彼女いない歴=年齢の男性!恋愛対象に入れない原因と入るための方法とは!

 

いつも当ブログにお越しいただきまして、ありがとうございます。

ブログ管理人のソレイユです。

 

彼女いない歴=年齢になって焦り始めている、あなた。

まだまだ彼女ができる可能性があるんですから、これからですよ。

 

今まで彼女ができなかったのは、何かしらの原因があって女性の恋愛対象になれなかったということです。

 

その原因を改善することが、彼女いない歴=年齢から抜け出せる早道ですから。

 

今回は、彼女いない歴=年齢の原因と、恋愛対象に入るための方法を紹介します。

スポンサーリンク

彼女いない歴=年齢の男性が恋愛対象に入れない原因

清潔感がない

まず、基本中の基本として、清潔感がない男性を好きになる女性はいません。

 

女性は、自分と一緒に歩いても恥ずかしくない程度の清潔感を求めています。

それは、全体的な雰囲気から自分にあう男性をピックアップしているのです。

 

髪型から、鼻毛、口臭などの臭い、体型、フアッションまで、トータルで評価されるのが清潔感です。

 

彼女いない歴=年齢の男性は、残念ながら清潔感を意識して女性と付き会おうとしていません。

 

その結果、彼女いない歴=年齢になってしまっているのです。

気配りができない

彼女いない歴=年齢の男性は、気配りができない傾向があります。

 

気配りができない男性は、ナルシストでもあります。

うぬぼれが強く、自分に自信がありすぎるので、女性に合わせようとしません。

 

その結果、女性にフラれても自分が悪いとは思わず「女性の俺を見る目がない」と女性のせいにしがちです

 

自分中心で全ての言動を行うので、いつまでたっても彼女ができることはありません。

自分に自信がない

自身がありすぎるナルシストとは反対に、自分に自信がない男性も、彼女いない歴=年齢となってしまいます。

 

「僕なんて、女性にモテるわけない」と思い込んでいることが多いからです。

 

もともと女性と付き会ったことがないので、女性とのコミニュケーション不足も影響しています。

 

この手の男性は、何かのきっかけで女性と付き合い始めると、自信を取り戻すこともあります。

 

そのきっかけを掴むことができると、彼女を作ることで新しい生活を始めることができるのです。

彼氏にするほど魅力がない

よく友達止まりの男性がいますが、そんな男性は彼氏にするほどの魅力がないと判断されているのかもしれません。

 

ただ優しいとか、女性のことは何でも聞いてくれるとか、ただそれだけではいい人止まりで終わります。

 

女性が考える好きになる男性は「自信を持ってグイグイ引っ張ってくれる男性」です。

 

女性に気兼ねして優しいだけでは、男として認めてくれることはありません。

少し強引な男がモテることは周知の事実です。

 

男としての魅力がない男性は、彼女いない歴=年齢になってしまいます。

女性に興味がない

最近は、草食系男子が増える傾向にあります。

 

草食系男子よりもっと女性に興味のない、絶食系男子も増えてきているようです。

 

最初から女性に興味を示さない男性も、彼女いない歴=年齢となってしまいます。

 

当然、周りにいるのは似た環境の男ばかり。

女っ気は一切ないのが特徴です。

 

普通の男性のように女性に興味を示すことがないので、彼女ができることはありません。

自分の話ばかりする

彼女いない歴=年齢の男性は、女性が話をしているときもその話に割り込んで、自分の話をすることが多いです。

 

自分のことをもっとよく知ってもらいたい、良いイメージを持ってもらいたいと言う気持ちから、自分の話ばかりするのです。

 

また自分だけが好きなナルシストな男性も、女性の話を遮ってまでも自分の話をしようとします。

 

女性は、自分の話を聞いてほしいと思っています。

 

自分の話を聞いて、男性に共感してほしいと思っているのです。

 

そんな女性に、自分の話ばかりするような男性は、お呼びではないのです。

女性の理想が高すぎる

彼女いない歴=年齢の男性は、女性の理想が高すぎることがあります。

 

その上、彼女のいない期間が長くなればなるほど、またその理想が高くなる傾向にあります。

 

とにかく可愛くて、優しくて、胸が大きくて、自分の言うことは何でも聞いてくれるそんな女性を求めています。

自分がそのような女性に釣り合った男になっているかどうかは考えていません。

 

更には、アニメやドラマのヒロインのような女性が望みと、好みがエスカレートしてしまうこともあります。

 

この結果、彼女いない歴=年齢がどんどん高くなってしまっているのです。

プライドが高すぎる

 

プライドが高い男性は、自分の気持や考えを女性に説明するのが苦手です。

 

「そんなこと、分かって当たり前だろ」という気持ちがあるので、説明する必要がないと思ってしまうのです。

 

また付き会う女性も、全て自分の基準に当てはまらなければ好きになることはありません。

自分の考えにこだわってしまうので、少しでも自分の考えと違う女性は、最初から選ぼうとしないのです。

 

自分の好きな女性像に固執してしまうために、彼女いない歴=年齢となってしまうのです。

非常識でキレやすい

見た目も性格もそれなりの基準になっていれば、彼女は作れます。

見た目はそれほどでなくても、性格が良ければ好意を持ってくれる女性は必ずいるものです。

 

しかし、性格も普通で、見た目もいいのに彼女ができない男性もいます。

 

そんな男性は、何かの拍子に突然人が変わったようになってしまい、キレて女性に嫌われるのです。

 

ときには、非常識な言動に出て、女性を困らせることもあります。

 

そんな男性も、彼女いない歴=年令になってしまいます。

女性に不信感を持っている

女性に何らかの不信感を持っている男性も、彼女いない歴=年令になってしまいます。

 

小さい頃、母親から厳しい育てられ方をしたり、好きになった女性にひどい仕打ちをされた。

 

過去に、女性に嫌な思いをさせられた経験から、女性に不信感を持っているのです。

その不信感から、女性を遠ざけることが起きてしまう。

 

女性への不信感があるうちは、好きな女性ができることはありませんので、本人の自覚次第です。

スポンサーリンク

女性が「ドキドキして」男性を好きになるときは?

女性が男性を恋愛対象として見られないのは「いい人だけどトキメキがない」「一緒にいて楽しいけどドキドキ感がない」そんなときです。

 

心理学で言う「吊り橋効果」「ドキドキすること」で人間の脳は体に騙されてしまうように、体の反応が考えに及ぼす影響が大きいのです。

 

つまり「ドキドキすること」で心拍数が上がって、近くにいる男性を「好きかも?」と錯覚するというわけ。

 

女性が「ドキドキして」男性を好きになるのはどんな時か考えてみましょう。

男らしくて頼りになるとき

女性が男性を好きになるときは「男らしさ」と「頼りになる」のを感じたときです。

 

大昔から、女性は妊娠をして子供を育てるときは、男性に守ってもらわなければ生きては来られませんでした。

そんな女性を守れる「男らしくて頼りになる」男性が、女性にとって「ドキドキさせる」存在で好意を持ちやすくなるのです。

 

「仕事が上手くいっていないときに、応援してくれた」

「どうすればいいか迷っていたときに、進むべき道を示してくれた」

 

など、女性が困っているときに助け舟を出してあげることで「男らしくて頼りになる」男性と認めてもらえるのです。

思いやりが感じられたとき

「重い荷物を持ってくれたとき」

「一緒に歩いているときに、車道側を歩いてくれてたとき」

「体調を気にかけてくれたとき」

など、女性を守ってあげたいという「思いやり」からくる行動です。

 

女性は、このような男性の「思いやり」に気持ちを揺さぶられて、その男性が好きになっていくのです。

 

この「思いやり」は、普段から周囲に気を遣っていなければ、いざというときに動くことができません。

いつも、相手を気遣う気持ちを持って行動しましょう。

女性が苦手なことをサラッとできるとき

女性は、自分が苦手な事を、苦もなくできる男性にグッとくるものです。

「車の運転」

「テレビや録画機器の設定」

「パソコンの設定」などです。

 

ただ、やった後にドヤ顔をすると、せっかくのアピールも無駄に終わりますので注意が必要です。

あくまでも、さり気なくやることが秘訣です。

 

女性が助けてほしい素振りが見せたら、すかさず助け舟を出して、問題を解決してあげましょう。

尊敬できる男性と感じたとき

「仕事を一生懸命にしている男性」

「トラブルを冷静に解決できる男性」

など、尊敬できると思った男性に女性は惚れやすいものです。

 

男性から見ても、仕事ができる男性や、困ったときに助けてくれる、頼れる男性はカッコよく見えます。

 

その反対に、仕事もできない、トラブルは一番先に逃げ出して人任せ、そんな男性を女性が恋愛対象に入れることはありません。

 

また、仕事の愚痴や、人の悪口を言う男性は、女性にとってはいなくてもいい存在です。

ネガティブな考えの男性は、女性の尊敬の対象にはなれずに、嫌われて終わりです。

 

女性が求めている男性は、自分を守ってくれる男性です。

 

それが女性の正直な気持ちですので、その気持を大事にするのが、女性の恋愛対象に入る一番の方法です。

まとめ

彼女いない歴=年齢の男性は、その状態になった原因を見つけて、その原因を改善することで、彼女いない歴=年齢から抜け出すことができます。

 

あくまでも、その原因を改善する気持ちがなければ、今のままです。

今までの生活を変えることが一番大事になります。

彼女いない歴=年齢の男性の原因

  • 清潔感がない
  • 気配りができない
  • 自分に自信がない
  • 彼氏になれるほど魅力がない
  • 女性に興味がない
  • 自分の話ばかりする
  • 女性の理想が高すぎる
  • プライドが高すぎる
  • 非常識でキレやすい
  • 女性に不信感を持っている

女性が「ドキドキして」男性を好きになるとき

  • 男らしくて頼りになるとき
  • 思いやりが感じられたとき
  • 女性が苦手なことをサラッとできるとき
  • 尊敬できる男性と感じたとき

 

彼女いない歴=年齢から抜け出すのは簡単ではありません。

しかし、その気になって行動を起こさなければ、いつまでたっても同じ状態が続きます。

 

今の状態 から抜け出すために、一歩を踏み出す勇気を出しましょう。

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。