メール恋愛テクニック!モテる男がやっているラブ手法6つ

 

いつも当ブログにお越しいただきまして、ありがとうございます。 

 

あなたは、メールって意外と難しいと思っていませんか?

メール恋愛テクニックを使って、女性の気持ちを自分の方に向けましょう。

 

彼女とのメールで、自分で意図しないような受け取り方をされてしまったり、無視されたりすることもあります。 

メールを送るタイミングだったり、文章の読みやすさだったり、彼女の気持ちにそえるようなメールが必要です。

彼女にあなたの本当の気持を分かってもらえるような、そんなメールを送って彼女にアピールしましょう。 

メールにも、コツと言われるものがあるのです。

 

メール恋愛テクニックを使って、彼女に気持ちをわかってもらうメールのコツを紹介します。

スポンサーリンク

メール恋愛テクニック

メール恋愛テクニック1 送信頻度 タイミング

送信の頻度やタイミングは、相手の女性にとって迷惑にならない時間や曜日を知っておくことが大事です。

可能なら、前もって聞いておく方がベストです。

このことで、女性が嫌がるメールを送ることを防げます。 

 

送信のタイミングはズバリ、女性の送信間隔に合わせて送ることで、女性の返信間隔で送ることで女性に心地よく読んでもらえます。

女性が、30分位で返信してくれるなら自分も、30分位で送るようにします。

女性が、3時間位で返信してくるのなら、あなたもメールを送ってから、3時間位で返信しましょう。

 

メールの返信が、あまりにも早いと「ガッツイている」と思われて引かれてしまいます。

早く返信したいと思っても、ぐっとこらえて絶対に、早すぎる返信はやめることです。

 

送信の仕方で、女性に嫌われてしまうことがあるので、女性の送ってくるメールに合わせて返信をすることで、気持ちのいいメールの受け答えができます。

特に、恋愛初心者で女性と初めて付き合う男性はこの傾向が強いので、気をつけることです。

時間の間隔は、女性より少し遅いくらいで大丈夫です。自信を持って、余裕のある男をアピールする事です。

 

女性は、好意を持つまでに時間がかかります。

 まだ好意を持っていない相手から、沢山のメールをもらっても、ただ煩わしくて、ウザいだけです。

 

早く、お目当ての女性をゲットしたい気持ちから沢山のメールを送ってしまう気持ちはわかります。

しかし、それが逆に女性を遠ざけることを知る事です。

送信の頻度とタイミングは、女性に合わせることを徹底すると、女性に引かれることもなく、メールでのコミニュケーションが上手く取れるようになります。

メール恋愛テクニック2 読みやすい文章

メールでの基本中の基本と言える事です。メールの文章は、わかりやすく短文でが基本です。

あまりに長い文章を送ると、女性の方で読むことに負担感が出て、最悪メールを無視されることも。

メールは、送信の間隔も、メールの文章の長さも女性のメールに合わせる事で、うまくいきます。

 

どんな文章についても言えることですが、文字が隙間なくびっしりと書かれた文章は読みにくいです。 

あくまでも、女性とのコミニュケーションを取る手段として、メールを使うわけですから、女性にわかりやすく、気持ちよく読める文章を送る事です。

 

女性の文章を、真似して書くのもOKです。

女性の文章を真似することは、女性にもストレス無く自分の文章を読んでもらえ、好感を得られるからです。

メールの文章は、とにかく読みやすさを優先して、改行などを使って、疲れないメールがBESTです。

メール恋愛テクニック3 送りすぎない

一日のうちに何度もメールでやりとりをしている場合、メールで疲れてしまうこともあります。

それは、相手の女性も同じように疲れているのかもしれません。 

無理に続けないで「今日は楽しかった。また今度ね」と終わりにするのがベスト。

 

返信がないからといって何度もメールを送るのもNGです。メールを催促するのもよくありません。

催促すると、余裕のない男性と思われてしまい、受信を拒否されることもあります。 

 

返信がないと何かあったのかと心配になったり、嫌われたのかと心配になることもあります。

そんなときでも、追っかけメールをすることは、女性に嫌われる行為ですので、絶対にやってはいけません。

すぐに返事がなくても、落ち着いて返信を待つよう心掛けることも必要です。 

スポンサーリンク

メール恋愛テクニック4 質問文を入れる

相手の女性に、質問を投げかけることは「あなたに興味を持っています」という、サインで、より仲良くなりたい態度です。

しかし、あまりに質問ばかりだと、尋問されているように感じられて、女性に嫌われます。

コミニュケーションとしてのメールで大事なことはお互いに、楽しんで交流できているかと言うことです。

 

相手のことを知りたいと思うのは、付き合い始めにはあたりまえの事ですが、あまり急にはまずいです。 

付き合い始めで、失敗するメールに、メールを送り過ぎることがありますが、質問文もあまりに多いと女性に、私を束縛しすぎると思われ引かれるのです。

 質問文は1つにする、多くても2つが適当です。

メール恋愛テクニック5 ポジティブな文章

メールでも、普通の文章でも、ネガティブな言葉の多い文章より、ポジティブな言葉の多い文章が好かれることは間違いのない事実です。

自分でもらったメールの文章が「嫌い」「疲れた」で埋め尽くされていたら、気持ちがいいですか?そんなことはありませんよね。

やはり、ポジティブな言葉の多い文章は、読んでいて気持ちが明るくなることが、実感できますよね。

 

 自分から女性に送るメールも、今の気持ちがネガティブでも、ポジティブな気持ちを出して女性には、楽しいという気持ちになってもらうように、メールの文章を考えることが大事です。 

ほんの少しの感じでいいのですから、自分の楽しかったことを、メールの文章にいれる事です。

 

女性が知りたいのは、あなたが自分をどのように思っているのかということで、それをメールの文章で判断しようとするのです。

あなたが、女性にアピールするための文章は、ポジティブな文章が必要なので、ネガティブな文章を送って、嫌われることがないように気をつけましょう。

メール恋愛テクニック6 共感する

女性のコミニュケーションの基本は「共感」です。会話でもメールでもそれは変わりません。

ポジティブで、楽観的、これが女性に好かれる一番の要素で、人の意見を否定せず、批判せずのポジションで行くことが、最高のやり方です。

 

人は、自分の意見に賛成してくれる人を味方と思いそばに近寄ろうとします。自分と類似点、共通点のある相手には魅力を感じる性質があるのです。

 同じ出身地とわかっただけで、昔からの知り合いのように、近い存在に感じられるのも、その一つです。 

 

メールのやり取りで、少し考え方が違っているなと思うことがあるかもしれません。 

自分と少し違っていると思っても、その違いに自分を合わせることも、女性と付き合うためには必要です。 

好きな人とのメールの頻度アンケート

引用:Nozze  http://www.nozze.com/service/check

まとめ

今回の話はいかがでしたか?

メール恋愛テクニックを使って、彼女に気持ちをわかってもらうメールのコツを紹介しました。 

メールは連絡手段としてとても便利なものです。

 

メール恋愛テクニックで女性の気持ちを引きつけるには、女性の負担にならない方法でメールを送ることが必要です。

楽しくメールのやり取りができるようになれば、二人の気持ちも近づくようになります。

 

メール恋愛テクニックで女性の気持ちを引きつけるには、

・送信頻度 タイミング

・読みやすい文章

・送りすぎない

・質問文を入れる

・ポジティブな文章

・共感する

メールでのコミニュケーションは、間違えるとそれで付き合いが終わってしまうこともあります。

 

コツを覚えて、女性の気持ちを考えることでメールでのコミニュケーションもうまくいきます。 

明るい感じのメールのやり取りで、楽しい恋愛関係にいけるように前進しましょう。

 

1番大事なことは、相手の女性に負担がかかるようなメールは送らないことです。

それだけで、相手の女性の気持ちをつかむこともできるのです。

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。