恋愛経験のない男 性の会話!女性に嫌われないためのポイントとは?

 

いつも当ブログにお越しいただきまして、ありがとうございます。

 

恋愛経験のない男性は、

「彼女を作りたいけど、どんな話をすればいいんだろう」

「彼女を作りたいけど、どうすればいいかわからない」このように考えて、今一歩前に進めないでいます。

 

彼女を作るために、勇気を出して一歩踏み出すためには会話が大切な要素になります。

会話のコツは頑張りすぎないこと。

女性が「居心地がいい」と感じる会話をすることで、もっと話したいと思ってもらえるようになるのです。 

 

なぜなら、この段階で、しどろもどろの会話しかできなければ、彼女はあなたの会話に失望し、この先、一緒にいても楽しくないと想像してしまうからです。

 

私自身、初めて友だちに誘われて参加した合コンでは、女性の顔を見ることさえできませんでした。

話も上手く喋れず、女性に呆れ返った顔をされたことがあります。

最初は誰でも同じ経験をしているんです。

 

そういった私の経験から今回は、

・女性が居心地良く感じるポイントと、女性に絶対聞いてはいけないポイントをお伝えしていきます。

スポンサーリンク

恋愛経験のない男性の会話

会話で女性が居心地良く感じるポイント

挨拶をすること

会話がうまく出来ない人は、意外と「挨拶」ができていません。

「そんなこと知ってるよ!」と誰もがいいますが、意外と挨拶が出来ていない人が多いのです。 

最初に挨拶をすることを覚えて下さいね。

 

「こんにちわ」「今日はいい天気ですね」このような簡単な挨拶から会話が始まるのです。

普段から、ごく普通に挨拶をしていると、誰に対しても挨拶ができるようになりますが、意外と挨拶が苦手な男性もいるようです。

 

女性と付き合おうとした時に、1番基本になるのが会話でコミニュケーションをとることです。

その会話に進む最初が、挨拶なのです。

笑顔で話すこと

その次に大事なことが、「笑顔で話す」ということ。

あなたは、笑顔もなく仏頂面で話す相手の話が、楽しいと思いますか?

笑顔で話すことで、女性はあなたの話を聞こうかなと思うわけです。

 

こんな簡単なことが出来ていない男性が、女性に嫌われてしまうのは本当に残念なこと。

女性との会話の基本とも言えます。

これだけであなたを見る女性の目が違ってきます。

 

断っておきますが、笑顔は、ニヤニヤするのとは違いますから、間違えないで下さい。

女性との会話で大事なことは、お互いに楽しい会話にすること。

楽しい会話も、経験を積んで女性慣れすることで上手く話せるようになります。

話の中心は女性にすること

あなたは、自分のことも話したいと思うでしょうが、話をするのは女性が中心です。

あなたの話が中心になってしまうと、女性はあまりいい気持ちがしませんので、少しだけにするべきです。 

 

女性の話を聞くことが、すべての始まりと考えることです。女性は自分の話を聞いてもらいたいと話を始めます。 

その話を遮ることなく、ジックリと聞いてあげることが、女性の気持ちをつかむためには絶対に必要なことなのです。 

特に、

「愚痴」

「自慢話」

「人の悪口」

を話す男性は嫌われます。

たくさん話しを聞かされる男性より、女性は自分の話を聞いてくれる男性の方を好みます。

女性の話しを肯定して共感してあげること

誰でも自分の話しを否定されると嫌な気持ちになります。

特に女性は、自分の話を肯定してその上で共感してもらいたいと思っているのです。

だから、女性に好かれる男性は女性の話しに、肯定して共感します。

 

意見を求められときは自分の意見を話しますが、それ以外は女性の話しを聞いて、肯定して共感するのです。

女性は、自分の話に対して意見は求めていません。

ただ話しを聞いて欲しいと考えていることがほとんどです。

女性の話しに相槌を打つこと

女性の話しを聞くときは、少し大きなリアクションで相槌を打つことが大事です。

しっかり女性の話しを聞いていますよ、というサインが相槌ですからね。

・なるほど

・たしかに

・僕もそう思うよ

・うんうん

などと相槌を入れながら女性の話を聞いてあげることで、女性も喜んで話を続けるようになります。

女性に楽しく話をさせることができると、女性との仲がより近くなっていくでしょう。

スポンサーリンク

会話で女性に絶対聞いてはいけないポイント

年齢を聞くこと

これは言うまでもなく、常識と言ってもいいことです。

女性に年齢を聞くことは、その時点で嫌われること間違いなしです。 

 

女性は、幾つになっても年齢を若く見られたいという願望があるので、その前提となる年齢を聞くことはタブーで聞いた時点で、女性は引いてしまいます。

住んでいる場所を聞くこと

 

女性との関係が浅いうちは、住んでいる場所に関することを聞くことは、女性に不快感を与えることになるのでやめるべきです。 

女性との関係がある程度深くなれば、自然に彼女の家に招待されるようになるので、それまで待ちましょう。

スリーサイズを聞くこと

女性は、自分の体型にコンプレックスを持っていることが多いです。

「太っている」

「痩せている」

「胸が小さい」

「胸が大きすぎる」

「足が太い」

「お尻が大きい」

などなど。 

女性に、不快感を与えることになり、恋愛対象から外されます。

 

いかに彼女がスタイルが良く、美人であっても同じです。

女性に容姿や体型の話はタブーと考えて、聞かないことが正解。

女性の話にアドバイスすること

女性は、話を聞いて欲しいと思ってはいますが、その話に、アドバイスが欲しいと思ってはいません。

あなたの同意が欲しいと思っているだけ。

 

ですから、女性との話は、聞くことと、少しの質問で話を続けることが大事で、それ以外は、やめたほうがいいです。

女性の考え方と、あなたを含めた男性の意識の違いがあり、嫌われることは間違いないので、しないほうが無難です。 

まとめ

あなたともっと話したいと思ってもらえるようにするには、女性が居心地よく思えるような会話をすることです。 

 

・挨拶をすること

・笑顔で話すこと

・話の中心は女性にすること

・女性の話しを肯定して共感してあげる

・女性の話しに相槌を打つ

そして、居心地悪くさせないためにも、

 

・年齢を聞くこと

・住んでいる場所を聞くこと

・スリーサイズを聞くこと

・女性の話にアドバイスすること

は止めましょう。

 

これらを意識することで、今まで全然できなかった女性とも話ができ、自分に自信がついて、より多くの女性と簡単に会話できるようになります。

自分にピッタリの女性とも、気軽に話せますよ。 

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。