女性との会話を盛り上げる方法!女性の気持ちをのせる質問の仕方

 

いつも当ブログにお越しいただきまして、ありがとうございます。 ブログ管理人のソレイユです。

 

女性との会話を盛り上げるのに苦労している男性も、たくさんいることでしょう。

好きな女性と向かい合うと、なかなか言葉が出てこないこともよくあります。

緊張して何を言っているのか、自分でもよくわからないなんてことも。

 

どんな場合でも女性が話しやすい雰囲気を作って、女性に自由に喋らせることが会話を盛り上げる秘訣です。

 

話の内容も大事ですが、はっきりした声で会話することが大事です。

聞き取りにくい低い声でボソボソ喋るのは女性との会話で一番嫌われる話し方です。

 

女性の話を聞きながらうなずいたりして、真剣に聞いている姿勢を見せることも大切です。

自分の話をしたくなることもあるでしょうが、自分の話3に対して女性の話7くらいが適当です。

 

会話を盛り上げるには、色々なテクニックがありますが、女性に質問することで会話が弾ませることが出来ます。

 

最初は、YesかNoで答えられる質問から始めます。

 

「映画は好きですか?」などがその質問になります。

後は、会話を進めるうちに様々な質問をすることで、女性の話を引き出していくことです。

スポンサーリンク

会話を盛り上げる方法

温かく明るい声で

話が弾むかどうかは、話の内容だけではなく、声の特徴によるところが大きいです。

 

どんなに楽しいことを話していても、声が聞き取りにくかったり、暗かったりすると聞いている方はそれだけで聞いているのが嫌になってしまいます。

 

そんな楽しい話にぴったりな声が、温かくて明るい声で、笑顔が想像できる優しい声です。

声には自分の気持が反映されるものです。

 

女性と話すときには、何時も明るい気持ちで話すように努力すると、自然に明るい声で話すことができるようになります。

話すときに呼吸が浅いと、言葉がきつく聞こえてしまいますので、話すときは深呼吸をしてから話をすると、落ち着いて話すことができます。

 

男性の声で女性に好かれるのは、少し低めのゆったりとして落ち着いた声です。

 

とにかくセカセカした話し方と、高めの声は女性に好かれる事はありません。

安心感を与える

コミニュケーションを図る上で大切なのは、女性との間にある壁を取り払うことです。

女性は警戒感が強いので、その警戒感を解いて安心感を与えることが必要です。

 

女性のことを知りたいと思ったら、自分から先に情報を発信すること。

 

人は自分の情報が奪われると思うと、守ろうとして心を閉ざします。

先に自分の情報を知らせて、心のこもった対応をすると、女性の気持ちも落ち着いて、女性の緊張もほぐれます。

 

また、女性とは一定の距離を保って、女性がリラックスしているときでも、近づきすぎてはいけません。

一定の距離を保って女性を尊重してあげることで、女性は安心して心の距離も縮まります。

 

女性の気持ちをほぐすのに一番いいのは、女性を褒めて喜ばせることです。

 

ただ、やたらに褒めるのは、おだてと取られて逆効果になります。

女性との距離を縮めるには、誠意を見せて信頼感を与えることが大事です。

会話はテンポよく

女性の話をしっかりと聞くのも大切ですが、聞いている、もっと話を聞きたいといった事は女性に伝わりにくいことです。

女性の目を見たり、話の途中でうなずいたりして、話を聞きたいという姿勢を示す事が必要です。

 

話を真剣に聞いていると、自然に女性も話しやすくなり、話が盛り上がってきます。

 

話はテンポよく進んでいると、盛り上がりやすくなります。

反対に沈黙が何度も訪れると、何だか気まずい感じで、雰囲気も壊れてしまいます。

 

会話はテンポよく進めることが大事です。

 

話の内容は、思いついたことをなんでもいいから話してみることでいいのです。

女性が答えてくれている間に、盛り上がるネタを思い出すようにして、会話を続けます。

 

また、女性によっては、会話のスピードがそれぞれ違うものです。

女性に合わせる努力をすると、同じようなスピードで話す相手に心地よさを感じます。

失敗談を話す

女性の気持ちをほぐすのに効果のある方法に、自分の失敗談を話すことがあります。

 

他人の失敗談を聞くことで、親近感が湧いてくるのです。

 

女性に笑顔が出てくると、雰囲気がぐっと明るく柔らかいものになって、話も盛り上がりやすくなります。

さらに、自分は失敗したことから学んだことを話すと、女性の頭には失敗したことは残らず、学んだことが残ります。

 

つまり、失敗したことより学んだことが、いいイメージとして認識されるのです。

 

失敗談は、笑えないような重たい話題はNGで、日常の軽い失敗談に限ることが必要です。

 

成功談の中に小さな失敗談を挟んで会話を進めると、会話の幅が広がって会話が楽しくなります。

メリハリをつける

好かれる人は「感情表現」が豊かな人です。感情を素直に表に出すので、何を考え、何を感じているのかが簡単にわかります。

 

そんな「感情表現」を素直に出せるのは、とても明るい人が多いです。

 

それに引き換え「感情表現」に乏しい人は、何を考えているのかわからないので、付き合いに困ることがあります。

どうしても暗い陰気な人と、レッテルを張られることも多いです。

 

「嬉しい」「楽しい」といったプラスの感情を何時も出せるように努力すると「感情表現」の豊かな人になれるでしょう。

 

また、言葉にメリハリを付けることで、感情のこもった言葉に聞こえます。

 

自分が最も伝えたい言葉は少し大き言葉で、それ以外は平穏な言葉で話します。

会話に抑揚をつけることで、会話がいきいきとして、話す相手に好印象を与えることができます。

スポンサーリンク

会話の始めの質問

会話のきっかけを掴むために、軽い質問を投げかける必要があります。

 

「はい」と「いいえ」のどちらかで答えられる質問です。

 

「映画は好きですか?」「明日は空いていますか?」など、答えが限定的な質問です。

このような質問を、クローズドクエスチョン(閉じた質問)といいます。

 

クローズドクエスチョンは、話の始まりには有効な質問です。

 

ただ、クローズドクエスチョンはあまり続けて使うと、女性にとって尋問されているような感じになるので、注意が必要です。

話のきっかけを掴むことができたら、他の質問に切り替えて、会話を広げていくようにしましょう。

会話を広げる質問

クローズドクエスチョンで会話のきっかけが掴めただけでは、会話を広げていくことができません。

 

その会話を広げるための質問が、オープンクエスチョンといいます。

 

オープンクエスチョンとは、一言で答えられないような考えや気持ちを、女性に話してもらう質問に事です。

「その話を聞いてどう思ったの?」

「あなたの考えはどうですか?」

「その時どうしようと思ったの?」

このようなオープンクエスチョンは、質問された女性が自分の言葉で自由に話すことができます。

 

会話をはずませるには、女性に自分の言葉で、リラックスして自由に話してもらう状態を、会話の最初に作るのがコツです。

会話に詰まった時の質問

会話を広げるためには、質問することがとても大事です。

そうは言っても、とっさに質問が思い浮かばない時もあるものです。

 

そんなときに便利な質問が「ど」から始まる質問です。

「どうして」「どうしてそんな事になったんですか?」

「どうやって」「どうやって作ったのですか?」

「どこで」「どこで見つけたのですか?」

「どこから」「どこから持ってきたのですか?」

「どのように」「どのように見られているのですか?」

「どのくらい「「どのくらいの値段になるのですか?」

 

これらの質問は「はい」「いいえ」だけでは答えられない質問なので、会話を広げるために有効な質問です。

まとめ

今回の話はいかがでしたか?

 

女性との会話は、女性に話させてそれをしっかりと聞くことが、男性の役割です。

 

女性は、話を聞いてくれてその話に共感してくれる男性に好意を持ちます。

とにかく女性の話を聞くことを優先して、たまに自分の話をする。

それくらいが女性との会話にはちょうどいい感じになります。

 

女性との会話では、

・温かく明るい声で

・安心感を与える

・会話はテンポよく

・失敗談を話す

・メリハリをつける

これらのやり方で女性との会話を続けると、女性の方から話をしたいと近づいてきます。

会話の始めの質問

会話の始めの質問は、YesかNoで答えられる質問を投げかけます。(クローズド・クエスチョン)

「明日は暇ですか?」「一緒に食事しませんか?」などの質問です。

会話を広げる質問

一言で答えられないような考えや気持ちを、女性に話してもらうときの質問です。(オープン・クエスチョン)

「その話を聞いてどう思ったの?」

「あなたの考えはどうですか?」

「その時どうしようと思ったの?」

などの質問で、会話を進めていきます。

会話に詰まった時の質問

そんなときに便利な質問が「ど」から始まる質問です。

「どうして」「どうしてそんな事になったんですか?」

「どうやって」「どうやって作ったのですか?」

「どこで」「どこで見つけたのですか?」

「どこから」「どこから持ってきたのですか?」

「どのように」「どのように見られているのですか?」

「どのくらい「「どのくらいの値段になるのですか?」

この質問は、YesかNoでは答えられない質問なので、会話を広げるにはとても適した質問です。

 

女性との会話を盛り上げるのは、ある程度の練習をして経験を積まなければうまくいきません。

 

それでも、女性の気持ちを考えて会話するようにすると、その態度が女性に伝わって、会話が弾むようになります。

 

大事なのは会話が一方通行にならないこと、お互いの気持を考えながら、会話することが大事です。

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。