嫌われるLine!女性に嫌われて既読無視される文章とは!

 

あなたは嫌われないLineの送り方を知っていますか?

そのLineの間違った送り方で、好きな女性に、既読無視されて困っている男性も多いのです。

 

女性に嫌われるLineの文章は、

・日記のような文章

・やたらに長い文章

・キャラが違いすぎる文章

・好意を伝える文章

・ネガティブな文章

・追撃Line

です。

 

嫌われるLineを送っていると、既読無視から、最後は連絡無しで終わってしまいます。

今回は、嫌われるLine!女性に嫌われて既読無視される文章を紹介します。

スポンサーリンク

嫌われるLine

嫌われるLine1 日記のような文章

女性との会話のきっかけが欲しくて、頻繁に女性にLineを送る男性がいますが、そのようなLineの送り方は嫌われます。 

 そんなLineを送っている男性に多いのが、日記調のLineです。

 

「おはよー、今日も頑張ってね」

「今日は、仕事ちゃんと出来た?」

「おやすみ、明日またね」

こんな文章を送られた女性は、返事のしようがないですよね。 

 

すでに付き合っていて、お互いに好意を持っている女性にこの様なLine送るのは、いいかもしれませんが。 

まだ付き合う前の、好意を持っていない相手からその様なLine をもらっても、ただ「ウザい」だけです。

 

相手の女性の気持ちも考えずに、自分勝手なLineを送っても、返信が返ってこないのは当たり前です。 

そんな、女性の気持ちも分からずに、1人よがりなLineを送ってくる男性を好きになる女性はいません。 

 

本人は、コミニュケーションを取っているつもりでも、その気持ちに答えてくれる女性はいないという事です。 

無視されるのは当然です。

 

女性にそんなLineを送っている男性は、自分がその立場に立った時のことが想像できません。 

日記のような文章で、Lineのやり取りができるのは、女性が男性に好意を持った場合だけです。

★参考記事はこちらから ▽

嫌われるLine2 やたらに長い文章

女性に自分の事をよく知ってもらいたいとの思いから、ついつい長文のLineを送ってしまった経験は無いですか? 

女性に、既読スルーされるLineの 一つに、文章がやたらに長いというものがあります。

 

スマホの画面一杯に、文章が詰まっているのを見た時に、それをじっくりと読む気持ちにはなれませんよね。 

「なに、この長文」と女性が思った瞬間、女性はその文章を読もうとはしないでしょう。

長文のLineは、女性に嫌われる事を知るべきです。

 

女性に「面倒くさい」と思われるだけの長文のLineを、一生懸命時間をかけて書いたのに、女性に嫌われるなんて悲劇です。 

 相手の女性のことを考えればわかると思いますが、Lineになるとその辺まで頭がまわらないんですね。 

 

文章は短めに、分かりやすくが基本です。Lineの特徴は、短い会話のやり取りですからね。

LINEは、短文での言葉のキャッチボールを続けることが楽しいツールです。

スポンサーリンク

嫌われるLine3 キャラが違いすぎる文章

合コンで、気に入った女性にテンションの高いLineを送る男性がいますが、これは殆どの場合、既読無視で終わることが多いです。 

自分では、明るいキャラを演出したほうが女性の受けはいいだろうと考えてのことです。 

しかし、既読無視で返信がない。何で返信がないのか、不思議でしょうがないのですね。 

 

それは、現実のキャラと、Lineのキャラとの違いすぎが、大きく影響しています。 

合コンの場では、女性の目も見れずにボソボソと喋っていた根暗の男が、Lineではやたら明るい。 

このキャラの違いが、女性を戸惑わせているのです。

 

誰だって、いつもと全然違ったキャラを見せられると「あれ、こんなやつだっけ」と違和感を覚えるものです。 

特に、女性に送るLineでは、どうしても明るい感じの文章を送ろうとする事が普通ですよね。

 

でも、実際のキャラと、Lineのキャラの違いがかけ離れていると「なに、この人」となるのです。 

 合コンの場では、根暗だったのに、Lineでは、明るすぎ。 

 

会ったときには話せないのに、Lineでは雄弁になる。この様な「二重人格」は、恋愛対象外です。 

自分の普段のキャラと、Lineのキャラは同じにして、女性に違和感を持たれないようなLineにする事が大事です。

★参考記事はこちらから ▽

嫌われるLine4 好意を伝える文章

女性に好意を伝える事は当然必要なことですが 、その伝え方を間違えてしまっては苦労が台無しになります。 

確かに、女性に好意を伝えなければ付き合うことも出来ないわけですから、その方法を間違えてはいけません。 

 

本来、好意を伝えるのは、実際に会って伝えることです。 

それを、Lineでやることがそもそも間違いなのです。 

 

メールもそうですが、文字だけのやり取りは、どうしても細かいニュアンスが伝わらない危険性があるということです。 

 実際に会って好意を伝える時は、顔の表情とか、口調とか声のトーンとかで、自分の本気度が女性に正確に伝わります。

 

しかし、残念ながらLineにはその判断材料がありません。

だから、Lineで好意を伝えることは、勧められないのです。

 

Lineで好意を伝えることは、面と向かって言えないからというのが多いですが、この態度が女性に嫌われるのです。 

 

気に入った女性に面と向かって好意を伝えるのは結構勇気がいります。

しかし、Lineで伝えるのではなく、面と向かっての告白のほうが、成功率が当然高くなります。

★参考記事はこちらから ▽

嫌われるLine5 ネガティブな文章

Lineで、女性の気を引きたくて、ネガティブな文章を送ってしまう男性がいるのですが、これは逆効果です。 

ネガティブな言葉は女性に対して、私は「精神的に弱い男です」と白状しているようなものですからね。 

 

女性が望んでいる、グイグイ引っ張ってくれる男性とは違いすぎて、一緒にいたいとは思わないという事です。

人間誰でも、ネガティブな発言をする人よりポジティブな発言をする人といたほうが楽しいです。

暗い人より、明るい人のほうが断然好かれます。

 

頼りにできないネガティブな男性は、そんなLineを送った時点で、恋愛対象外にされる事は決まりです。

ネガティブな考えを表に出している限り、女性がその男性を好きになることは永遠にありません。

★参考記事はこちらから ▽

嫌われるLine6 追撃Line

女性から連絡が来ないからと、数時間後に次のメッセージを送ることは、既読無視される理由になります。

この、追撃Lineを送ると、いくら話題を変えた内容を送っても、もらった女性が思うことは「面倒くさい」です。

 

1回目も返していなかったし、2回目は違う話題だし「面倒くさいから後にしょ」となります。

追撃Lineが続くと、返さなければという気持ちがなくなって、既読無視どころか放置されてしまうようになります。

 

返事を返せなかった言い訳も「寝てた」「風邪ひいてた」「忙しかった」と、適当な言い訳になってしまいます。

追撃Lineは、やっていいことは何もありません。

まとめ

今回は、嫌われるLine!女性に嫌われて既読無視される文章を紹介しました。

 

女性に嫌われるLineを送ると、間違いなく既読無視されてその先はありません。

Lineは、特徴である短文のやり取りで、楽しくコミニュケーション取ることが原則のアイテムです。

自分よがりではなく女性の都合を考えたLineで、楽しくLineのやり取りをしましょう。

 

嫌われるLine文章は、

・日記のような文章

・やたらに長い文章

・キャラが違いすぎる文章

・好意を伝える文章

・ネガティブな文章

・追撃Line

です。

恋愛で使うには便利なLineですが、使い方を間違えるとせっかく気に入った女性に嫌われます。

Lineしたのに逆効果になって、付き合うどころか、恋愛対象外にされることになってはなんにもなりません。 

 

やってはいけないことを覚えて、女性に嫌われることのないように、気をつけることが絶対に必要な事です。