どうしても別れたくない彼女に別れを告げられたときの対処法とサインとその理由

 

一生懸命苦労して彼女を作ったのに、付き合い始めると自分の思い通りにならないのが恋愛です。

 

付き合いはうまくいっていると思っていたのに、ある日突然彼女から別れ話をされて「なんで、どうして」とオタオタする男性もいます。

なぜ、彼女から別れ話をされる事になったのか、それには理由があるのですね。

 

今回はどうしても別れたくない彼女に別れを告げられたときの対処法とその理由を紹介します。

どうしても別れたくない彼女に別れを告げられたとき

どうしても別れたくない彼女なら冷静に話を聞く

彼女から別れ話を聞かされて、冷静でいろという方が無理かもしれません。

しかし、別れ話に感情的な言葉を使って反論すると、余計に話をこじらせてしまいます。

 

とにかく彼女の話を冷静に聞くことに、注意を向けてください。

彼女が別れ話を出さなければならなくなった不満を、しっかりと聞くことが重要です。

 

「忙しいと言って、合う回数が減ってきた」

「最初の頃に比べて、優しくなくなった」

「会っても楽しくなくなった」

 

など、彼女の不満を冷静に聞くことで、これからどうすればいいか見えてきます。

彼女が別れ話をするときは、喧嘩のときに激情にかられて言う時以外は、かなり時間をかけて考えていることが普通です。

 

その考えている時間の間も、あなたの行動に変化がないことで、別れ話になっているのです。

彼女が別れ話を出すときは、相当な覚悟で出してきているので、別れ話を無いことにするのは、かなり難しくなります。

どうしても別れたくない彼女なら反論はしない

彼女に別れ話を聞かされたときに、それに反論したくなる気持は良くわかります。

自分だけが悪いわけじゃない、という考えがありますからね。

 

しかし、冷静に聞くことと一緒で、別れ話に反論することは、彼女の気持ちを余計あなたから離してしまうことになります。

別れ話に反論されると、彼女の気持ちがますます離れていってしまうのですね。

 

「やっぱりこうなってしまった」と考える彼女は、より強い別れを意識してしまうでしょう。

 

「絶対に別れない!」と彼女に告げると、彼女の幻滅は強くなってしまいます。

 

頭から、自分の考えを押し付けるような話は、絶対にするべきではないのです。

彼女の話を冷静に反論しないで聞くことで、彼女も興奮することなく話ができて、とりあえずは最悪の展開にはなりません。

 

反論されるとそれにまた反論する、この堂々巡りが彼女の気持ちを、ますます別れる方向に向かせてしまうのです。

どうしても別れたくない彼女なら感謝の気持ちを示す

 

彼女が別れ話をするということは、自分に対するあなたの気持ちがわからなくなった、という考えがあります。

その中には、あなたに感謝されてもいいはず、ということが必ず含まれています。

自分のやったことが、あなたに「当たり前」といった態度で答えらることが続いた。

 

何をやっても、ありがたいと言った気持ちを表さない、あなたのその態度が許せないということです。

どんなに親しい間柄でも、人に何かをやってもらったら「ありがとう」と感謝の気持を伝えることが、人間関係をスムーズに進めるコツでもあります。

 

一番身近な彼女の優しい行動に、感謝の気持を伝えないことは、別れ話を言い出されても仕方がないでしょう。

彼女は自分の優しい行動が、あなたに「ありがとう」と言ってもらえる行動だと考えているのです。

 

その彼女の行動に「ありがとう」の言葉がなかったことが、別れ話の理由の一つでもあるのです。

「君にはとても感謝しているんだ、だから俺の話も聞いてほしい」と感謝の言葉を言うことで、彼女の気持ちも落ち着いてきます。

 

落ち着いて話すことができるかどうかが、別れ話をそれ以上複雑にしないための前提ですから。

彼女が気持ちを鎮めてくれたら、話し合いもうまくいく可能性が出てきます。

どうしても別れたくない彼女なら冷却期間を置く

別れ話を聞かされるとつい興奮して、反論してしまいがちですが、まずぐっと我慢することが第一です。

彼女の方も別れ話を出すときには、決して冷静ではいられないはずです。

 

その場で色々話していても、すぐに結論が出る話ではありません。

とりあえずは、今すぐ結論を出すことを急がず、しばらく冷却期間を置くことを提案してみましょう。

彼女にしても、今すぐ結論がほしいわけでもありません。

 

「今すぐ結論を急がずに、時間をくれないか?俺もいろいろ考えたいから」としばらく休戦を提案します。

そのときに、どこが気に入らなくて別れ話になったのか、率直に聞いてみてください。

 

彼女に指摘されたことを、直すようにすることを約束すると、彼女の気持ちも落ち着くでしょう。

お互いに冷静になって考える時間を持つことで、あなたは自分の彼女に対する気持ちも改めて考えられます。

 

その結果、彼女の望んでいることができていなかったことを反省して、彼女の気持ちに添うようにすること。

それで、彼女の気持ちが戻ってくるように努力することが、別れ話を撤回させる最低限の条件です。

どうしても別れたくない彼女の別れのサイン

別れ話が出る前に分かれる前兆として、彼女の行動に変化が起きています。

あなたがそれに気づかなかったことが、今回の別れ話につながっているのです。

 

男は彼女を作るまでは、女性に最大限気に入られようと尽くしますが、彼女になるとおろそかにしがちです。

 

彼女は、常に自分の方を向いて、側にいてほしいと望み、あなたはその彼女の気持を感じていなかった。

それが彼女の別れ話となってしまったのです。

彼女の別れのサイン Lineなどの連絡が減ってきた

一番先に目立ってくるのが、Lineなどの連絡が減ってくることです。

今まで定期的に連絡できていたのに、連絡が減ってきたときは、かなり深刻なことだと判断することです。

 

彼女の連絡が減ってきたのは、あなたのことで気に入らないことができて、連絡する気も起きなくなった。

そんな事も考えられると思ったほうが良いです。

 

もともと女性はLineなどの連絡は、男性よりよっぽど好きですから、好意があればLineでの連絡は多いのが普通です。

そのLineでの連絡が減ってきた時点で、彼女と会って様子を探らなければいけません。

 

それもせず、なんとなく連絡が来るのを待っていることは、彼女の気持ちを別れに向かわせるだけです。

Lineでの連絡が減ったときは、そこまで考えて行動することで、別れ話まで行くことを防ぐことができます。

彼女の別れのサイン デートに誘っても断ることが増えた

今までデートに誘うと喜んで来てくれたのに、最近は誘っても理由をつけて断ることが多くなった。

それは、あなたとのデートが楽しくなくなっている証拠です。

 

彼女がまだ、あなたを好きであればデートに誘われて、断る理由など無いはずですからね。

あなたから彼女の気持ちが離れ始めていると考えて、彼女と向き合わなければなりません。

 

気にしないで、彼女と向き合うことをしなければ、その先にあるのは彼女からの別れ話です。

彼女に今までと違う変化が起きたときは、見逃さすに対処することを考える必要があります。

彼女の別れのサイン 態度が冷たくなった

あなたに興味を失いかけていると、態度も冷たくなります。

あなたの言動が、彼女に不安や不満を生じさせていることが考えられます。

 

「仕事が忙しい」「今日は飲み会だ」など、彼女を構う時間を減らした結果、彼女の気持ちに「私は大事じゃないのね」と思わせてしまっているのです。

 

彼女の気持ちを考えない言動は、彼女のあなたへの愛情をなくすことにしかなりません。

彼女の態度が冷たくなったと感じるときは、あなたの彼女への言動が、彼女を悲しませている証拠です。

どうしても別れたくない彼女が別れを決めた理由

彼女があなたと別れる決断をするまでは、ぐっと我慢してあなたが変わってくれるのを待っていました。

しかし、その彼女の期待に反して、あなたが変わらなければ、彼女の我慢が限界に達したときに、別れ話が出てきます。

つまりは、彼女のあなたへの期待を維持できれば、別れ話に進むことはないわけです。

彼女が別れを決めた理由 欠点を直そうとしない

最初の頃のラブラブの時期が過ぎて、ある程度の付き合い期間になると、お互いに欠点が気になるようになります。

そんな欠点を見て見ぬ振りができているうちは問題ありませんが、そうはできないことが増えてきます。

 

あなたの欠点を今まで我慢してきたけれど、あなたがその欠点を直そうとしないことが、彼女の気持ちを冷ましてしまうのです。

あなたの欠点については、彼女も何度も指摘して、直しててほしいと頼まれているはずです。

 

その彼女の頼みを無視して、自分の欠点を直す素振りも見せなければ、彼女は「私は必要とされていない」と考えるようになります。

それが、ある日突然の別れ話になるのです。

彼女が別れを決めた理由 価値観の違い

価値観が違うということは、考え方が違うということです。

何をするにも対処の方法が違って、その度に揉めるようになってくる。

 

「こんな私達がうまくやっていけるだろうか?」このような不安が出たときに、すぐ話し合って考えを合わせておければ問題ありません。

二人で考え方の違いはあっても、一緒にやっていこうと考えることです。

 

しかし、自分の価値観を先にして物事を決めることが多くなり、それが続けば彼女のストレスになります。

 

物事は二人で相談しながら解決していくのが一番もめない方法です。

それができないと、別れに繋がります。

彼女が別れを決めた理由 マンネリになってしまた

 

ある程度付き合い期間が長くなれば、マンネリになってしまいます。

会う回数も減ってくるし、キスすることもハグすることも少なくなった。

 

このようにマンネリになってしまうと、お互いに相手のことを考えることが少なくなってしまいます。

話をしていても、上の空で別のことを考えているなど、相手のことを思いやる気持ちが薄れるのです。

 

それでも、彼女は自分の方を向いてほしいと思っています。

そんな彼女の気持ちに、あなたが答えることができないと、それが積み重なって二人の気持ちが離れるようになります。

彼女が別れを決めた理由 好きな人ができてしまった

彼女があなたに不満を持っているときに、優しくされた男性に引かれることはよくあります。

 

ある程度の期間付き合っているカップルで、不満のないカップルはまずいないと考えてもいいです。

多かれ少なかれ、不満は持っているものです。

 

イライラしたり、物足りなさを感じたり、いろいろな不満を胸に秘めているのです。

このような場合でも、相手の気持を思い合って話ができれば、ほとんどの不満は解消されるものです。

 

その不満を持った状態を、話し合うことなく放置すると、彼女の考えが変わって、あなた以外の男性に目がいってしまうということ。

お互いを思いやって話をすれば、最悪の事態は避けられます。

まとめ

今回はどうしても別れたくない彼女に別れを告げられたときの対処法とその理由を紹介しました。

 

彼女が別れ話を出すときは、かなり長い間のあなたの言動に、我慢を重ねてきています。

その我慢ができなくなったときが、別れ話の出るときなのです。

 

男性は一般に女性の態度に鈍感です。

女性の気持ちを理解しようとすることが少ないので、すれ違いが多くなります。

 

結局彼女が期待していることに、あなたが答えることができていないのが、別れ話につながっているのです。

別れ話が出た後の二人の仲の修復は、かなり難しいというのが本当のところです。

 

彼女の気持ちに寄り添う気持ちを忘れないようにするのが、二人の関係を壊さずに続ける秘訣です。