失恋した男の立ち直り方!ストレスをためずに傷を癒やすには?

 

いつも当ブログにお越しいただきまして、ありがとうございます。 

 

失恋した男は、立ち直り方がわからずに苦しんでいることが多いです。

失恋した男は、女性と違って失恋したことを友達に聞いてもらったり、慰めてもらうということが苦手で、 何時までも失恋の悲しさ、辛さを自分の中に溜め込んでしまっています。

 

本当に、失恋して辛い気持ちを吐き出すことが下手なんですね。

もっと素直になったほうが良いと思う時もあります。

男はそもそも人前で感情や弱音を吐くことが男として格好が悪い事だと思っていて、失恋を隠そうとする傾向があります。

 

男のプライドとも思えるこの男の考え方が、失恋の辛さを長引かせる大きな原因の一つとも言えます。

男は失恋の辛い気持ちを抱え込んでしまうことで、失恋の気持ちを切り替えることが上手にできないことに繋がってしまうのです。

スポンサーリンク

失恋した男性の心理

失恋を引きずってしまう

失恋をして引きずる男性は、全体の8割と言われています。

8割もの男性がクヨクヨと悩んでしまい、立ち直ることができないでいるのです。

悩んで眠れない日が続いて、元カノのことを考えてしまって仕事を失敗することもあります。

 

気分が落ち込んで何をする気も起きないなど、失恋を引きずる男性は多く、立ち直るまでに時間がかかるのです。

失恋を引きずる男性は、過去の元カノとのことばかりを反省しても、これから先に目を向けている人は少数です。

過去の恋愛を引きずる理由の一つに、楽しい思い出ばかりを考えているということがあります。

 

失恋を引きずるということは、まだ元カノに未練があるということです。

元カノと付き合っていたときは辛い出来事でも、失恋したら良い思い出と考えてしまうのです。

このように、思い出を良い方にばかり見ようとする気持ちが、過去の恋愛を引きずる理由です。

 

男性とは逆に、女性の場合は過去の恋愛を引きずることは殆どありません。

男性は失恋の悲しみを長く引きずるのに対し、女性は引きずる期間は少ないのが特徴です。

男性は、彼女と別れたということを認めたくなくて、引きずるようになってしまうのです。

 

失恋を忘れるにはしっかりと現実に目を向けることが大事で、それができない男性が多いのです。

暗い気分でいると、失敗やミスも多くなり、それが理由で自己嫌悪に陥ってしまうこともあります。

失恋を忘れるには、ある程度の時間がかかってしまいます。

男性の場合はその時間が長くなってしまうことが普通なのです。

失恋した男の立ち直り方

失恋の事実を受け止める

女性は終わった恋の相手のことをいつまでも引きずることはありません。

彼が少し落ち着いた頃には「もう自分とは関係ない人」と割りきってしまっています。

こんな事実を認めずに、もう一度復縁なんて考えるのが男なんですね。

女々しい一面があるのです。しかし、女性の気持ちの中に自分はすでにいないことを 認めなければいけません。

 

失恋後、まず初めにしなければいけない事は、失恋したという事実をありのままに受け入れる事です。

受け入れる事が出来ないまま、いくら趣味や仕事に熱中しても、心の中には以前の恋人が居続けています。

自分には彼女を引き留める事も、拘束する事も出来ない、という事実をしっかりと受け止めることが必要です。

もしかしたらまだ俺の事好きかもなどという淡い考えはすべて捨て去ることが必要なのです。

★関連記事

思い出の物を全部捨てる

失恋を引きずる男が、ある程度心の整理ができてきた頃、部屋に残された元カノの持ち物を見て、楽しかった頃のことを思いだし、元の状態に戻ってしまうこともあります。

これもかなりのストレスのもとになります。

彼女にフラれた場合でも、彼女に渡せなかったプレゼントや、誘いたいと思っていた映画のパンフレットなどが 残っていたら、同じことです。

 

こんな心理になるのを防ぐ方法は、終わった恋の記憶に繋がるものは、全て捨てること。

捨てる事ができないのなら、元カノの家に送るとか、厳重に梱包して、押し入れの奥など目に付かない場所にしまうとかすることです。

 

部屋の中にある、失恋の記憶に繋がるものを集めること自体、辛い作業かもしれません。

でもこれも、早く立ち直るための 避けて通れない作業です。

誰かに聞いてもらう

辛くて悲しい気持ちを忘れないことはたしかに大切ですが、乗り越えないと何も手につかないままです。

辛く悲しい気持ちは乗り越える必要があります。それは、友達など誰かに失恋の事実を聞いてもらうことです。

誰かに聞いてもらうと言うのは、ストレスとして溜まっていた悲しい、辛いと言う気持ちを言葉にして吐き出す事です。

 

「なぜあんなに頑張ったのにダメだったんだろう?」

「どうしたらよかったんだろう?」

「なんでこんなに悲しく、辛いのだろう?」

 

自分は頑張ったのに上手くいかなかったことを聞いてもらって、慰めてもらうことで自分の気持ちも落ち着いてきます。

このような話が苦手な男も多いですが、自分の気持ちを素直に打ち明けて人に話すことで気持ちの整理ができます。

★関連記事

友達と馬鹿騒ぎする

失恋をした男というのは、失恋した直後から急に男友達とつるむことが多くなるものです。

これも男ならではの失恋の立ち直り方で、「女なんて!」という気持ちから、友達こそが一番だと開き直ろうとするんですね。

 

そのため失恋から立ち直る方法として、友達とバカ騒ぎをして過ごして失恋の痛手を少しでも忘れようとするのです。

ストレス発散方法としては良い方法です。

女性の場合も失恋したショックを、友達になんとかしてもらおうという気持ちがありますが、決して女友達とバカ騒ぎをしようという気持ちはないんですね。

 

男の場合は男友達と遊んでも、愚痴を言ったり話しを聞いてもらうことを目的にするわけではありません。

とにかく失恋をしたことを忘れられるくらいに、飲んで騒いでと考えるわけです。

それだけ男は単純ということもいえますが、それだけで失恋の痛手を忘れることはほとんどできません。

そのバカ騒ぎが終わって、自分一人になったときに又元の彼女のことを思い出して、落ち込むのも男なのです。

スポンサーリンク

趣味や仕事に打ち込む

やはり失恋から立ち直るには、趣味や仕事に打ち込むことが一番の近道です。

どんなにひどい失恋をした時でも、仕事をしている時だけはそのことを忘れることができますから。

失恋した本人は「忘れていてはいけない。ちゃんと向き合って、考えなければ」などと考え、趣味や仕事に逃げることをためらうかも知れません。

 

特に失恋のすぐ後で、繰り返しそのことを考えたところで前向きな結論は出ません。

いくら仕事に打ち込んでも、プライベートな時間に元の彼女のことばかり考えていてはなかなか立ち直れません。

 

仕事以外の時間の過ごし方も、これまでとは変えなければいけないのです。

恋愛期間中は、彼女との付き合いを優先するため、他のことに時間を避けないでいましたよね。

そこで失恋した時は、しばらく会っていなかった友達に連絡を取ったり、趣味の予約を入れたりといった行動を、意識してとるべきで、それが早く立ち直る為の方法です。

★関連記事

旅行をする

よく言われる傷心旅行、これは効果のある方法なんですね。

旅の行き先は、なるべく今まで行ったことのない場所が良いようです。

なるべくまとまったお休みを取って連泊できるのが良いようで、旅先で色んな経験をすることで、失恋を忘れることができるようになります。

 

旅をすることで失恋から立ち直ることができる理由は、今までと違う環境を作ることで、頭の切り替えができるからです。

頭が切り替わると、失恋の悲しさ、辛さを忘れるようになっていくのです。

旅をすると今まで見たこともない美しい景色や、様々な人に出会い、美味しいものを食べるなどの体験をします。

 

どんなところであっても、車窓を流れる景色はいつもの生活では経験することのない景色です。

頭を切り替える方法は旅行だけではありませんが、失恋で落ちこんだ気持ちを忘れるにはとても効果のあるやりかたです。

新しい恋人を探す

恋愛して別れたり、片思いして振られたりのショックから立ち直るには、新しい恋をするのが一番の方法です。

あまりにも当たり前ですが、でもその切り替えがなかなかできないのが男です。

それでも、徐々に立ち直ってきた時期に、素敵なめぐりあいがあれば、新しい恋によって一気に立ち直ることができることもあります。

 

しかし、元々異性との出会いが少なく、新しい恋に進むのが難しい状態だと、つい、無くした恋のことを思いだして なかなか立ち直りができないこともあります。

失恋した男が、一日も早く立ち直ることを思うのなら、出会いを求める行動を開始すべきです。

完全に立ち直っていない段階でこうした行動をとるのは難しいかもしれませんが、それができるほど強い気持ちを持つことが必要です。

男性の失恋経験者の割合アンケート

そのうち、恋愛を引きずった男性は、

男性の失恋を経験した人は8割弱という結果になりました。多くの人が失恋を経験しているようですね。

ではこの「失恋をしたことがある」人のうち、恋愛を引きずったことがある人はどのくらいいるのでしょうか。

失恋を引きずってしまったという人は男性も女性も約7割という結果です。

ただ、わずかな差で男性のほうが多いようです。「男性のほうが失恋を引きずりやすい」とよく言われますが、

これは本当なのかもしれませんね。

引用:マイナビウーマン    https://woman.mynavi.jp/article/130614-036/

まとめ

今回の話はいかがでしたか?

 

失恋したばかりのときは、何も考えられずに落ち込んでしまうのが普通ですが、気持ちが落ち着くまでは元カノのことばかり考えているものです。

先へ進むのは、気持ちが落ち着いてからでなければできませんので、失恋を受け止めて、それから先へ進むことを考えていくことです。

 

男が失恋から立ち直るためには、失恋した事実を事実として受け入れることが第一歩です。

気持ちを吐き出せる相手に、できるだけ話を聞いてもらい、気持ちの整理をすることが大切です。

 

失恋した男の立ち直り方は。

失恋の事実を受け止める

・思い出の物を全部捨てる

・誰かに聞いてもらう

・趣味や仕事に打ち込む

・旅行をする

・新しい恋人を探す

失恋した相手のことを考える暇もないくらいに、趣味や仕事に没頭するのもいいでしょう。

女性と出会いの機会を増やして、新しい恋を探すのも良い方法です。

 

失恋を引きずってしまう男は、失恋から立ち直るためにどんな方法で立ち直るにしても 失恋を失恋として受け止めること。

これが無ければ失恋からいつまでも立ち直ることはできません

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。