよ。

女性が好意を持った男性にする行動その4 パーソナルスペースに入れてくれる

パーソナルスペースにお互いが入れればOKです。

パーソナルスペースに入ることができれば、スキンシップができる距離になりますからね。

 

まだ好意を持たれていないときに女性に近づくと、近づいた分同じような距離を取ろうとします。

女性は自分のパーソナルスペースには、好意を持った男性しか入れません。 

 

人間が、これ以上近づくと不快に感じる距離がパーソナルスペースですが、好きな人にはその限りではありません。 

パーソナルスペースの内、密接距離と言われる45cm以内に女性が入ってきたら、好意を持っていると判断しても間違いありません。

★関連記事

女性が好意を持った男性にする行動その5 声のトーンが高い

声のトーンが高くなったと感じる時は期待してもいいです。

女性の特徴的な高いトーンの声は、男性が好きな声です。

 

女性の声は、どちらかといえば高い声の部類に入りますが、好意を持った男性と話すときは、トーンが上がります。

その高いトーンの声が、男性に好かれる声だということを、よく知っているからなのです。 

 

女性は好意を持っている男性と会話する時は、声のトーンが少し高くなります。

男性は、女性の少し高い声に魅力を感じますので、それを知っている女性の声のトーンが上がるのです。 

女性が好意を持った男性にする行動その6 自然な笑顔

笑顔も間違いのない、好意のある証拠です。

好意を持っている男性の前で、明るい楽しそうな笑顔でいる時は間違いありません。

 

なんと言っても好意を持った男性に見せる女性の笑顔ほど、輝いて見えるものはありませんよね。

好意を持った男性に見せる女性の笑顔は、二人の雰囲気を柔らかく包んでくれるような、そんな効果があります。

 

好意を持っている男性の前では、自然に笑顔になるものです。

一緒に居て楽しい気持ちが自然な笑顔になるのです。

自然で楽しそうな笑顔が男性に好意を持っている証拠です。

まとめ

今回の話はいかがでしたか? 

 

告白した後に返事を保留されるのは、まだ女性の気持ちが高まっていなくて、あなたを恋愛対象として見ていないのが理由です。

 

好きな女性に告白するには、女性が男性を好きになる時間が長くかかることを理解して告白することが大事です。

 告白後に返事を保留される理由

・告白が早すぎた

・好き避けをされている

このような理由で避けられている事が考えられます。

告白するタイミング

告白するタイミングは、女性があなたを恋愛対象に入れてくれてから。

恋愛対象に入れてくれるまでは、時間がかかります。

 

自分の気持だけで告白するときは、殆どの場合タイミングが早過ぎます。

女性の気持ちが高まるまで待って告白するのが、一番いいタイミンとなります。

女性が好意を持った男性にする行動

・ボディータッチが多い

・メールやラインの返信が早い

・視線で追ってくる

・パーソナルスペースに入れてくれる

・声のトーンが高い

・自然な笑顔 

女性が好意を持った男性にする行動は、ボデイタッチが多くなったり、メールやLineの返信が早くなるなど、目に見える行動が多くなります。

また、視線で追ってきたり、パーソナルスペースに入れてくれたり、自然な笑顔で少し高いトーンの声で話をします。

このような行動が多くなったら、告白しても避けられることはありません。

 

女性の男性に対する好意は、結構な時間がかかります。

女性の恋愛対象に入るためには、少しずつ好意を示しながら時間をかけるしかありません。

 

それが女性の感情なのですから、それに合わせるのが大事なのです。

 男性と女性の気持ちのすれ違いが原因ですので二人の気持ちが合うまでは無理をしないことです。

二人の気持ちさえ合えば失敗することもなくなります。

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。