会話の途中の沈黙が怖い心理!気にならないようにする方策とは?

 

いつも当ブログにお越しいただきまして、ありがとうございます。 

 

あなたは、初めてのデートで、話題が見つからず会話の途中で沈黙して、気まずい思いをしたことはありませんか?

女性との会話が途切れて沈黙する瞬間が怖いという気持ちは誰にでもあります。

 

そんな沈黙恐怖症と言える症状を、多くの人が抱えているようです。

なぜ会話が止まっただけで、あんなに気まずい思いをしてしまうのか、その沈黙を克服するにはどうすれば良いのか。

 

沈黙が怖い人は、いつも人の考えを気にしすぎて「この人何を考えているのだろうか?」「私の言葉を聞いてくれるかな?」といつも心配してしています。

そして会話が途切れて沈黙した時は、さらに相手の考えているであろう事について、あれこれ悪い方に考えてしまうのです。

 

人の考えていることは他人にはわからない事が当たり前で、そんな中で人の顔色ばかり見ていると 、他人に振り回されるばかりになってしまいます。

相手の女性が考えていることなんてわかるわけがありません。

そんなふうに割り切って考えることができると沈黙も大して 気にならなくなるものです。

会話の途中で沈黙してしまった時も、気にすることなく沈黙も会話の一部だと考えると、慌てて何か話さなくては と考える必要がなくなります。

 

今回は、会話の途中の沈黙が怖い心理と、沈黙が気にならないようにする方策を紹介します。

スポンサーリンク

会話の途中の沈黙が怖い

自分の気持ちだけを考えている

沈黙してしまって、まずいなと感じて人の多くは、自分の事だけで一杯で人に対して気配りをする余裕がありません。

この人「私のことどう思ってるんだろう?」「なんか言えよって思ってないかな?」と、自分が人にどう思われているかばかりを気にしてしまっていることが多いのです。

相手にどう思われているか、そればかりを気にしてしまうと、ますます沈黙が怖くなってしまいます。

 

それは自分だけではなく、相手の女性も同じ状態と言うことです。

会話の途中で沈黙してしまった時は、気まずい思いよりも何とか次の話題を見つけて会話を続けなければ という思いが強くなって、頭が真っ白になって固まってしまうことが多いです。

★関連記事

嫌われたくない気持ちが強い

沈黙してしまうのが怖くて、次から次へと話を続けていこうと一生懸命になる男性もいます。

そのような男性は、他人に嫌われたくないという意識が強く、そのために無理をして会話を続けることが 女性に嫌われる元になっていることもあります。

 

普通に考えられる男性は、普通の友達との会話は沈黙なんて気になりません。

しかし好きな女性としゃべってる時の沈黙は嫌だなど、相手によって沈黙への意識が変わります。

人には合う合わないがありますから、みんなに好かれようと思うと結構大変です。

会話の途中の沈黙も 好きな女性との時は話題を探そうとしますが、沈黙も時には必要だと思うことです。

沈黙は嫌いだと思いこんでいる

好きな女性との会話は、途切れること無くスムーズに続いていくのが理想ですが そんな会話はありえません。

必ず途中で沈黙の時が来ます。その沈黙がごく短い時は気になりませんが、ある程度の時間沈黙が続くと 気になって、何とか会話を続けようとする時に無理が出てきます。

 

お互いになんとか会話しようと思って顔を見合わせている時は、お互いに緊張している状態で、とても和やかな雰囲気とは言えません。

沈黙が嫌いだと思う感情が多いことは確かですが、その感情が強いと会話に余裕がなくなります。

会話の途中の沈黙は、必要なのだと認識することが必要です。

★関連記事

良い印象を与えたい

好きな女性との会話では、自分に対する評価で、良い印象を持ってもらいたいという心理が強く働きます。

笑顔で会話が盛り上がると、楽しい雰囲気が出るからずっと会話が続くように努力するようになります。

 

その半面、会話がなく沈黙状態で時間が経てば、相手の女性に気兼ねして気まずさを感じることもあります。

友達といるときなどの様に、自分にとって沈黙状態でも気にならない相手のいる場合もありますが、 会話するなら盛り上がる方がいいという気持ちが、好きな女性との会話だと余計考えられます。

好きな女性だからこそ感じる気まずさの大きな原因は、好きな女性に良い印象を与えたいという 気持ちが大きく関わっているのです。

スポンサーリンク

沈黙を利用する

沈黙を恐れている人は、自分のことで他の事が考えられない状態を自ら作っていることがあります。

会話が止まったら、なんとかしなければと自分のことにばかりに意識が向いてしまうのです。

これは相手の女性の気持ちを伺っているだけで、相手の女性を思いやれている状態ではありません。

 

相手の今の状態を観察することで、自分の事しか考えられない状態から、相手の女性の事を考える余裕が出てきます。

それが、沈黙を恐れることなく会話を進められることの方法の一つです。

沈黙を恐れるよりも、相手をよく観察して思いやることで、会話の途中の沈黙が気にならなくなってきます。

★関連記事

笑顔を向ける

相手女性が何も言わない事で、何を考えているかわからないということもあります。

沈黙は嫌だけど、何をしゃべったらいいのかわからないとパニックになってしまう事もあります。

コミュニケーションで大切なのは言葉だけではありません。

たとえ話すことはなくても、非言語たとえば 相手と目を合わせて笑顔を向ける、それだけでも場は和みます。

笑顔を向けられて嫌な気持ちになる人はいません。

 

お互いに笑顔を見せる余裕ができれば、会話の途中の沈黙も少しは気にならなくなるでしょう。

会話の時だけではなく、笑顔の威力は素晴らしいものがあります。

言葉は確かにコミニュケーションを取るためには 必要不可欠です。それに笑顔をプラスすることでその場が和むのです。

★関連記事

沈黙は悪くない

沈黙が嫌いだと感じる人も多いですが、沈黙は悪いことばかりとは限りません。

確かに初対面の女性と何も話さないで沈黙が続くと気まずい雰囲気になってしまいます。

でも、友達となら同じ沈黙でも辛くはありません。

 

気心が知れている友達だからこそ、沈黙も平気という関係もあります。

沈黙は気まずいものとは決めつけず余裕で沈黙していると、相手もそのほうが楽かもしれない、という考えもできるようになります。

沈黙も必要

会話の途中の沈黙は悪いものだと思っていると、沈黙することが辛くなってきます。

しかし、沈黙のない会話はありえませんし、会話をする上で、適度な沈黙は必要ということです。

 

どんなに仲の良いカップルや夫婦でも、沈黙しないで会話をするのはまず無理です。

人が会話をする時には、どんなときでも沈黙は必ず訪れます。

また適度な沈黙は、お互いにそれまで話してきた会話の内容を整理するために必要です。

適度な沈黙は必ず必要で、沈黙を必要以上に恐れる必要はまったくありません。

まとめ

今回は会話中の沈黙が怖い心理と、沈黙を気にしない人になるための方法を紹介しました。

・自分の気持ちだけを考えている

・嫌われたくない気持ちが強い

・沈黙は嫌いだと思いこんでいる

・良い印象を与えたい

・沈黙を利用する

・笑顔を向ける

・沈黙は悪くはない

 

会話の途中の沈黙を怖いと思う心理を変えていくだけで、沈黙を恐れることなく会話をすることができるようになります。

この考えを実行すれば、会話の途中の沈黙も怖くはなくなります。

今まで会話の途中で沈黙してしまって、無理に会話を続けようとして苦労したことが、少しは楽になります。

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。