恋愛で好きにさせるメールテクニック!気をつけるべきポイントとは

 

いつも当ブログにお越しいただきまして、ありがとうございます。 

 

メールって簡単そうに見えるけど、意外と難しいこともありますよね。

そんなメールも、使いかた一つで、強い味方になってくれます。

 

メールの使い方を見ると、女性のメールは意図がはっきりしない文章が多いです。

それは、女性は話を聞いて感情を共有して欲しい生き物だからです。

 

女性は男性のように、話の結論や目的を知ることが大事だとは思っていません。

それまでの話しの流れや感じた気持ちなどを話し、これらを聞いて共感をしてもらうことを目的としているのです。

 

男性の場合は、相手に何か用件を伝えるためにメールを使う傾向が強いです。

そのせいで、メールの中身は事務的な内容が多く、女性から見ると冷たく感じたり、そっけないと思われてしまいます。

 

この様に、男性と女性では、メールの使い方に根本的な違いがあるのです。

それを理解しないでメールのやり取りをしていると、いつかはすれ違いが起こってきます。

スポンサーリンク

恋愛で好きにさせるメールテクニック

メールの書き方は、ただ単に自分の気持ちを書けばいいというものではありません。

相手の女性に、失礼のない書き方をしなければ恋愛のメールでは、好かれることはありません。

かなり長文のメールを送ってしまって嫌われると言ったことも多く見られます。 

 

読みやすいメールを書くのが基本ですが、メールの書き方はなるべく短文で、読みやすさを考えて送ることです。 

メールの印象は、良くも悪くもダイレクトにあなたに繋がってしまいます。

彼女に嫌われないための最低限のメールの書き方は覚えて、それを実行しなければなりません。 

 

あなたが貰ったメールが、文字だけで改行も何もない時はどのように感じますか?

読みにくいと、そのままスルーしますよね。 

 

もし、あなたがそのようなメールを彼女に送った場合彼女もメールをスルーする確率が高くなる事は想像できるでしょう。

メールの書き方は、

「メールの本文は、短文で読みやすい工夫をする」

「絵文字も少しはいいが、使いすぎないようにする」 

 

このような工夫で、相手の女性に喜んで読んでもらえるそれが、恋愛においてのメールの鉄則です。

返信の文章は、相手の行数に、プラス1行で返信することです。

短すぎず、長すぎないちょうどいい感じの文章になります。

メールのメリット

メールのメリットは、好きな時にコミニュケーションが取れることです。 

メールは、自分の都合の良い時間に送れて、連絡手段として非常に便利で手軽に使えることが一番の利点です。 

 

受け取った相手も、時間を気にせずに返信できます。

また、対面ではないので、緊張する事がなく、コミニュケーションが取れるところが良いところです。 

 

メールは、送る前に何度でも見直して、送信文を変えることができるので、まずい文章を送ることを防げます。 

メールでは、注意しないと、自分が普段使っている文章を書いたら、それに女性の嫌いな言葉が入っていた。 

 

このようなことが多く、何気なく送った文章で、せっかくいい雰囲気だったのが、その一文で嫌われる事もあります。 

こんなことがごく普通に見られることで何で気まずくなったのか、気がつかない男性もいるくらいです。 

スポンサーリンク

メールのデメリット

メールのデメリットの一番は、「感情が伝わりにくい」「感情が読み取りにくい」事です。

対面の会話と違って、文字だけのメールはそもそも感情が入る状況ではありません。 

会話の場では、お互いの表情、声など感情の見える場面が普通ですが、メールにはそれがないのです。 

そのため、メールの文章の意味が相手に正しく届かないこともあります。

 

メールの文章は、会話している時より、言葉が強く、印象が重くなる傾向があるんですね。 

その上、メールは保存されるので、ネガティブな言葉が後々読み返されて嫌われてしまうなんてこともあるのです。 

メールは、連絡を取る手段と考えて、無難な使いかたをしましょう。 

メールで誤解が生じた時は

メールの特性として、文字だけでの伝達ですから思いもかけない解釈をされることもあります。

好きな女性に送ったメールで、そんなつもりじゃなかったのに、なにか違う意図で伝わってしまうこともあるということです。

 

相手の顔が見えないので、余計にそんなことが起こりえます。

そんな時に、何とか言い訳をしようと、再びメールを送ることはかえって事態を悪くする可能性があるので、止めたほうがいいです。

 

すぐにメールは送らない」か「何もしない」と言う事です。

しばらく様子を見て、対処するほうが方がいいでしょう。 

「誤解が生じてしまったかも」と思っても慌てずにしばらく待ってからの方がいいのです。

 

誤解を解くのに、メールでやるのではなく直接顔を合わせて話したほうが早い場合もあります。

誤解を解くために、連絡した時に、相手の女性が明るく普段と同じ調子で連絡を返してくれた時は、素直に送ったメールが 間違っていたことを説明して謝ります。

相手の女性が、それほど気にしていな場合があるからです。

 

しかし、相手の女性の態度が、普段と違っている時は誤解している可能性が強いですから、自分の真意を丁寧に説明し、しっかり謝ることが必要です。 

それでも、態度が変わらない時は、しばらく時間を置いたほうが良いでしょう。

深追いすると、かえって事態を悪くする可能性があリます。

 

自分の気持ちが、伝わらないことがあっても落ち込むことのないようにすることです。 

「いつかは分かってくれる」このような気持で相手を信用して待つ事がいい結果を生むようになります。 

 

好きな人に、誤解を与えてしまったことで、不安な気持ちになることは仕方ありませんが、あまり落ち込まないことです。

時間がかかっても、「分かってもらえる」と言う気持ちが ある限り、解決することは出来るのですから。 

女性の質問はスルーしない

付き合い始めたばかりの女性が、あなたにメールで質問してくることがあると思います。

そんなときは、どんな質問であってもスルーしてはいけません。

 

女性がメールでする質問は、あなたが思っている以上に重要な意味を持っているのです。

質問をすることで、あなたがどんな男性なのかを知ろうとしています。

 

男性は、女性と会って気に入った場合、その女性に自分を受け入れてもらうことしか考えません。

そのため、女性のことを質問するよりも、とにかく自分のことを話そうとします。

 

出会ってすぐの男性が自分の話ばかりすると、女性はその男性に不満を感じます。

自分のことばかり話して「わたしのことは知りたいと思わないわけ?」と考えるのです。

 

自分のことを話すよりも、相手のことを聞きたくなる。

だから、女性には、出会ってすぐに自分のことばかり話す男性の気持ちがわからないのです。

 

女性が相手のことを聞き出したいと考える一番の理由は、女性特有の防衛本能です。

女性は本能で「そもそもこの人って信用できる人なのかしら?」と考えてしまうのです。

 

あなたのことをよく知って、わたしのパートナー候補として真剣に考えます、と言う気持ちがあっての質問なのです。

その質問にしっかり答えてあげることができないと「なんか答えたくない理由があるのだろうか?」と勘ぐってしまうのです。

 

ただ女性の質問を難しく考えることはありません。

質問に正直に答えてあげれば良いのです。

デコメいっぱいのメールは?アンケート

今回は「異性から送られてくるデコメいっぱいのメール、どう思う?」という質問をしてみました。

男性は「あり」が最も多い63%と、女性のデコメには「かわいい」と比較的、寛容な様子。

反して女性は「あり」がたった7%と最も少なく、「なし」が約半数を占める結果となりました。

「なし」と回答した女性のコメントを見ていくと、

「読みづらいし、正直バカっぽく感じます」(25歳/女性)

「男として感じなくなる」(24歳/女性)

「男がデコメをしていたら、引くと思います」(24歳/女性)

「重い。子どもっぽい」(34歳/女性)

と、意外とシビアな声が多数寄せられています。

なかには「慣れすぎてる感じがしてイヤだから」(44歳/女性)

といったコメントも見受けられ、女性に喜んでほしくて送ったメールのはずが、マイナスイメージを与えていた…!なんてことになりかねないかも。

引用:恋のビタミン   http://www.koibita.com/common-sense/common-sense162

読んでもらえるメールの書き方

そもそもメールは読みやすさが一番大事です。

どんな文章でも読みにくかったら、感動する気持ちが半減してしまいますからね。

 

すっきりした読みやすい文章のメールだからこそ、自分の気持ちを相手に伝えることができるのです。

メールは文字を届けることしかできないツールなので、相手に読みやすい文章を送ることが大事なのです。

誤字、脱字がないように見直したり、難しい漢字を使って送らないようにしましょう。

 

メールの印象は、特に悪いほうのあなたの印象につながってしまいます。

読んでもらえるメールを書くコツは、

・行間を詰めすぎない

・改行する

・絵文字を使いすぎない

・文章が長過ぎない

・文章が短すぎない

このような工夫が必要です。

 

話が変わるところには改行を入れることで、読みにくい文章を読みやすい文章に変えることができます。

絵文字を使うときは使いすぎないことと、少し使うことで全く使わないときの冷たい印象を和らげる効果もあります。

特にメールは長い文章になりすぎないことが、メールを読んでもらえる条件です。

まとめ

今回の話はいかがでしたか?

メールのやり取りは、好きな二人にとってとても楽しいものです。

 

その楽しいはずのメールで、意見の食い違いができて二人の関係がギクシャクし始めたことがある男性も多いです。

メールにもルールがありますので、そのルールに従って楽しいメールのやりとりを続けましょう。

 

恋愛で好きになってもらうメールは、

・メールの書き方

・メールのメリット

・メールのデメリット

・メールで誤解が生じた時は 

これで、メールでのやりとりで、失敗が減り相手の女性に嫌われることも無くなります。 

ぜひこの方法を活用して、メールでの連絡を密にして、楽しい時間を過ごして下さい。 

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。