デートの誘い方はストレートそれともライン?メールも使う簡単な女性の誘い方徹底解説

 

女性をデートに誘うのは、難しいと思っていませんか?

 

好きになった女性をデートに誘ったけれど、やんわりと断られてしまった経験は、誰にでもあるはずです。

でもそれは、女性のあなたに対する興味が、まだ高まっていないからなのです。

 

女性をデートに誘う前提の第一が「女性と仲良くなっている」こと。

まだ女性と仲良くなれていないのに、デートに誘うことが断られる理由なのです。

 

今回は、デートの誘い方はストレートそれともライン?メールも使う簡単な女性の誘い方を紹介します。

デートの誘い方の手順

デートの誘い方 女性と仲良くなる

デートに誘って失敗している男性の一番の理由は、まだ女性と付き合ってそれ程経っていなくて、女性と仲良くなっていないことです。

まだ二人でデートするほどの、仲になっていないということですね。

 

女性と仲良くなっていないときは、どんなデートの誘い方をしても、断られるだけです。

この一番大事なところをすっ飛ばして、失敗している男性も結構いるんですよ。

 

最低でも、女性と楽しい雑談を交わせるくらいの仲になりましょう。

それまでは、デートに誘う前の準備期間と思うことです。

 

女性の好きな食べ物や、趣味、ハマっているドラマなど、女性のことを知るための情報を収集するときなのです。

女性をデートに誘うのは、それからのほうが成功率が格段に上がりますから。

デートの誘い方 成功の確率を上げる

デートの成功の確率を上げるためには、女性のことをよく知った上で、女性の好みに合わせる誘い方を考えます。

その誘い方は、

 

「パスタ好きだと言っていたよね」

「うん、好きだよ、どこか美味しいところ知ってるの?」

「偶然見つけたんだけど、雰囲気のいい店でさ、パスタもすごく美味しかったよ」

「そうなんだ、行ってみたいな」

「今度一緒にいいこうよ」

 

このような会話で、女性の好きなことから誘うようにすると、成功の確率が上がります。

このときは、具体的な日時など決めないのがポイントで、軽い口約束で終わるようにしましょう。

そして、後日

 

「そういえば、パスタ食べに行きたいと言っていたよね?」

「うん、良さそうな店らしいから行ってみたい」

「じゃ、今度行ってみようよ」

「楽しみだな」

 

このように、楽にデートに誘うことが出来ます。

デートの誘い方 気軽に誘う

デートに誘って断られる男性は、誘うときの言葉が固く、自信がなさそうな態度で誘ってしまいます。

 

「あの~、よかったら前日話した、パスタの美味しい店に行きませんか?」

 

このようなデートの誘い文句は、女性の気持ちに響かないのです。

女性は、自信のない男を好きになることはありませんので、デートに誘うときは気軽な調子で誘う事が秘訣です。

 

「そういえば、この間話したパスタの店、いつ行く?」

 

気軽な調子で話をして、このときに具体的な日時を決めればいいのです。

この誘い方は、ほとんど成功するやり方ですので、上手く行っていないときは、有効な方法です。

デートの誘い方がうまくいく方法

デートの誘い方 面と向かって誘う

デートの誘い方で一番成功率が高いのは、やはり面と向かって誘った時です。

女性と実際に面と向かって誘うことで、女性にも本気度が伝わりやすくなります。

「今度一緒に行こうぜ!」と気軽に誘うパターンです。

 

誰に聞いてもデートの誘い方で、女性と面と向かって話したほうが、成功率が高いと言っています。

つまり、女性も面と向かって誘われたときは、断りにくいのですね。

 

面と向かってデートに誘われて、よほど嫌っていない限りは、オーケーする女性が多いということ。

面と向かって女性をデートに誘って、断わられるのが嫌だと思うこともあるでしょう。

 

でも、女性をデートに誘う成功率が高いことは、やはり利用すべきやりかたです。

デートの誘いに乗ってくれたときは、そのことだけを確認しておきましょう。

 

その他の予定などは、メールでもラインでも後で連絡すれば良いことです。

デートに誘うことが目的なのですからね。

デートの誘い方 電話で誘う

デートに誘いたいときでも、面と向かって話をすることができない場合もあります。

そんなときは電話で、デートの誘いをするのも良いでしょう。

 

でも、突然電話でデートに誘う前に、メールやラインで女性との距離を短くしておくと、電話での誘いが生きてきます。

どんな誘い方でも言えることですが、女性との付き合いが短い場合は特に、誘い方を間違えると必ず失敗します。

 

ですから、いろんな方法を組み合わせて、女性に近づくことがとても大切なのです。

電話での会話は、直接お互いの耳のそばで話しているのと同じ状態です。

 

今までのメールやラインのような、文字だけでのやり取りとは違って、電話の声のやり取りはドキドキします。

その感じは電話を受ける女性も、ドキドキしているのです。

 

電話での誘いは、短時間で済ませるようにしましょう。

女性の貴重な時間を使わせているという気持ちになって、女性の負担にならないように、長話にならないように注意すること。

デートの誘い方 メールを使う

メールだと、気持ちを上手く伝える事ができないと考えていませんか?

緊張して変な文章を書いてしまったり、もろに自分の気持ちを出しすぎて、失敗してしまうこともありますよね。

 

でもメールなら、直接女性と面と向かってデートに誘うわけではないので、落ち着いて文章を考えることができますよね。

メールでのデートの誘いも、やってはいけないことがあります。

 

女性の都合も考えずに、今すぐデートしたいなどの、自分よがりなメールは断られる事が多いです。

また、自分の気持ちをストレートに出しすぎるのも、女性に引かれる文章です。

 

では、どんな文章が、女性に好かれるのでしょうか?

 

メールの場合の文章は、具体的なデートプランや、目的の場所の名前やメニュー、そして時間などデートの様子がわかりやすく書かれた文章です。

ラインでの上手なデートの誘い方

ラインでの上手なデートの誘い方 タイミングを考える

デートの誘いは、日中の忙しいと思える時間帯よりも、帰宅時間以降のリラックスできている夜間に、ラインのメッセージを送るのが良いでしょう。

日中は仕事でスマホを見ることもできず、すぐに返事ももらえないので、ラインを送ってはいけない時間帯です。

 

帰宅して入浴と食事が終わって、ホッとしている時間から寝るまでの間が、ラインを送るには適した時間です。

ラインは、余程の事情がない限り「見たらすぐに返す」という女性が大半です。

 

ラインは短文で、会話に近いノリで会話できますから、女性に深く考える暇を与えずに、返事をもらえる可能性があります。

また、1日が終わっってホッとしている時間に、ラインが送られてくるのは、女性にとってとても楽しみなものです。

ラインでの上手なデートの誘い方 会話ができるのは必須

あなたは、デートに誘った女性と、上手く会話できる自信がありますか?

女性は、デートで会話が進みそうもない相手と判断したら、誘いに乗ることはありません。

 

デートで会話が弾まずに、さっぱり楽しい雰囲気を出すことが出来なければ、女性はこのデートは失敗、次もなしと判断します。

女性が自分の大事な時間を使って、楽しいはずのデートで逆に疲れてしまうと、失敗したと考えて当然です。

 

女性に楽しいデートだと思ってもらわなければ、その場は収まってもその先はありません。

女性としっかりとコミュニケーションを取ることはとても大事なことなのです。

ラインでの上手なデートの誘い方 長文は送らない 

ラインで長文を送ると「なにこれ、ウザ!」そのように思われて、せっかくの気持ちが女性に伝わりません。

ラインではなるべく短い文章で、ポンポンと会話が進むように考えなければなりません。

 

ラインはメールと違い、短い文とスタンプを使うコミュニケーションツールです。

ラインで長文を送ったり、女性の気持ちに重い感じの文章を送ってしまうと、断られる可能性が多くなります。

 

ラインでは、女性に考えさせる重い話はせず、気軽に会話しながらデートに誘うのが大事です。

まとめ

今回は、デートの誘い方はストレートそれともライン?メールも使う簡単な女性の誘い方を紹介しました。

 

女性をデートに誘うのは、難しいことではありません。

失敗するのは手順を踏まないで、自分の気持ちだけで突き進んでしまうことです。

 

女性が男性を好きになるには、時間がかかります。

デートに誘うには、女性の気持ちが男性を嫌いじゃない、と思っていなければなりません。

 

そのためにデートの前までには、女性との仲がそれなりに近くなっていなければならないのです。

女性の気持ちが近づけば、デートの誘い方がどんな方法でも失敗することはなくなります。