女性の気持ちをつかむ「とても大事な思いの伝え方」6選

 

いつも当ブログにお越しいただきまして、ありがとうございます。 

 

好意を伝える事は、これから新たなスタート地点に立つために必要なことです。

出来るだけ女性の気持ちをつかむような大事な思いの伝え方で、女性に向かい合いたいですよね。 

 

好意の伝え方というと「告白」が全てと思われていますが、デートの時の対処の仕方で二人の関係が壊れるかその関係を続けることができるかが決まってしまうこともあります。

二人の関係を長続きさせるために、女性の気持ちをつかめるような大事な思いの伝え方が非常に大事になります。

 

今回は、女性の気持ちをつかむ大事な思いの伝え方を紹介します。

スポンサーリンク

女性の気持ちをつかむ思いの伝え方

女性の気持ちをつかむ思いの伝え方1 女性の目をじっと見る

ある程度の付き合いがある恋人同士は、目で会話ができるようになります。

目と心はつながっていると言われています。女性の目をじっと見ることで、女性の考えていることがわかるということですね。

 

自分の心に、女性に知られたくないことがあれば、女性の目を見ることはできません。

自分の目から女性の目を通じて、気持ちのなかに隠していることが伝わってしまうからです。

 

したがって、女性の目をじっと見つめることができる男性は、やましいところがありません。

お互いに好き合っている恋人同士は、相手に知られて困るということがありません。

自分のすべてを知ってもらいたいと思っているし、相手のすべても知りたいと思っています。

 

その時に、目と目をじっと見つめ合うのです。

パーティー会場のように、広くて人の多い場所でも、恋人同士はすぐにわかります。

ちょっと離れたところにいても、ひまさえあればお互いに視線を交わし合っていますからね。

 

会話をすることができないようなところでも、目でコミニュケーションを取ることはできるのです。

とくに、お互いが好意を持ちはじめてデートをするようなときには、できるだけ相手の目をじっと見ることをおすすめします。

 

二人の気持ちを近づけるスピードが間違いなく早くなります。

できるだけ二人一緒にいる時間を増やすことは、ふたりの気持ちを近づけるのには大切なことですが、それだけではなく相手の目をじっと見つめる時間を取ることで、二人の気持ちがもっと近づくのです。

楽しい会話をする時間もすごく大事ですが、時には黙って二人で目を見つめあう時間をとることが二人の仲を深める貴重な時間になるのです。

★関連記事

女性の気持ちをつかむ思いの伝え方2 愛の告白は小声で伝える

愛を求める方法は人それぞれです。

とくに、恋愛に慣れていない男性によくある、女性の気持ちを考えることなく自分の気持ちをぶつけていくことで、そのような場合は、撃沈で失敗することがほとんどです。

 

その反対に、恋愛に慣れた男性はタイミングを重要視します。

タイミングさえ合っていれば、女性に断られることはありませんからね。

 

お互いの気持ちを少しずつ近付けていって、女性の気持ちの準備ができた状態の時を狙って、愛の告白をしている。

それだけ、手間と時間をかけて愛の告白をしているのです。

二人の気持ちの高まりを調整して、少しずつ盛り上げていって頂点に達したと思ったら、その時を逃さず愛の告白をする。

 

その時の時間と場所も大事になりますが、とくに静かな場所で女性の目をじっと見つめながらとか、海に沈む夕日を見ながらだとか、落ちついた場所を選ぶべきです。

その時の声は、大きな声より小さな声のほうが、女性に集中して聞いてもらうことができるのでいいのですよね。

大切な気持ちを真剣に伝える時は、小声のほうが効果があります。 

スポンサーリンク

女性の気持ちをつかむ思いの伝え方3 愛する気持ちは口に出す

自分の気持ちを女性に知ってもらうためには、その考えを口に出して女性に理解してしてもらう必要があります。

欧米人は「愛してる」と言葉を、いつでもごく普通に口に出しています。

日本人はその言葉にするということが自体が苦手な民族でもあります。

 

わざわざ口に出して言わなくても、楽しく生活ができていれば問題がないだろ。

このように考えている男性がほとんどです。

しかし、女性はもっと男性に「愛してる」という言葉をかけて欲しいと思っています。

 

このように、女性の気持ちに沿った言葉を口にだすことで、よりよいコミニュケーションが取れることは間違いありません。

気持ちが通じ合っているので、何も口に出して確認することはないと思っていると、女性との気持ちにずれが生じかねません。

 

言葉を口に出して、お互いの気持を確認することは、とても大切なことです。

言葉を口に出して気持ちを確認できることで、お互いの絆がしっかりしてきます。

 

女性にしてみれば「好きだ」「愛してる」と言った言葉をかけ続けられていると、その男性がもっと好きになるのです。 

普段の態度や物言いから、愛されていると感じていても、何となく確信が持てない時もあります。

 

そんな時に「好きだ」「愛してる」と言葉で言われると、実感として愛されていることが確認できて、安心するのです。

何かの拍子に愛情を強く感じたときには、口に出して女性に直接伝えてください。

その言葉が女性の気持ちに届いて、二人の気持ちが強化されることになります。

★関連記事

女性の気持ちをつかむ思いの伝え方4 デートの終わりを大切に

デートの終わりも後々のイメージに影響することが多い場面です。

終わりよければすべてよし、になるようにすることが大事ということです。 

 

せっかく仲良くデートしても、最後にケンカしたまま別れると、ずっと嫌な気持ちを持ち続けなければならないし、次のデートにも誘いづらくなってしまいます。

途中でケンカしても、きちんと仲直りをして、にこやかに別れることができると、心も晴れやかになります。

別れた後には、別れた時の相手のイメージが強く残ります。

 

デート中の楽しかったことや嫌だったことが思い出されますが、とくに別れの場面のイメージが強く残ります。

そのために、別れの時は楽しい思い出を作って別れることが、絶対に必要です。

好きあっている二人は、まだ別れたくないという気持ちが強いので、別れたくないという感じを表現することです。 

 

去っていく女性を見送るときには、去っていく彼女が見えなくなるまで見送ること。

そして、最後に振り返った女性に、別れのメッセージを送ると完璧です。

見送る男性と、見送られて最後に振り返った女性との間には、相手に対する信頼感が強くなります。

その気持ちが次のデートまで、持続することで、二人の絆がなお強くなるのです。 

★関連記事

女性の気持ちをつかむ思いの伝え方5 自分の気持ちの伝え方

二人で過ごした楽しい時間が終わると、体が満足感に満たされます。

楽しんでいるときには感じられなかった充実感を、しみじみと味わうことができます。

 

楽しんだ実感を感じることができるのは、楽しみが終わった後なのです。その感じは女性も同じです。

そんな時は電話で声を聞いて楽しかったことを思い出そうとするでしょう。

しかし、電話で話してもその電話が終わった後でなければ、余韻に浸ることができないのです。

 

そんな時は、彼女と一緒にいることの幸せを感じながら、メールで今日の楽しかった事を綴って、女性に送りましょう。 

長文はダメですよ、別れた時の情景描写から初めて、その時の自分の気持ちを書いていく。

デートで楽しかったことを書いて、締めくくるくらいがちょうどいいです。

 

決まり文句の「愛してる」などを書くのは新鮮味がないので、今の自分の幸せな気持ちを伝え、そのような気持ちにしてくれた女性に感謝の言葉を送って下さい。

このようなメールを送ると、こちらの気持ちが女性の心にダイレクトに響きます。

★関連記事

女性の気持ちをつかむ思いの伝え方6 もっと一緒にいたいと思った時

恋人同士はできるだけ長く一緒にいたいと思うものです。

デートの時、食事の後すんなり別れる時もありますが、終電の時間が迫っているのに別れがたいと思っている時もあります。

そんな時は、自分の考えに身を委ねてみることも必要です。

 

離れがたい時は、素直にその気持を女性にぶつけてみましょう。

「もう少し飲もう」というくらでは、もう遅いからと断られるかもしれません。

しかし、遅い時間になっているのに知らないふりをして、女性に帰る機会を失わせることは、いい結果は生まれません。 

 

こんな時は「返したくない」など自分の気持のままを女性に伝えてみましょう。 

恋愛は二人でするものですから、女性の気持ちを考えずに、一方的な気持ちを押し付けることはいけません。

自分の気持ちを伝えたら、後は女性が考える事に従って行動するべきです。

まとめ

今回は、女性の気持ちをつかむ大事な思いの伝え方を紹介しました。

・女性の目をじっと見る

・小声で伝える

・愛する気持ちは口に出す

・別れの時を大切に

・自分の気持ちの伝え方

・もっと一緒にいたいと思った時

 

好意を伝える方法はいくつもあります。ど

の方法を選ぶかは女性との関係や性格で違ってきます。

 

どんな方法でも、わかりやすく、女性の気持ちに沿って伝えることが大事です。

自分よがりな、女性の気持ちがわかっていない伝え方になってしまい、失敗することが決まります。

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。