会話を盛り上げる話し方!相槌一つで会話が続くコツ

 

いつも当ブログにお越しいただきまして、ありがとうございます。 ブログ管理人のソレイユです。

 

女性と会話を盛り上げる方法が知りたい。

どうすれば女性と会話がうまくできるのだろう。

女性との会話をうまく進めたいけれど、何時もうまくいかないで困っている。

 

会話を盛り上げることを話し方を覚えることで、女性との会話も弾むようになります。

 

女性との会話は難しいですが、会話を盛り上げる話し方を覚えることで、女性との会話も楽にできるようになります。

 

その中でも、相槌の打ち方一つで会話がうまくいくようになるのです。

 

好意を持った女性との会話ができないことで、関係を進めることができないのが辛いと思っている男性は、会話のスキルを勉強する必要があります。

スポンサーリンク

会話を盛り上げる話し方

挨拶と質問で始める

会話を弾ませるには、自分がどのように話すかではなく、いかに女性に話をしやすくするかを考えるのが重要です。

 

「この人私の話を聞いてくれて感じが良い」という気持ちを女性に持ってもらうことがポイントです。

そのためには、最初に会ったときに相手より先に、笑顔で挨拶すること。

 

この笑顔での挨拶が、女性の気持ちをほぐしてくれるのです。

「この人、私のことを気にかけてくれているのかも」と思って、好感度がアップします。

 

その繰り返しが続くと、挨拶だけではなくちょっとした会話が生まれ、女性との距離が縮まります。

 

そうなったら、女性が簡単に答えられるような、質問をしてみましょう。

「猫を飼っていると言っていましたが、どんな猫ですか?」

「少し調子が悪いと言っていましたが、よくなりましたか?」

 

女性が答えやすい質問なら何でもいいですから聞いてみることです。

ハードルが低い質問をすることで、女性も話しやすくなるのです。

立ち位置を利用する

女性と話す時の「位置」も大事です。

話す相手や話の内容によって、「位置」を変えることで、会話の盛り上がり方も違ってきます。

 

歩きながら女性に話しかけるときは、女性の右側に立って話しかけます。

 

人間は、心臓のある左側を守ろうとします。

そのため自分の左側に立たれると、息苦しさを感じてしまいます。

本能的に心蔵を守ろうとするからです。

 

そのため、女性の右側に立って話しかけることで、女性の気持ちが落ち着いて、話しやすくなります。

 

このテクニックは、カウンター席ではどんな店でも使えます。

正面に座って話し始めると、女性にも緊張感が生まれてしまいます。

 

視線がぶつかりあう位置ですので、女性との話には不向きな位置です。

もしこの位置で話をするときは、少し椅子をずらして斜めに目線が来るようにすると、少し良くなります。

 

斜めの位置では、一定の親密感が生まれる位置なので、話を聞いてもらいやすくなります。

女性も、話しやすくなるので、話が弾む位置です。

 

初対面の女性との会話のときは、斜め左に女性を座らせると、正面のときのような威圧感がなくなりお互いにリラックスして会話ができます。

相槌で心をつかむ

相槌は、女性に「きちんと話を聞いています」ということを知らせる効果的な行為です。

ただ、相槌のし過ぎは「本当に聞いているの?」と疑われることにもなります。

 

相槌をするタイミングは、会話が一区切りした時、女性が息をついた時など、女性の動きが変わったときです。

 

女性の気持ちに共感するようなときには、目に力を込めて、首をゆっくり縦に下げるのがコツです。

女性は相槌の深さで共感度を図っています。

もともと男性は、相槌をあまりしないのが普通です。

 

そんな男性に話を聞いてもらいたい女性は、もっと相槌をして話を聞いてもらいたいと思っています。

 

男性は女性の話を聞くときには、もっと相槌の回数を多くすることで、女性に疑われることもなくなます。、

スポンサーリンク

沈黙を恐れない

女性と話をしていると、沈黙が嫌でつい余計なことまで喋ってしまう、と言う男性も多くいます。

しかし、沈黙も立派な会話の一部です。

 

沈黙になっても慌てることはありません。

言葉が出ないときは、ゆっくりとうなずくのも一つの手です。

 

言葉だけではなく、女性の目に反応していることを伝えるのです。

男性の沈黙は、直前に喋った言葉の内容を考えているのに対して、女性の沈黙は、一緒に共感してほしいと思っているのです。

 

沈黙が生まれるのは、沈黙の恐怖に耐えきれずに、焦って話し始めるから、女性が黙ってしまうのです。

 

沈黙を楽しむくらいの気持ちが、その後の会話に繋がります。

共通点を早く見つける

人はお互いに共通点を見つけた時、相手に親近感を覚えます。

例えば、田舎が同じだったり、同じ学校の卒業生だったりなどでも、何となく身近に感じるようになります。

 

共通点を見つけるためのコツは、女性の言葉に関心を払うこと。

何げない情報を聞き逃さず、掘り下げることです。

 

まず最初は挨拶から、天気の話題につなげていくのが、無難で一番使えるパターンです。

 

それから、好きな食べ物や、ここまでどのようにしてきたのか、などにつなげていくことができます。

女性は共感を求める

女性の好きな話題は「料理」「グルメ」「旅行」「映画」「フアッション」「ゴシップ」などがあります。

 

女性は男性に対して「警戒感」が強いです。

 

ですから、女性と親密になりたいときは、女性の気持ちを安心させる言葉を続けることが大事です。

男性が、解決策を求めるのに対して、女性はただ説明するだけで満足します。

会話のオチは必要ではないのです。

 

女性は感じることを重視するので、簡潔に説明するのではなく、周辺情報まで膨らませて「感情」に訴えることで、心に響きます。

女性の感情を見極める

女性の様子がいつもと違うとき、普段と違うところをさりげなく言葉にして気遣うことも、話を弾ませるポイントです。

 

女性が、いつもと違う髪型や、服装、持ち物などが変わっていたときは褒める。

女性が嬉しそうにしていたら「何か良いことがあったんだ」一緒に喜ぶ。

 

女性が悲しそうにしていたら「何かあった?」と声のトーンを落としながら聞く。

女性が寂しそうにしていたら、理由を聞かず「お茶でも飲みに行かない?」と誘う。

女性が落ち込んでいるときは、ただ黙って見守る

 

このように、女性の感情を見極めることで、二人の会話が弾むきっかけを掴むことができます。

女性のこころをほぐす

コミニュケーションを取る上で大切なのは、女性との間にある垣根を取り払うことです。

 

女性は男性に対する警戒感が強いので、その警戒感を解いて、安心感を与えることが必須です。

 

女性は自分の鏡です。相手のことが知りたければ、自分から情報開示すること。

女性は、自分の情報が奪われると感じると、それを守ろうとして心を閉ざします。

 

逆に、男性が心を開いて気持ちを込めた対応をすると、女性の緊張がほぐれ、心を開いてくれます。

 

女性とは一定の距離を保って、無理に女性の心の中まで入ることのないようにします。

 

最初から、いいことばかり言っていてはいけません。

女性の気持ちをほぐすのに一番の方法は「女性を喜ばせる」こと。

女性との距離を縮めるには、誠意を見せて信頼感を与えることが大事です。

まとめ

今回の話はいかがでしたか?

 

会話を盛り上げる話し方は、

・挨拶と質問で始める

・立ち位置を利用する

・相槌で心をつかむ

・沈黙を恐れない

・共通点を早く見つける

・女性は共感を求める

・女性の感情を見極める

・女性のこころをほぐす

 

女性が会話に何を求めているのか、男性との違いを理解して、会話のスキルを磨くことで、女性との会話に困らなくなります。

 

会話のスキルは、簡単に身につくものではありませんが、女性との会話の機会を増やすことで、身についてきます。

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。