女性との会話!心に迫る気持ちの伝え方7選

 

いつも当ブログにお越しいただきまして、ありがとうございます。 ブログ管理人のソレイユです。

 

あなたは、女性との会話で、女性の心に迫る気持ちの伝え方が知りたいと思いませんか?

女性との会話を上手く出来ていないと感じている男性も多くいます。

 

付き合い始めは、そんな会話ができないのが普通ですが、ある程度の付き合いができた後でも、うまくいかないと悩んでいるんですね。

 

そんなときは、自分のことが先になっていて、女性の気持ちを考えていないことが多いのです。

 

女性との仲を上手く進めるためには、女性の気持ちに沿って考えることが大事です。

 

女性との会話で一番大事なことは、自分の話ばかりをしないで、女性に楽しく話をさせるようにすることです。

 

会話の最中も女性の目を見て、沈黙の中でも女性の目を見て無言の会話をすることも大事です。

スポンサーリンク

女性との会話

目を見て話す

好き合っている二人は、目で会話することができます。恋をしている二人は、お互いに相手のことをもっとよく知りたいと考えています。

 

お互いに好意を持ってデートを初めたときに、二人の心をもっと近付けようと思ったら、一緒にいる機会を増やしたり一緒に過ごす時間を多くしても不十分です。

 

そんなときにできるだけ、女性の目を見る時間を作るべきなのです。

一緒にいる時間も、量より質を考えることが必要です。

 

愉快に楽しめる時間も大切ですが、時には会話を控えて静かに目と目を見つめ合う時間を作りましょう。

 

この時間を多くすると、2人の息が自然に合うようになってきます。

 

このような時間を持つために、意識的に会話のない時間を作ってみる。

 

身振り手振りもなしで、目だけでコミニュケーションを取って、心と心を合わせようとしてみることで、二人の心が近づいてくることがわかります。

 

このことで、知らず知らずのうちに、お互いの気持が一つになるスピードが早くなります。

真剣に自分の気持を伝えようとし、集中して女性の気持ちを知ろうとすることが大事です。

告白は小声で伝える

女性に自分の気持を伝えるときは、緊張するものです。

自分の気持をわかってもらえるのか、思いっきり断られてしまうのか、どちらにしろ当たって砕けろはいけません。

 

モテる男の愛の告白は、そんな行き当たりばったりは絶対にしません。

告白するときは、自分の気持に沿った了解の言葉をもらうときです。

 

その時に一番大事になるのがタイミングです。

 

お互いの気持を少しずつ近づけていって、女性にも十分な心の準備ができた時を狙う。

二人の気持ちの高まりを観察して、上手に調整していく。

 

お互いの気持を少しずつ盛り上げていって、機の熟すのを待ちます。

そして、頂点に来たと確認したら、その機会を逃さず告白をしています。

 

告白の場所も、平凡な場所は選ばず、2人にとって印象的な場所を選ぶなど、独特の雰囲気を作ろうとします。

特別に静かな場所で、女性の目をじっと見てとか、目の前に広がる水平線を見ながらとか、落ち着いた場所を選びます。

 

そのような大自然の中での告白は、女性の気持ちに刺さって、答えは「いいわ」になるはずです。

告白の時の声は、小さい声のほうが効果的です。

小さい声の告白は、女性を神経を集中して聞こうとする気持ちにさせます。

 

一言も聞き漏らさないようにするときには、小声でいったほうが効果的だということです。

 

愛の言葉は「ささやく」ものと言われる所以です。

女性が聞こえなかったからもう一度言ってほしいと言うかもしれない。

そんなときは何度でも言ってあげるのがいいでしょう。

愛情は口に出さないと伝わらない

我々日本人は、愛情を言葉に出して言うのが苦手です。

欧米人のように、ハグしたり、愛してるよと言葉をかけるということは殆どありません。

 

「愛してるなんて恥ずかしくて言えないよ、態度で示せばいいだろ」という男性が大半でしょう。

 

しかし、女性は「愛してるよ」「好きだよ」という言葉を言ってもらいたいと考えているのです。

 

心が通じ合っているのだから言葉で確認することはないだろうと思っても、心がうつろになっていることもあります。

 

口に出して「愛してるよ」「好きだよ」という言葉で、心の中を確認することは非常に大事なことです。

女性にとって「愛してるよ」「好きだよ」と言われることは、安心できるし嬉しくもなります。

 

愛の言葉を何時も言われていると、女性の印象に残るので、二人の絆が強くなるのです。

 

何かのときに愛情を強く感じたら、はっきり口に出して愛情を表現すること。

その言葉が女性の心に伝わると、強く反応することになります。

二人の愛情の絆が確認されるのと同時に、強化されることになります。

スポンサーリンク

洒落た表現はいらない

人を信じる時、その人の言葉だけで判断してはいけないと言われます。

その人の言葉が、必ずしもその人の心の中を語っているとは言えないからです。

しかし言葉は重要度が高く、絶大な効果があることも事実です。

 

言葉の影響力を考えた時、お互いに誠意を持った対応が必要になります。

 

言ってみると、言葉は心を表現するのに最適な手段であり、心は自然に言葉に現れます。

ただ女性の関心を買おうとしている言葉は力強さがありません。

 

自分の思いを素直に表現する言葉は、女性の気持ちにしみ込んで気持ちが通じて、感動させることもできるのです。

 

はたで聞くとごく平凡な言葉でも、2人に関係のある言葉は、その時の二人だけの言葉になります。

人に聞いたり、本で読んだりした洒落た言葉でも、そのような借り物の言葉を使うことは、二人の雰囲気を壊す効果しかありません。

 

その場で直感的に自分の心から出た言葉こそ、女性の心をつかむ言葉なのです。

平凡な、心の中から出た言葉こそが女性への「殺し文句」になります。

短い言葉が心に響く

メールでもLineでも、好きだという気持ちを伝えるときは、短い言葉が女性の心に届きます。

自分のこととか、周りのことを長々と書くことは、女性に読む気持ちをなくさせる一番の理由です。

 

自分の気持が詰まった短い言葉が、気持ちをストレートに伝えることができるのです。

 

静かにしんみりと訴えかけるアプローチで、自分の気持を素直に表現すること。

その言葉に、追加の言葉を少し付け加える程度で済ませる。

 

女性が、内容をはっきり覚えておくことができるくらいに、簡潔で印象的な内容にすることです。

 

その参考になるのが広告のキャッチフレーズです。

広告のコピーライティングの手法は、結構参考になるでしょう。

 

女性の心に働きかけ、女性の気持ちに訴えかける手法は、広告も愛の言葉も変わりありません。

モテ男に学ぶ

モテ男と言われる男性は、魅力的な女性を見つけるとすぐに近づき歓心を買おうと一生懸命になります。

 

その結果として、彼女が途切れないのが普通です。

遊び人と思われていますが、実際には人一倍努力を重ねているのです。

 

見つけた女性に徹底したサービスをして、女性の気持ちを自分の方に向けようと、全て女性の身になって考えます。

 

女性の好みをすばやく見つけ、女性の好きな食べものや飲み物を要領よく勧めます。

女性の好きな「お姫様」扱いをさり気なくできるのもこの手の男性です。

 

プレゼントも、女性が気に入りそうな品を見つけて贈ります。

自分の能力を全開にして、女性に関する全ての情報を集め、女性に余り考える時間を与えないスピードで働きかけるのです。

 

押したり引いたり手を変え品を変えて、自分の思いを聞いてもらおうと努力しています。

このような熱心さは大いに参考にして、自分の中に取り入れていくことも有効なやり方です。

 

相手の女性のことを第一に考えて行動する、これがモテ男になる秘訣です。

気持ちを正確に伝える言葉

デートで楽しい時間を過ごした後は、満足感が身体中に広がっています。

デートの最中は、感じることができなかった充足感を、終わった後でしみじみと感じることができます。

 

楽しさを実感するのは、デートの最中ではなく、終わった後で感じるものです。

 

家に帰って今日のデートを思い出す時、幸せな気持ちが自分を包んでいるのを感じるでしょう。

自分が感じている気持ちを女性も感じているの違いないと思うと、それを確かめたいと思います。

 

その時はメールで、デートでの楽しかったこと、面白かったこと、びっくりしたこと、感心したことなどを書いていきます。

でも、ダラダラと書くことは興ざめになります。簡潔に、感情は行間にただよわせるくらいの文章でちょうどいい。

 

別れる時の周囲の状態の描写に始まり、その時の自分の気持を書いて、その後でデートの内容に触れるのがベストです。

 

自分の幸せな気持ちを伝え、そのような気持ちにさせてくれた女性に感謝の気持ちを伝えること。

そんなときは、愛してるという言葉を使わなくても、強い愛の気持ちを女性に伝えることができるのです。

まとめ

今回の話はいかがでしたか?

 

女性との会話は、女性を中心に考えた会話が、二人の仲を長続きさせることができる会話です。

 

時には会話を控えて静かに目と目を見つめ合う時間を作りましょう。

この時間を多くすると、2人の息が自然に合うようになってきます。

 

女性は「愛してるよ」「好きだよ」という言葉を言ってもらいたいといつも思っています。

男性はこのような言葉が苦手ですが、少しでも女性の気持ちを近づけたいと思ったら、無理してでも言うことです。

 

「愛してるよ」「好きだよ」と言うだけで、女性の顔が笑顔に変わります。

自分の思いを素直に表現する言葉を伝えるだけで、女性に気持ちが通じて二人の仲が強くなります。

 

女性との会話では、

・目を見て話す

・告白は小声で伝える

・愛情は口に出さないと伝わらない

・洒落た表現はいらない

・短い言葉が心に響く

・モテ男に学ぶ

・気持ちを正確に伝える言葉

 

女性と長く付き合うためには、女性の気持ちを第一に考えることが大事です。

 

それが、二人の仲を深める秘訣ですから。

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。