北海道春爛漫!桜満開見どころバッチリ

どうも、ソレイユです。

5月4日、桜が満開です。

私の住んでいるところは北海道の片田舎で、自然だけはふんだんにあるといった町です。

今年の北海道はビックリするくらいの雪が降って、本当に春がくるのかと心配になるくらいでした。

それでも、自然というのはすごいものですね、4月になると雪がドンドン溶けてきて、末には桜の開花です。 

 

北海道の春は、4月中頃のツツジの開花から始まり、その後から本格的な桜の開花が始まります。

私の住んでいる町は小さな町ですが、北海道でも名のしれた桜の名所がある町でもあります。 

 

約2,000本の桜が順番に開花して、1ヶ月ほどは楽しむことができるんですよ。

4月の下旬から、エゾヤマザクラが咲き始めました。

エゾヤマザクラ

 

 

 

 

 

 

 

エゾヤマザクラは、ピンクの花びらがとてもキレイです。

エゾヤマザクラの勢いがなくなってくると、主役のソメイヨシノの出番です。

今は、ソメイヨシノがほぼ満開になっています。

ソメイヨシノ

 

 

 

 

 

ソメイヨシノは、花弁がピンクというよりほとんど白に近い色で、いまいちキレイではありませんが、本数が多いので、やはり迫力があります。

今はまだ咲いていませんが、ソメイヨシノの後はチシマザクラが開花して、チシマザクラが散って桜の季節が終わるのです。

 

桜の大敵は、強い風です。

ある時など、一晩中強い風が吹いて、夜が明けてみたら葉桜になっていたなんてこともありました。

今年は、強い風の日がなかったのでジックリと桜を愛でることができています。

 

今年の桜の見頃を求めて、全道から観光のお客さんが見えています。

ほんの短い間の楽しみですが、桜の季節が終わると周り一面青葉に囲まれて、のんびりと森林浴を楽しむ人で賑わいます。