彼女に別ればなしを切り出す決断をした!揉めない別れ方5つ

 

いつも当ブログにお越しいただきまして、ありがとうございます。 

 

彼女に別れ話を切り出す時に、泣かれたり、喚かれたり、嫌な思いをすることが普通です。

別れ話は、する方よりされる方がショックは大きいですから。

そのショックを少しでも和らげる方法で別れ話をすると、彼女の理解も少しは良くなって泣いたり喚いたりはなくなります。 

 

そうして、話がスムーズに捗って、二人で別の道を進む事も了解されるようになります。

このようにすると、揉めることがなく別れることが出来るのです。

二人の将来のために、次の相手を探す気持ちが出るような別れをやることです。

 

今回は、彼女に別ればなしを切り出す決断をした時の揉めない別れ方を紹介します。 

スポンサーリンク

彼女に別ればなしを切り出す決断をした時は

感情的にならない

別れ話は、どうしても感情的になって、お互いを非難し合うことになりかねません。

自分の意見だけを言い、相手の意見を聞かない時もあるでしょう。

しかし、しっかりと話し合って、あとに嫌な気持ちを残さないようにしなければ 、別れた後でもいつまでもその時の話がマイナスのイメージとして記憶されます。 

 

この嫌な記憶は、いつまでも残ることが多いので、トラウマになることもあります。

そうなると、次の恋愛に進むことに躊躇してしまうこともあります。

彼女の気持ちもわかると伝えて上で、自分の気持ちを落ちついて伝えることが大事です。

気持ちをしっかり伝える

今の自分が彼女のことをどのように思っているのか、きちんと伝えることが必要です。

まだ未練を持っている彼女との別れ話は、簡単には行きません。

彼女はあなたに考えを変えるように訴えることでしょう。

その時に自分の気持ちがぐらついたのではどうしょうもありません。

 

彼女と合う前に自分の気持ちを確認して、彼女に自分の気持ちをしっかりと話して、了解してもらえるようにしなければなりません。

すぐに彼女の了解をもらうことができないときは、改めて時間を作って彼女と別れたい気持ちを伝えることです。

今の自分の気持ちを伝えることができれば、彼女も落ち着いて話を聞いてくれるようになります。

話を先に伝えておく

必ず、別れる話をする前に彼女に伝えたい事があることを伝えておきましょう。

その時に、軽く「別れ話かも」と彼女に悟らせるくらいの言葉を使うことです。

そのように先に話しておくことで、実際にあって別れ話になっても彼女の気持ちの中にすでに「別れ話かも」と言う考えができていることで、彼女も気持ちの整理ができています。 

 

その結果として、揉めずに別れることができるのです。

ある程度の段取りをしておくことで、物事をスムーズに進めることが出来ますので、事前の準備は怠りなく。

彼女の話もしっかり聞く

気持ちの整理が出来ていると言っても、別れ話を切り出されて彼女のショックはかなり大きいものです。

今までの付き合いの中で信頼していた彼からの別れ話です。

かなりの動揺があることでしょう。

いくら事前に別れを匂わしても、彼女にとっては間違いであって欲しいと思っているかもしれません。 

 

そんな彼女の話も冷静に聞いて、今の自分の気持ちは変わらないことを真剣に彼女に伝えることです。

それで納得してもらうことができれば、別れた後もそれぞれの生活に簡単に戻ることができます。

後を引かない話し合いができれば、彼女の気持ちも落ち着いて、それぞれの今後のことも 「上手くやってね」と別れることが出来ます。 

自分の責任だと伝える

まだ未練がある彼女から「悪いところは直すから」と言われることがあるかもしれません。

その時は、今度のことはすべて自分の問題だからとはっきり言うことです。

 

その言葉で、彼女も納得せざるを得なくなります。

もちろん、自分の問題がどのようなものなのか、はっきりさせる説明をしなければ、彼女も納得することは出来ません。

 

しっかり自分の考えを彼女に伝えることと、非難の言葉を出さないで、別れることが 1番の方法だと説明できれば、お互いの未来に向かった別れができます。

未来に向かってまた別の道を歩む考えが彼女の中に芽生えることでしょう。

これが、自分にとっても彼女とっても最善な方法だということを分かってもらうことです。

 

別れは、切り出す方より切り出されて方がショックが大きいです。

そのショックを少しでも軽くするのが、揉めずに別れるためには必要です。

彼女の気持ちを考えて、その気持ちを大切にしてあげて下さい。

 

別れたいと言われれば自分を否定されたと考えるのが普通ですがそれが納得出来ないことが揉める原因です。

そうならないためにも、真面目に彼女と向き合って誠実な態度で話をすることが二人の未来に進む力をくれるのです。 

スポンサーリンク

別れの兆候

合う回数が減った

付き合いの最初は、お互いに興味がって頻繁に会うことが普通ですが、ある時期から次第に合う回数が少なくなってきます。

合わなくてもお互いに分かり合えると思っていることもあるのでしょうが、二人で会うことよりも 仕事などを優先することになると、別れの兆候になるでしょう。 

 

合う回数は、お互いの気持で決まるので、合う回数が減るようなら、そのままの状態を続けると別れが来ます。

連絡が減った

ラインやメールで連絡を密にしていたのが、次第に内容が簡単になったり、回数も減ってくるとそろそろ飽きてきた、と思える状態です。 

 

連絡がほとんどなくなった時は、二人の仲は終わりが近く、別れ話が出てもおかしくありません。

実際に、連絡が減ってくると、自分の方からの連絡も億劫になって、余計の連絡が減るという悪循環になってしまいます。

会話が減った

ある程度長い期間付き合っていると、会話もずっと減ってきます。

意思表示しなくても何となく分かってしまう、その状態が続くと余計会話がなくなることになります。

 

お互いのコミニュケーションの元である会話が減るということは、相手の気持をこれ以上知る必要はないと言うことですので、別れが近い状態です。

こうなる前にもっ と相手に近づいて、会話を増やしていかないと、別れることになります。

口うるさい注意が減った

以前に直してもらいたくて口うるさく注意をしていたのが、ある日から注意がなくなるのも危険信号です。 

これは、いくら言っても直さないので、諦めて言わなくなったのと、今更どうでもいいといった気持ちが 注意も言わなくなった原因です。

 

相手の気持ちを考えて、少しでも直してほしいという気持ちを伝えていたのが、無くなってくるのは、諦めの気持ちがあるのですね。

頭のなかでは、見切りをつけている状態です。 

隠し事が増えた

<p>隠し事が増えるのも、別れの兆候の1つです。

今まで隠し事もなく話していたのに、質問しても話してくれなくなるのは、相手に興味があなくなった証拠です。

 

 とにかく、今までなんでも話していたのが、話さなくなるのは、相手に興味がなくなった証拠で、「隠し事が増えたな」と思ったときには、別れがすぐそこの場合が多いです。

まとめ

今回は、彼女に別ればなしを切り出す決断をした時の揉めない別れ方を紹介しました。 

 

別れは、お互いの信頼関係がなくなってきた頃にやってきます。

お互い相手を信じて、寄り添っている時は別れなどあり得ません。

 

それが、ある期間付き合って相手に慣れてくると、我が儘が出て相手を信頼しないことも出てきます。 

自分の考えを押し付けるなど、男と女の考え方の違いを無視することが出てきます。

 

それがすぐに別れに繋がるとは考えもせずにやってしまいます。

別れ話を切り出すには

・感情的にならない

・気持ちをしっかり伝える

・話を先に伝えておく

・彼女の話もしっかり聞く

・自分の責任だと伝える

男らしく誠実な態度で、彼女のショックを少しでも和らげるように対応しましょう。

 

別れの兆候は

・合う回数が減った

・会話が減った

・口うるさい注意が減った

・隠し事が増えた 

このような兆候が見えてきたら、別れが近いことを覚悟することです。

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。