告白の返事待ちの理由と良い返事をもらえる成功の確率は?

 

いつも当ブログにお越しいただきまして、ありがとうございます。

ブログ管理人のソレイユです。

 

あなたは、勇気を振り絞って告白をしたのに、返事待ちにされてしまったなんてことはありませんか?

告白をしてすぐにOKの返事をもらえることは、それほど多くはありません。

ほとんどの男性が、告白して返事待ちにされてしまうことが多いのです。

 

なぜ告白の返事待ちにされてしまうのか?

それには、告白に対する女性の気持ちが深く関係しています。

 

今回は、告白の返事待ちの理由と良い返事をもらえる成功の確率を紹介します。

スポンサーリンク

告白の返事待ちの理由

告白の返事待ちの理由その1 告白を断る言葉が思いつかない

 

突然告白されて断る言葉が見つかない場合は、返事待ちにされてしまうことがあります。

あなたを傷つけてしまうことを恐れて、とりあえず返事待ちにするということもあるでしょう。

 

告白に簡単に返事をすることは、難しいのも確かです。

どんな言葉をかけたらいいのか、考えをまとめることができずに返事待ちにするときもあります。

 

返事待ちにされても、返事を催促することは女性の気持ちを冷ます効果しかありません。

少し落ちついて返事を待つ、その気持が大事です。

告白の返事待ちの理由その2 過去に辛い恋愛の経験がある

過去に辛い恋愛の経験がある女性は、告白を断ることができずに返事待ちにすることがあります。

過去の辛い恋愛の経験を思い出してしまい「また失敗したら嫌だな」という気持ちから、返事待ちにするのです。

 

思い出したくな出来事や、それによるトラウマなどで、恋愛自体を怖いと思っている女性もいるのですから。

そんな女性がいることも考えて、返事を急がせないことも必要です。

告白の返事待ちの理由その3 二人の関係を壊したくない

告白はされたけど、あなたのことを友達としてしか見ていなかったときも、返事待ちにされます。

せっかくの友達としての二人の関係を壊したくない、このように考えているのかも。

 

告白を断ってしまうと、あなたとの関係もこれっきりになってしまう「それは嫌だな」と考えているのですね。

友達としか考えていない相手には、返事待ちも当然かもしれません。

告白の返事待ちの理由その4 まだ恋愛対象ではない

まだ恋愛対象と見られていないときも、返事待ちにされてしまいます。

つまり、友達として付き合うにはとてもいい雰囲気だけど、まだ恋人と思うことができない。

そんな相手に告白されても、返事を簡単にできる状態ではないというわけ。

 

特に、幼馴染だったり、友達としての期間が長い場合は、友達感覚が強くなっています。

だから、恋人として告白されても、その言葉についていけない気持ちがあるのかもしれません。

告白の返事待ちの理由その5 付き合いが短い

まだ二人が出会ってからの期間が短い場合も、返事待ちにされることが多くなります。

まだあなたのことがよくわかっていないときに告白されても、返事のしようがないということなのです。

 

男性の場合は、一目惚れが多いこともあって、女性の恋愛対象に入る前に告白して、返事待ちにされることが多くあります。

ある程度、お互いのことがわかってからの告白なら、返事のしようがありますが、そうでない場合は返事待ちは
仕方がないと言えるでしょう。

スポンサーリンク

告白の返事待ちの理由その6 軽いと思われたくない

告白されてOKの返事をしたいと思ったときにも、返事待ちにすることがあります。

それは、告白されてすぐ返事をするのは「軽い女と思われないか?」との思いが女性の心のなかにあるからです。

あなたがそんなことは思っていないと考えていても、女性の気持ちの中に「簡単に落とせた女」とは思われたくない。

その結果として、返事待ちが起きるのです。

告白の返事待ちの理由その7 他に好きな人がいる

告白の返事待ちの理由の一つに、他に好きな男性がいるということもあります。

告白された女性は、好きな人とあなたを比べて、簡単に答えを出すことができずに、返事待ちをするわけです。

 

他に好きな男性がいる場合は、返事待ちが長くなる可能性が高いです。

女性の気持ちの整理がつくまでには、少し時間がかかる覚悟が必要でしょう。

告白の返事待ちの理由その8 キープされている

告白する女性に、他に好きな男性がいる場合、すぐに断りの返事をするのが普通です。

しかし女性の中には、すぐに断ることをせずに返事待ちをすることがあります。

あなたをキープしている状態です。

 

言ってみれば一種に保険のようなものですが、他の好きな男性と何かあったときに乗り換える、そんな考えでいるということ。

なんとも宙ぶらりんな関係になってしまうので、気持ちの持ちようが難しいときもあります。

告白の返事待ちの理由その9 男性に不信感を持っている

告白の返事待ちにする理由に、男性に不信感を持っているというのもあります。

元カレにひどい別れ方をされたり、浮気をされたり、暴力を受けたりなど、元カレとの恋愛でつらい経験をした。

その記憶がよみがえって、新しい男性にも素直な気持ちで付き合うことができない。

 

相手の女性がそのような場合は、会って話したりする中で、女性を大切に想っている気持ちを伝えることが大切です。

女性に自分のことを信じてもらえるように行動することが一番必要なことです。

告白して返事待ちにされたときの成功の確率は?

告白の返事待ちで成功の確率が0%の場合

女性の気持ちでは、既に断るという答えが決まっていて、今後気まずくなるのが嫌で返事待ちにしたという状況のときです。

告白を聞いたあとの彼女の表情が固かったり、無表情といった印象のときは、残念ながら0%の可能性が高いです。

告白の返事待ちで成功の確率が50%の場合

まだ付き合いが短く、あなたのことをよく知らない場合も返事待ちにされてしまう可能性があります。

あなたが一目惚れした女性だったり、付き合いが短い場合は、断る理由がないことが多く、案外成功の確率が上がります。

告白するまえに自分をアピールしておくことができれば、成功の確率が高くなります。

告白の返事待ちで成功の確率が70%の場合

これは「この人とは付き合ってもいいかな?」と思っている場合です。

そんな気持ちでも返事待ちになったのは、あなた以外に好意を持っている男性がいるときです。

告白のタイミングが悪かったともいえますが、あなたを意識することは間違いないので、成功の確率は高めになります。

両天秤ですが、あなたの魅力次第で成功の確率が上るでしょう。

告白の返事待ちで成功の確率が100%の場合

告白した特の女性の表情が、とても嬉しそうな笑顔の場合は成功の確率が100%になる可能性が高いです。

女性が告白を聞いて、嬉しそうな感情を表しているときは、あなたに好意を持っているときだからです。

 

そんな女性がなぜ返事待ちをしてしまうのかと言うと、軽く見られたくないという気持ちがあるからです。

告白したときに嫌がったり、引かれるような素振りがなければ、成功の確率は高くなります。

返事待ちの期間は?

告白して返事待ちになったときの、返事待ちの期間はだいたいどれくらいなのでしょうか?。

返事待ちの期間は、短くて一週間、長くて一ヶ月くらいのようです。

 

一週間もたたずに返事をもらえるときもあれば、一ヶ月過ぎても返事をもらえないときもあります。

1ヶ月以上告白の返事がきていないときは、あまり期待はできないでしょうが、催促の連絡をいれてもいいでしょう。

告白のときに返事待ちにされたら、いつ頃返事がもらえそうか、聞いてみるのもいいですね。

まとめ

今回のは話はいかがでしたか?

今回は、告白の返事待ちにする理由と良い返事をもらえる成功の確率を紹介しました。

告白の返事待ちにする理由

  • 告白を断る言葉が思いつかない

  • 過去に辛い恋愛の経験がある

  • 二人の関係を壊したくない

  • まだ恋愛対象ではない

  • 付き合いが短い

  • 軽いと思われたくない

  • 他に好きな人がいる

  • キープされている

  • 男性に不信感を持っている

告白して返事待ちにされたときの成功の確率は?

 

  • 告白の返事待ちで成功の確率が0%の場合

  • 告白の返事待ちで成功の確率が50%の場合

  • 告白の返事待ちで成功の確率が70%の場合

  • 告白の返事待ちで成功の確率が100%の場合

 

告白の返事待ちにする理由は、断りの言葉が思いつかなかったり、友達関係から進むことができないなど 、まだ恋愛対象と見られていないことです。

告白する時期がまだ早いときに告白してしまうのが、返事待ちにすることにつながっています。

今回も最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。