いつも片思いでうまくいかない理由と両思いになるための行動とは?

 

好きな女性ができても、気持ちを伝えることができずに、いつも片思いでうまくいかない。

このように、かなわない恋愛が続いていると、恋愛そのものを続けるのが辛くなってしまいます。

 

そんなときは、女性へのアプローチの仕方が間違っていることが多いです。

自分の片思いを両思いにするためには、今のアプローチにやり方を変えて、女性へのアピールを強める必要があります。

 

今回は、いつも片思いでうまくいかない理由と両思いになるための行動を紹介します。

いつも片思いでうまくいかない理由

うまく気持ちを伝えられない

片思いの男性は、好きな女性を遠くから見るだけで、自分から女性に近づいて、気持ちを知ってもらう行動ができていません。

自分の気持ちを女性に知ってもらうために、待っているだけではいつまでも片思いのままです。

 

片思いを両思いにするためには、自分から女性に好きサインを送る行動が必要なのです。

その行動ができずに待っているだけの男性は、彼女ができることはありません。

 

今の片思いを両思いに変えるためには、行動を起こして好きな女性とコミニュケーションを取る必要があるのです。

少なくても自分の気持ちを、好きな女性に伝えることができないと、それから先に進みませんからね。

 

では、何からは始めると良いかですが「挨拶から始める」ことが一番の方法です。

言ってみれば、好きな女性に気持ちを伝える行動ができないのは「慣れていない」からです。

 

最初からコミニュケーションを取ろうと、話しをしようとしてもうまくいきません。

まずは、何度も好きな女性と接触することを繰り返す事が必要です。

 

そうすると、女性の方も次第に打ち解けてきますから、会話もできるようになります。

そこからまず友達になることを目指します。

思いやりがない

女性は思いやりのない男性を嫌います。

思いやる気持ちがないと、自分のことを先に考えて、それを女性に押し付けようとします。

 

お互いが好きになる前提として必要なのが、相手の気持により添う考えの、思いやりです。

女性も、自分のことを思いやってくれているのがわかれば、二人の距離を近づけても警戒しません。

 

好きな女性のことを、一番に考えることができなければ、片思いのままでしょう。

思いやりの気持は、好きな女性には当然ですが、周りの人にもいい影響を与えて、それが好きな女性にいい印象を与えます。

 

普段から誰にでも、思いやりの気持ちを持って接していると、自然に好きな女性にもわかってもらえます。

自分をアピールできない

 

引っ込み思案の男性によくあることですが、好きな女性ができても、自分をアピールすることができなくて、片思いから抜け出せない。

 

恋愛に関しては、ある程度の積極性が求められます。

好きな女性をただ見ているだけでは、それこそ片思いのままで、それから先に進むことができません。

 

「断られたらどうしよう」とか「上手く行かないと恥ずかしい」など、ネガティブな考えが出てくるのですね。

特に恋愛に慣れていない男性に、このような考えが多くなります。

 

「挨拶したけど、そっけない態度をされた」このように悩む男性は、好きな女性に期待したリアクションが無いことでガッカリしてしまうこともあります。

片思いの女性に最初から、自分の期待通りのリアクションをしてほしいと、考えることに無理があるのです。

 

好きになった女性は、男性をまだ好きだと感じていないのですから、期待するほうが間違いです。

そんなアプローチを繰り返して、少しずつ親密になっていくプロセスを経る必要があるということ。

消極的で行動しない

好きな女性ができても、消極的で自分から行動しなければ、その気持をわかってもらうことはできません。

遠くからから見つめて、この気持わかってほしいと願っていても、その片思いが両思いになることはないでしょう。

 

どんなときでも、好きな女性ができたら自分から積極的にアプローチすることが、最低限必要です。

その最低限の行動もできないのなら、好きな女性を彼女にすることなどできるわけがありません。

 

片思いを両思いにするためには、自分から行動を起こすこと、これしかありません。

 

行動を起こしたあとで、好きな女性との挨拶だとか、コミニュケーションのとり方だとかが生きてくるのです。

片思いを卒業するためには、積極的な行動が求められていて、その行動ができなければ片思いのままです。

女性の気持を考えない

 

片思いを両思いにするためには、女性の気持を第一に考えて、アプローチする必要があります。

誰でも、一緒にいて心地よく感じる人と居たいと考えるものです。

女性の気持ちも考えずに、自分の考えを押し付けることは、絶対にやってはいけないことなのです。

 

好きになった女性に優しく、思いやりを持った気持で付き合うこと。

この気持がない男性は、片思いを卒業することは絶対にありえないと考えることです。

 

好きな女性の前では、どうしても緊張してしまって、いつもの自分と違った態度を取ってしまうこともあるでしょう。

つい焦って、ガツガツ迫ってしまうこともあるかもしれません。

 

そんなときは、落ち着いて好きな女性の気持ちを考えると、そんな態度はなくなるでしょう。

好きになった女性にどのように思われたいのか、それを考えると自然に「思いやりの気持」が出てくるはずです。

両思いになるための行動

軽く好意を見せる

よく、最初から好意を見せると、女性に引かれてしまうと言われます。

確かに「好きです、付き合ってください」と、まだよく知らない男性から言われたら、間違いなく女性は引いてしまいます。

 

しかし、好きになった女性に「好意を知られたくない」と思うこともあって、その感情を隠すことがあります。

いつまでも隠していては「私に興味がないの?」と思われて、せっかくの気持をわかってもらえません。

 

そのためには、好きになった女性に「あ、私のこと好きなのかな」と思わせるように、軽く好意を見せることが必要なのです。

好きになった女性が、そのように感じ始めて、初めて二人の関係が進んでいきます。

 

最初はどのように思われているのかわからず、好意をどのように示せば良いのか悩むこともあるでしょう。

それでも、少しずつ関係を進めるように考えていくと、好きな彼女に意識してもらえるようになります。

連絡はまめに

連絡はLineやメールが多いですが、連絡そのものはまめにしたほうが良いです。

ただそれは、一日に何通も送ったほうが良いというのではありません。

 

少なくて週に5回、できれば毎日1回は連絡するということです。

女性によっては、連絡頻度が違ってきますので、相手のペースに合わせて連絡するのが一番です。

 

連絡は女性の生活に合わせた時間に、連絡することが基本です。

女性が迷惑かもしれない時間までLineをしていることは、関係を壊すことにもなりかねません。

女性に負担がかからない時間と、回数を見極めて連絡することが大事です。

自分磨きをする

好きな女性に振り向いてもらうためには、それなりの男でなければなりません。

何もイケメンで、お金があればなんて言うつもりはありません。

 

ごく普通の、フツメンと言われる男性でも、外見や内面を磨くだけでも男らしく見えるものです。

必要なのは自分らしさを出す、そのように自分磨きをするということです。

 

外見は、頭の天辺から足の爪先まで、むさ苦しくない程度であれば問題ありません。

お金をかけなければ、などと思う必要はないのですから。

 

女性は、腕を組んで歩いても恥ずかしくない程度の外見であれば、問題なく受け入れてくれます。

 

内面は、いろいろな知識を学んでいくことで磨かれていきます。

内面を磨くのは、外見ほど簡単ではなく、時間もかかります。

 

外見も、内面も自分磨きができている男性は、輝いて見えます。

女性も、そんな男性を望んでいるのです。

余裕を持つ

 

余裕がなければ、どんな時も上手く行かないものです。

特に片思いで、好きな女性にアプローチをかけようとするときには、気持ちに余裕がないとうまくいきません。

 

失敗したらと心配することがあり、余計に余裕がなくなっていることもあるのです。

だからこそ、余裕を示すことが好きになった女性に効果があるのです。

 

自然に見せる笑顔が余裕の現れです。

それが態度にも現れて、女性の目には頼もしい男と写ります。

 

ある程度の女性慣れが必要ですが、女性に余裕のある態度を見せることができなければ、両思いになれません。

まとめ

今回は、いつも片思いでうまくいかない理由と両思いになるための行動を紹介しました。

 

片思いは辛いものです。

その辛い片思いを、楽しい両思いにするためには、やっはいけないことをやめて、やるべきことをやる。

 

これで、片思いから卒業できて、初めて彼女と付き会えることになるのです。

恋愛は、単純にこうすればいいと言った正解がありません。

二人の気持ちの持ちようで、コロコロ変わるのが恋愛です。

 

それでも、基本は好きになった女性の気持を考えて、思いやりを持って付き会うこと。

それが、恋愛を長続きさせる秘訣でもあります。