告白の返事待ちで成功する確率!「考えさせて」と保留された時は?

 

いつも当ブログにお越しいただきまして、ありがとうございます。

 

あなたは、大好きな彼女に、思い切って告白したけれど「少し考えさせて」と返事を保留されたことはありませんか?

やっぱり告白するのは早すぎたのか、はっきり言ってフラれてしまったのか、好きな彼女が、自分の事をどのように考えてくれているのかなど、考えすぎて落ち込んでしまうこともあるでしょう。

 

でも、返事を保留されたからといって告白が失敗したと考えるのはまだ早いですよ。

まだ成功する確率は残っているのですから。

告白を保留されてもそのまま諦めてはいけません。

 

今回は、告白を保留されても、その女性と付き会うためにやるべきことを紹介します。

スポンサーリンク

告白が返事待ちになる理由

告白が返事待ちになる理由その1 付き合いが浅い

付き合いが浅いのに突然告白されて、どのように返事をしたらいいのか迷っている事があります。

まだ相手のことを少ししか知らない状態では、返事のしようがないのが当たり前ですよね。

 

まだ付き合いが浅いときは、返事のしようがないので、告白の返事をひとまず保留にするのです。

その返事の保留の期間中に、相手の行動を見てみたり周囲の友人などに評判を聞いて確認するなど、返事をどうするかの判断をします。

告白が返事待ちになる理由その2 過去の恋愛にトラウマがある

 直ぐに返事ができない理由に、過去の恋愛で辛い経験をするなどのトラウマが残っている場合も、告白の返事待ちになることがあります。

どうしても過去の恋愛の辛い経験を思い出してしまうことで、告白の返事が保留になることもあるのです。 

 

過去の辛い経験は中々忘れることができず、忘れたと思っていても突然思い出されてしまうこともあります。

そのきっかけが告白の場合もあります。

恋愛が怖いと思うことがあるのですから。

告白が返事待ちになる理由その3 他に好きな人がいる

告白の返事を保留にされる理由に、他に好意を持った相手がいることが考えられます。

その場合は、その好意を感じている相手と比べているのかもしれませんね。 

 

好意を感じている相手と比べても、差をつけることができない時は、両方を諦めてしまうこともあります。

それだけ真剣に二人との付き合いを考えることで、返事が遅れていると考えることもできるんですね。

告白が返事待ちになる理由その4 すぐに断ることができない

 告白した相手が優しい気持ちの持ち主の場合、傷つけたくない気持ちが強く告白を断る勇気が出ない時もあります。

告白されて、うまく断る言葉がでてこない時も、返事を保留されることがあるのです。 

 

早く返事がほしいと思っている側からすれば、返事を待たされることは気持ちの上ですごいストレスになります。

優しい気持ちが、人を傷つけてしまっていることもあるのですね。

告白の返事待ちで成功する確率は?

告白が成功する確率が低い場合

 彼女の心の中では既に断るという選択肢が決まっている場合は、今後気まずくなりたくないため返事待ちにしたという 状況が考えられます。 

告白を聞いたあとの表情が固かったり、よそよそしかったりといった印象を受けた場合は 残念ながら断られてしまう可能性が高いです。 

 

口数がいきなり減ったり告白に対して感謝の言葉がなかった場合も、断る理由を考えていることがあります。

告白をきいても歯切れが悪かったり、戸惑ったりした場合は、成功の確率は低いです。

告白が成功する確率が高い場合

 相手が「付き合ってもいいかな」と思っている状況で返事待ちになった場合は、他にも気になる人がいる可能性が高いです。

告白したタイミングが悪かったわけですが、あなたのことを意識するのには違いないので、成功率は高めになります。 

告白が返事待ちになったけれども成功の確率がかなり高い場合があるのです。

告白したとき、笑顔だったり嬉しそうだったりと いった感情を表に出していた時は、かなりの確率で成功します。

告白したときに嫌がった素振りをみせられなければ、ほぼ成功といってもいい状態です。

女性に聞いた告白の返事を保留にするときアンケート

Q.あなたが告白の返事を保留にするときは、脈アリの可能性と脈ナシの可能性どちらが高いですか?

・脈アリ(51.7%)

・脈ナシ(48.3%)

※有効回答207件

女性はというと、脈アリの場合も脈ナシの場合も、2人に1人が告白の返事を保留にするという驚きの結果に。

もはや返事を保留されただけでは、真意は五分五分のようです。

それぞれの理由とは?

★脈アリな場合<脈アリだからこそ、慎重に>

・「付き合ってもいいが、性格や価値観など理想と合ってるか考えたかったから」(37歳/医療・福祉/専門職)

<脈ナシなら、即答できる>

・「無理ならすぐ返事できるはずだから!」(31歳/生保・損保/その他)

・「脈ナシならその場ですぐに断るから」(35歳/医療・福祉/専門職)

<時間をとって考えたい>

・「恋愛対象として考えられるか迷っているなど、真面目に考えている証拠だと思う」(39歳/医療・福祉/事務系専門職)

・「相手を思うからこそ、よりしっかりと本当に付き合って大丈夫なのか考えたいから」(22歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

<他にもいい人がいるかもしれないので>

・「脈アリでも他にもいい男が現れるかもしれないから保留にする」(28歳/その他/事務系専門職)

脈ナシならすぐに相手の告白を断れると言い切る女性がいる一方、告白の返事を保留し、相手のために時間をとるのは、脈アリだからこそ真面目に考えているのだという声も。

引用:Peachy http://news.livedoor.com/article/detail/12729623/

スポンサーリンク

告白後の返事待ちの期間は?

 告白した相手との距離感によって、差が出てくると思いますが、大体1週間から1ヵ月の間が多いようです。

この期間は返事をせかせてはいけません。

相手は真剣に考えてくれているので気長に待つことが大事と考えましょう。 

 

過去の恋愛にトラウマなどがあった場合は、1ヵ月以上待たされてしまうこともありますから。

なかなか返事をくれないからといって脈なしというわけではありません。

すぐに断られたわけではないので我慢して待ちましょう。

告白後の返事待ちで相手を避けない

告白の返事待ちをしてる場合、返事待ちの時に取る行動によっては、この期間中に気持ちが冷めてしまう可能性があります。

こんな状況の時に、必要以上に相手を避けるようになると「嫌われている」と気持ちが冷めてしまうこともあるのです。 

 

告白をしてきた本人から避けられるようになるほどに「いつ告白の返事をすればいいのだろう」と悩むようになってしまうからです。

避けられたことが原因で「やっぱり付き会うのはやめておこう」と思われるようにな場合があります。

 

交際したいという目的よりも、自分の恥かしさを優先してしまう事で恋愛を失敗することもあるのです。

恥かしいと感じていても、いつものように日常会話で挨拶をしたり、明るく接することが出来るような心の 余裕を持つことが必要です。

告白の返事待ちでメールやLine での連絡は?

メールやLine での連絡は、簡単なやり取りだけにするべきで、頻繁に連絡をすることで「返事を催促されている」と思われるようになってしまうのを防ぐことが大事です。

自分をアピールしようとして、告白の返事待ちの期間に必要以上にアプローチをしていると、相手の気持ちが冷めてしまう可能性もあります。 

 

連絡をする時は、本当に今連絡しないといけないことなのかを冷静に判断する事が必要です。

また可能であれば、メールやLineで伝えるのではなく、相手に直接要件を伝えるように出来ると良いですね。

自分ではそんなつもりでなくても、相手が「早く返事をしなければ」と思うようになってしまうので、 その点には注意が必要です。

告白の返事待ちでの態度は?

告白の返事待ちの期間中の態度は、基本的には告白前と同じように振る舞うことが大事です。

返事を保留したときに「告白前よりぎくしゃくしてしまい、気まずくなってしまった」 というケースがよくありますからね。

 

これだけは無くしたいので、告白前と同じ態度で接するようにしましょう。

注意が必要なのは、告白した側が気まずい空気を出してしまうと、相手はその空気に流されてしまいます。

 

告白の返事が保留になった場合、気まずい空気をだしたり、ギクシャクしないようにすることが最大のポイントです。

もうひとつ重要なことは、告白の返事を急かしたりしないということです。

とにかく待つことが大事で、告白に対して返事が出せないということは、今すぐ付き合う決断ができないということです。

 

急かしてしまうと、とりあえず断ろうという気持ちになってしまいがちです。

相手が悩んでいることを理解して その気持ちを伝えるためにも急かしたりせず、ゆったりと余裕を持って待ちましょう。

告白の返事待ちで無理な誘いはしない

告白の返事待ちで、少しでも自分の良い部分を相手に伝えようと思ってしまう事があります。

必要以上に相手にメールやLineをしたり、デートに誘うようになってしまうのです。

告白返事待ちの期間という状況なのに、無理に相手をデートに誘うことはやめましょう。

 

相手に余計な負担をかける事になってしまいますから、やらないほうがいいですね。 

告白の返事を真剣に考えている中で、デートに誘われれば「その日に返事をしなければいけない」 といったプレッシャーを感じるようになってしまいます。

 

その結果、冷静に判断することが出来なくなり、たとえ交際に対して前向きに考えていたとしても、「付き合うことが出来ない」という結論を出すようになってしまう場合もあるのです。

告白返事待ちの期間に、相手との距離を縮めたいという気持ちがあったとしても、相手には極力プレッシャーをかけないようにすることです。

自己アピールやアプローチ、デートの誘いは控えることが大事です。

告白の返事待ちの期間はおとなしくする

告白したときに返事を保留にされると返事待ちの期間中は常に不安な感情に襲われることもあるでしょう。

この不安な感情から逃げるために、告白したことや、相手についてのことなどを周囲の友人などに、ついつい話してしまうことがあります。

 

告白したことを周囲に言っていることを良く思わない相手もいます。

友人たちに話している 内容が大したものでなくても印象が悪くなってしまう可能性はありますからね。

 

告白後の返事待ち期間中にも相手からの印象は良くなったり、悪くなったりします。

返事が保留されていて返事待ち状態で ただ待っているだけの状況は辛いですが、印象を良くしようと行動しない方がいいです。

 

返事が保留中の期間であるにも関わらず、印象を良くしようと彼女を無理にデートに誘ってはいけません。

告白の返事を保留するときはゆっくり考えたいと思っているので、相手と少し距離を取りたいと思っている人もいますから。

頑張って印象を良くしようとアピールすることは良いことですが、相手のペースも考えてあげないと 逆に印象が悪くなってしまう可能性もあります。

まとめ

今回の話はいかがでしたか?

 

彼女に告白して返事をを保留されたときは、辛い気持ちを我慢して彼女に考える時間をあげましょう。

 

決して返事を早くしてほしいなどの催促をしないことです。

返事を催促されると、結論が出ていないのに返事することになって、断りの返事になってしまうことがあります。

女性にも告白を保留する理由があってしているわけなので、あくまでも女性の気持ちが落ち着いて、答えを出してくれるまで、黙って待っているのが正解です。

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。