彼女が欲しいとアピールする男のやるべき事はこれ

 

いつも当ブログにお越しいただきまして、ありがとうございます。 

 

「彼女が欲しい」というアピールをする男も多いですが、その時の状況や考え方でそれぞれ答えが違ってきます。

「彼女がほしい」と話しかけた女性が好きな場合は、好きですという告白ができずに 自分の気持ちを察して欲しいと言っているわけです。

 

また、話しかけた女性の友達が好きになってしまって、その友達との恋愛を応援して欲しいと「彼女が欲しい」アピールを することもあります。

女性に尽くしてもらいたいと考える、つまり、可愛い彼女に、手料理を作ってもらったり、自分好みの彼女になるようにしてもらいたいと思っている。

 

今回は「彼女が欲しい」というアピールを発信している男のやるべき事を 紹介します。

スポンサーリンク

彼女がほしいと思う時

彼女がほしいと思う時1 女性に好きと言えない

好意を持っている女性に直接「好きだ」と言えない場合に「彼女が欲しい」とアピールすることもあります。

女性の気を引こうとして、アピールしているわけです。

 

小心な男性に多い行動で、自分からアプローチをかけることができないのですね。

また、好意を持っている女性に、付き合っている男がいるのかを遠回しに聞いてきている場合もあります

★関連記事

彼女がほしいと思う時2 応援をしてほしい

好意を持った女性がいるけど、その女性との恋愛を応援してほしくて「彼女がほしい」とアピールすることもあります。

特に、好意を持った女性の友達であるときに、そんなアピールをされることが多くなりますね。

 

二人の共通の友人の女性が好きになったときなど、このようなアピールが普通です。

友達の付き合いの場合は、このようなアピールが結構あります。

彼女がほしいと思う時3 友達に彼女ができた

今まで一緒に遊んでいた友達に彼女ができると、友達の気持ちが彼女の方を向いてしまって 自分との付き合いの時間が少なくなってしまうと、「俺も彼女がほしい」と思うものです。

今まで、彼女なんていらないと言いながら一緒に遊んでいた友達も、彼女に会う時間を優先するようになって 自分との時間が合わなくなってしまいます。

 

友達から彼女ののろけ話を聞かされたりすると自分だけが置いてけぼりを 食らったように感じて「俺も彼女がほしい」と言う気持ちになります。

友達に彼女ができてうらやましい反面「何で俺には彼女ができない」と落ち込むこともあります。

こんな時に彼女がほしいとアピールすることもあります。

★関連記事

彼女がほしいと思う時4 イベントに一人では寂しい

一年間にも様々なイベントがあります。春になれば花見、夏になればお祭りや花火大会、海水浴、 秋になれば、紅葉観光やバーベキュー、冬はクリスマス、色々ありますね。

バレンタインデーやホワイトデー、自分の誕生日や好きな女性の誕生日も大事なイベントです。

そんな時に、彼女と一緒だと楽しいことは間違いありません。

 

イベントシーズンに入ると毎年「彼女と一緒だと楽しいだろうな」と思いながらいつも一人。

周りは殆どがカップルで楽しそうに話しているのを見るのはかなりきつい感じ。

 

この時期は、どこへ行ってもカップルが中心で、お一人様は白い目で見られることが多く、なんともやりきれない瞬間です。

友達との会話の中で彼女とどう過ごすのかが話題になったり、一人が寂しいと思う時に「彼女がほしい」と思うのです

スポンサーリンク

彼女がほしいと思う時5 アラサーも後半になって焦っている

今までは彼女がいなくてもあまり気にしないで生活をしてきたが、ふっと気がつくとアラサーも後半。

周りを見渡すと、彼女がいないのは自分だけという現実に気づきます。

そんな時に「彼女が欲しい」と考える事が多くなります。

今まで彼女を作るための行動をしていないことの後悔が出てくるのもこの時です。

 

そのあげく、相手をしてくれる女性の数が、激減しているのを知るのもこの時です。

20代前半の女性は、アラサー後半の男の相手をしてくれる女性ではなくなっています。

親に結婚のことを聞かれたりして焦る気持ちが そんな考えをいつもするようになるんです。

★関連記事

彼女がほしいと思う時6 彼女を作って自慢したい

今まであまり女性と付き合ったことがなく、彼女もできたことがない、いわゆるモテない男。

そんな男が、彼女を作って自慢したいと考えるのですね。

 

自分に自信がなく彼女のできないことに劣等感を持っていることが特徴です。

彼女がいるんだ、という自慢したい気持ちは誰にでもあるものです。

 

逆に、彼女がいないと、自分にはなぜできないのだろうという劣等感もあるでしょう。

男は人に認めてもらいたいという気持ちが強いですから、彼女ができたということで認めてもらえると考えているのです。

そんな男にも、自分の存在を知ってほしいという願望があるので、彼女を作って自慢したいという気持ちになるのです。

彼女がほしいと思う時7 体調を崩した

一人暮らしの男性は、体調を崩すと精神的にも弱ってしまい落ち込んでいきます。

そんなときに彼女がそばにいて、優しく甲斐甲斐しく看病をしてもらえたら嬉しい。

 

おかゆを作って食べさせてくれたら、なんて考えています。

一人暮らしのときに体調を崩すと、とても心細くなって人恋しくなります。

そばで心配そうにしてくれる、可愛い彼女にいてほしいと考えてしまうのです。

 

そう思うと、余計体調が悪くなる気がして、早く彼女が欲しくなるのですね。

体調が悪くても、可愛い彼女が優しく看病をしてくれれば、体調も早く回復するはずだ。

そんなことを考えて、早く彼女がほしいと思い始めます。

彼女が欲しい時のアピールの方法

知り合いの男性にアピールする

知り合いの男性には、機会があるごとにアピールした方がいいです。

「彼女探してるんだ」とアピールすることで 何か事がある度に「そういえば、あいつ彼女欲しいと言っていたな」と思い出してもらえるからです。

そのアピールの言葉を覚えてくれることで、合コンなどの出会いの場に呼んでくれる機会も増えて 彼女を作れる確率も高くなります。

また、知り合いの男性には、簡単に頼めることもメリットです。

 

いつも同じような仲間とつるんでいると その仲間から抜け出せずに、何時までも「彼女がいない」状態ですから。

そんな時にも、男性にアピールしておくことで出会いの場をセットしてくれる機会が増えることで、 彼女をゲットできるチャンスも増えることになります。

知り合いの女性にアピールする

女性にアピールすることはあまり勧めることはできません。

紹介してくれる女性の立場がありますから 簡単には紹介してはくれませんから。

女性は基本的に紹介だけですから、よほどよく知っている男でない限り、友達に紹介するにも かなりシビアな目で見られることは確かです。

 

紹介した男が気に入らなかったときなど、友達の関係が微妙になることもあるので、しっかりと調べられます。

このような女性のシビアな目で見て、その目に合格を与えないと紹介はしてもらえません。

この厳しい目をクリアするのはかなり厳しいことがあります。

まとめ

今回は「彼女が欲しい」というアピールを発信している男のやるべき事を 紹介しました。

彼女がほしいと思う時

・女性に好きと言えない

・応援をしてほしい

・友達に彼女ができた

・イベントに一人では寂しい

・アラサーも後半になって焦っている

・彼女を作って自慢したい

彼女が欲しい時のアピールの方法も、男性と女性とでは反応が違います。

 

彼女が欲しい時のアピールの方法

・男性にアピールする

・女性にアピールする

「彼女が欲しい」というアピールも、その男性の性格や状況によってさまざまです。

「彼女が欲しい」というアピールも、その時々で効果が変わってきます。

適切にアピールすることで、彼女を作る手助けになるでしょう。

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。