女性の好意のサイン!素敵な彼女とラブラブになるには

 

いつも当ブログにお越しいただきまして、ありがとうございます。

ブログ管理人のソレイユです。

 

女性の好意のサインは、気をつけて観察しなければ気が付かないくらいの小さなものです。

気になる女性があなたに好意を持っているかどうか知ることができれば、アプローチにかける時間も少なくて済みますよね。

 

女性は好意を持ったあなたに対して、自分の気持ちがバレてしまう事に、恐れや恥ずかしさを感じます。

好きな気持ちがあなたにバレてしまうと、恥ずかしくて普通に接することができなくなってしまうと思うのですね。

 

そんなときに好きなのに避けてしまう、好き避けが起きてしまうのです。

しかしそのときの気持ちは、女性の行動や態度、しぐさ、会話などに現れます。

 

女性の心理をよく理解し、女性の好意の気持ちを読み取ることが、これからの二人の交際につなげるポイントとなります。

 

今回は、女性の好意のサインを紹介します。

スポンサーリンク

目次

女性の好意のサイン

女性の好意のサインその1 よく話しかける

女性が好意のあるあなたに示す行動は、なんでもないことでも話しかけることです。

女性が男性にかけるアプローチとしては、とても一般的なものです。

 

たとえば、仕事などでは誰に聞いてもわかることなのに、あえて好意のあるあなたに聞きにいく。

誰に聞いてもわかることなのに、あえて行好意のあるあなたに聞くという行為が、女性からすれば好意のあるあなたに対する好意のサインになっているのですね。

 

特に話題があるわけでもないのに話しかけてきたりなど、理由がなくても話そうとしているときは、間違いなく女性から好意を持たれていると考えてもいいでしょう。

 

女性は、好きな人や興味がある人に対しては、何でもいいから話をしたいと思うものです

好意を持ったあなたのことをもっと知りたい、よく話しかける心理はこのようなものであって、興味のない男性に対してそんな態度をとることはありません。

あなたは、そんな女性の気持ちをわかる努力をして、好意を持たれるていると判断できるようにすることです。

女性の好意のサインその2 女性の方から誘ってくれる

男性でも女性でも、まったく興味のない異性に対して、自分から誘うことはまずありません。

「今夜飲みに行かない?」など、女性のほうから誘ってくれる場合は、あなたに対して好意があるというサインです。

 

女性のほうから誘うという行動は、とても勇気が必要な行動です。

女性のほうから誘うという事自体、とてもハードルが高いものですからね。

断られてしまう可能性も考えて、そのリスクを冒してでも、あなたとの距離を縮めたいと考えています。

 

その日、あなたに予定が入っていた場合「ごめん、今夜は残業だから」と断ってしまわずに「明日は空いてるけどどうだい?」と、逆に提案するといいですね。

そのようにすることで、勇気を出して誘ってくれた女性を落胆させることがなくなります。

女性の好意のサインその3 身だしなみに気を使う

女性は、好意を持ったあなたに自分のことをよく見てもらいたいと思っています。

女性が好意を持ったあなたに対して、服装や髪型、化粧などの身だしなみに今まで以上に気を使うようになります。

 

それは、周りから見てもすぐにわかるほど、キレイになり生き生きとしてきます。

身だしなみを整えたり、化粧が変わったり、変化がある女性は、好きな人ができた証拠です。

 

女性は、自分のことを見てほしい、可愛いと思われたいなど、好意を持ったあなたの目を常に意識して努力しています。

そして、容姿を褒められる事を期待しているのです。

あなた好みの服装や髪型に変化をしたら、あなたに好意を持っているのかもしれませんね。

女性の好意のサインその4 趣味に興味を持つ

女性は好意を持ったあなたと一緒の時間を過ごそうと、あなたの趣味を好きになろうとします。

あなたの趣味に合わせて、今まで見たことのないジャンルのドラマや映画を見ようとすることもあるでしょう。

まったく興味のなかったスポーツを覚えたりするような行動が見られた場合も、それはあなたに対する好意のサインです。

 

女性は、好意をもった男性と一緒に行動できる期間を持つことが、二人のためになることと理解しています。

自分が相手に合わせるだけで、共通の話題も増えるし、いっきに距離が近くなったと感じることができるからです。

 

あなたも、そんな健気にあなたの趣味に合わそうとしている女性の気持ちを、しっかり掴んであげることで二人の仲はぐっと近くなります。

女性の好意のサインその5 ボデイタッチが増える

ボディタッチは、女性が好意のある男性に対する行動としてはもっとも直接なものになります。

女性からボディタッチを受けて嫌がる男性はまずいません。

ボディタッチというのは女性にとっては強力な武器なのですね。

 

使う女性も、好意のある男性に対してボディタッチで自分の気持ちを伝えようとするのです。

ボディタッチを行うには、お互いかなり接近した距離になる必要がありますが、そのように近づいてボディタッチができるということは女性が男性に心を許している状態と考えられます。

 

男性を警戒していたり、心を許していない時には、女性は男性とは一定の距離を保つものです。

かなり親しくなって気心が知れるようになると、そうした距離も近づいてボディタッチをするようになるのですね。

女性がボデイタッチするようになるというのは、それだけ相手に心を許した証拠と言えます。

スポンサーリンク

女性の好意を示す態度

女性の好意を示す態度その1 笑顔が多い

女性は好意のある男性に対して笑顔を見せることが多いです。

女性は、明るい笑顔というのが一番かわいく見えるものだと知っているのですね。

 

そのため、好意がある男性の前ではとびきりの笑顔で接することが多く、その笑顔で自分の好意を伝えようとしているのです。

女性は笑顔が男性に効果的なことを知った上で、自分には興味がないと考えるような男性にでも、笑顔を振りまきます。

 

その興味のない男性が、好かれてる?と勘違いしてしまうこともあるほどです。

女性は好意のある男性にはとびきりの笑顔で接しますが、本物の笑顔と愛想笑いなどの偽物の笑顔を見極めるのは難しいです。

自分への笑顔が本物かどうかは、笑顔以外の女性の態度で判断することができるでしょう。

女性の好意を示す態度その2 距離が近い

 

人は自分と他人の距離を無意識に図っています。

この距離をパーソナルスペースと言って、言ってみれば自分の縄張りのことです。

 

混んでいる電車やエレベーターなど、自分のすぐ近くに他人がいることに不快を感じる、あの感覚です。

逆に、好意をもっている相手に対しては、より近くにいたいという心理が働きます。

 

飲み会などで、わざわざあなたの隣の席に座って、体を寄せてきたりするのはあなたに対する好意のサインといえます。

女性が男性に近づく一番大きな理由は、好意を持っているからです。

好きな人のそばにいたい、体に触りたいと思うのは、恋をしている女性にはごく自然な気持ちです。

 

相手のパーソナルスペースに入りたいという思いは、逆に言えば自分のパーソナルスペースに入ってもいいというサインでもあります。

男性に対して距離が近いのは、親密な関係になりたいという女性の心理の現れです。

女性の好意を示す態度その3 声のトーンが高い

女性は好意を持った男性と話をするときは、声のトーンが高くなることが知られています。

女性の高いトーンの声が、男性に好かれる声だとわかっているからです。

あなたの前で声のトーンが上がる場合は、あなたに対して好意を持っているサインです。

 

あなたと話ができることが嬉しいと思って、声のトーンが高くなってしまうのです。

男性の前で声のトーンが上がるのは、男性に対し自分を良く見せたいという心理が働いています。

 

声のトーンが上がるのは、好意を持った男性と話をするときだけで、嫌いな人や生理的に受付ない人の前では、声のトーンが高くなることはありません。

女性の好意を示す態度その4 真正面から話しをする

立ち話をしている時、女性の体はどこに向いてますか?

あなたの、真正面に向けて話しているのなら、女性はあなたに好意を持っています。

逆に、あなたの真横や斜め横、顔だけ向けて話しているときは、あなたに興味がない証拠です。

 

女性が好意を持った男性と話をするときは、弾けんばかりの笑顔で男性の真正面を見て話をしてきます。

女性の目には、好意を持った男性の顔しか写っていないくらい、夢中になって話をします。

女性が好意を持った男性と話をするときは、他のことを考えていませんから男性の顔をじっと見ながら話をするのです。

女性の好意を示す態度その5 話をよく聞いてくれる

男性はどちらかといえば無口で口下手なタイプが多いですが、 別にお喋りそのものが嫌いなわけではありません。

自分の趣味や、何人かで議論をする時は自分の意見をはっきり言って、女性以上に熱く喋ることも結構あるのです。

 

そんな男性の話を「うんうん」と相槌を打ちながら真剣に聞いてくれる女性は、その男性に好意を持っています。

相槌をしっかりうって、真剣に聞いているということをアピールしているのがわかるでしょう。

 

男性は面白い話をするのが苦手なので、自分の話でよく笑ってくれる女性がいたら嬉しいですよね。

そして会話をしている時、目を見て優しく微笑んでくれる女性を男性は求めているのです。

女性の好意を示すしぐさ

女性の好意を示すしぐさその1 髪を触る

髪が綺麗な女性は、昔から美人と言われています。

そんな女性の象徴である髪を触るのは、好意のある男性の前で女性として常に美しくありたい、という心理が働いているからです。

 

女性は好きな人の前では自分に自信がなくとても緊張しています。

無意識に髪を触ることで、自分を落ち着かせよう、リラックスさせようとしているのです。

好意のある男性を前にして髪を触っているときは、自分をリラックスさせて緊張を隠そうとしています。

 

好意を持った男性の前で女性が髪を触る心理の一つとして、好意を持っていることを気づいてほしくて髪を触ることもあります。

女性は自分の言葉では表現したくないと思っているので、男性に自分の気持ちを気づいて欲しいという考えから髪を触ってしまうのです。

女性の好意を示すしぐさその2 リアクションが大きい

 

好意を持った男性と話をしているときの女性は、リアクションが大きい事がよくあります。

それは無意識に現れる好意のサインです。

 

相手の話には首を上下に振るだけでなく「うんうん」と声にだして相槌を打ちます。

大げさに驚いて見せたり、相手の言う冗談にもよく笑います。

 

あなたと話をしている時にリアクションが大きければ、あなたに好意を持っている可能性が高いです。

好意を持った男性の話にリアクションが大きくなるのは、私は貴方に興味がありますという気持ちの現れです。

 

リアクションが大きくなるのは、自分の話をしっかり相手に伝えたいからで、男性ともっと仲良くなりたいという気持ちからです。

女性の好意を示すしぐさその3 恥ずかしがる

女性は好意を持っている男性に対して、笑うことさえもちょっと恥ずかしく感じることがあります。

その女性のことを好意をもった男性から褒められたときは、心から嬉しそうな顔になってしまいます。

そして、それを知られまいとして、モジモジしながら、恥ずかしそうに笑うのです。

 

女性が、あなたと会話をするときに、恥ずかしそうにしている場合は、好意を持たれています。

女性は好意をもった男性の前だと、恥ずかしかったり、照れたりと、顔をあからめることがあります。

顔が火照っているのを感じ、頬に手をあてるしぐさも見られます。

女性の好意を示す会話

女性の好意を示す会話その1 褒めてくれる

女性は好意を持った男性をとても良く観察して、男性の良いところを褒めます。

褒めるということは、男性に尊敬や好意をもっているという証明です。

 

どうして自分を褒めてくれる女性に魅力や好意を感じるのかというと、人間は誰でも肯定されたいという気持ちがあるからです。

 

さらに女性にとっては好意を持った男性の素敵な所、良いところを知りたいから教えてほしいというアピールでもあるのです。

女性が好意を持った男性を褒めることは、男性にもっとステキな男性になってほしいという願いも含まれています。

女性の好意を示す会話その2 質問が多い

女性が好意のある男性に送るサインは、質問が多いことです。

自分も誰か気になる人や好きな人がいるときは、その人のことを今よりももっと知りたいと思いますよね。

 

女性も好意を持った男性には、話しかけたりできるだけ側にいようとします。

男性のことを知りたいという気持ちから、質問が多くなってしまうのです。

 

男性もたくさん質問されれば、この子は自分に興味があるのかな、と感じます。

質問が多くなるということは、女性が好意を伝える手段としては非常に効果的だといえます。

個人的な質問が多いのであれば、それは確実に女性からの好意のサインだと受け取っていいでしょう。

女性の好意を示す会話その3 同調してくれる

好意を持った男性の話に同調するのも、女性が会話で見せる好意のサインです。

男性はどちらかというとプライドが高めで、自分と反対の意見を持つ女性より、自分の意見に同調してくれる女性を好む傾向があります。

 

多くの女性は男性の自尊心について理解しているものです。

だから好意を持った男性の話に、同調してくれるのです。

毎回あなたの話に同調してくれる女性は、あなたに好意を持っていると考えられるので、期待してもいいですね。

女性の好意を示す会話その4 彼氏がいないと言ってくる

彼氏がいないと言ってくるのは、女性自らが彼女候補として立候補するときに取る言葉です。

好きな相手に対してでなければ、このようなことを言う事はありません。

 

彼氏がいないということを意中の男性に伝え、彼女候補は私ですよとアピールしているのです。

誠実で一途な女性は、一人の男性に対してだけ好意を伝えます。

 

このような態度をとる女性は、遠まわしにアピールするのではなく、ストレートに気持ちを伝えているのです。

もし女性と二人っきりのときに、彼氏がいないのでほしいと言われたら、好意のサインです。

見極めが難しい好意のサイン

見極めが難しい好意のサインその1 会話

視線と笑顔に注目

見極めが難しい好意のサインは、会話をしている最中の女性の目線と笑顔です。

会話中にあなたの顔を見るときに、笑顔でじっと見つめてくるようなら、好意のサインです。

 

女性は好意を持った男性と会話しているときは、必ず笑顔で男性に視線を向けるのが普通だからです。

しかし、恥ずかしがって男性の顔を見られない女性がいるのも確かです。

 

その時は、会話の最中に恥ずかしそうに視線を外したり、また男性の顔に視線を戻したり、チラチラと視線が変わるときも、好意のサインということができます。

 

笑顔については、心からの笑顔が好意のサインです。

女性は男性よりも感情が豊かで、表情で感情を作り出すこともとても得意です。

 

そのため、心からの笑顔であなたの話に熱心に聞いてくれるときは、好意のサインと考えてもいいでしょう。

その逆に、無愛想で、面白くなさそうな表情のときは好意を持たれてはいません。

質問される

好きな男性のことはどんなことでも知りたいと思うのが女性の気持ちです。

好きな食べ物とか、趣味とか、休日何してるとか、交友関係とか、何でも知りたいと思っているのです。

 

質問するということは、その男性が好きということなので、質問が多いときは好意があると思っていいでしょう。

その質問の中でも、好みの女性のタイプを聞いてきたときは、間違いなく好意のサインです。

 

また、質問されたら逆に質問で返してあげると、会話が弾んでお互いの距離がグッと近づきます。

質問を利用して、2人の仲をもっと近づけることを意識するのも大事なことです。

見極めが難しい好意のサインその2 行動

何度も目が合う

何度も目が合う女性の心理は、あなたに対して何かしらの興味を持っています。

女性の性格は、男性より恥ずかしがりやです。

ですから女性は、見ているのがバレたらどうしよう、恥ずかしいという気持ちがあり、こっそり見つからないように男性を見ます。

 

1度だけではなく何度も目が合うのは、目線であなたに好意を気付いて欲しいと思っているのです。

実はこのタイプが一番好意がある可能性が高いです。

 

また、目が合って慌ててそらすということは、あなたに見とれていた可能性が高いです。

恥ずかしくなって、慌てて視線をそらす行為も、好意のサインです。

ボディタッチされる

行動の中で最も分かりやすいと言われている好意のサインが、ボディタッチです。

そのボデイタッチで好意のサインを見つける方法は、

 

・さりげなく二の腕をタッチしたり腕を組んでくる。

・肩に手を乗せたり、肩をぶつけてきたりする。

 

この2つの状態のときは好意がある可能性が大です。

肩や二の腕のような上半身ではなく、お腹や下半身にボディタッチされるような場合は要注意です。

満更でもないと思う男性もいるかもしれませんが、恋愛の好意のサインとして見ることはできません。

まとめ

今回の話はいかがでしたか?

女性の好意を示す行動は、わかりにくいことが多いですが、女性の様子をよく見ていればわかることが多いです。

女性が好意を持ってくれていることがわかれば、アプローチのかけ方も楽になります。

 

自分の近くにいつもいる女性が、好意を持ってくれているのかもしれません。

その近くにいる女性をよく観察してみることから始めるのがいいでしょう。

 

女性の好意を示す行動は、

  • よく話しかける
  • 女性の方から誘ってくれる
  • 身だしなみに気を使う
  • 趣味に興味を持つ
  • ボデイタッチが増える
  • 笑顔が多い
  • 距離が近い
  • 声のトーンが高い
  • 真正面から話しをする
  • 話をよく聞いてくれる
  • 髪を触る
  • リアクションが大きい
  • 恥ずかしがる
  • 褒めてくれる
  • 質問が多い
  • 同調してくれる
  • 彼氏がいないと言ってくる

女性の好意のサインはあらゆる場面で表れます。

しかし、好意のサインと女性がよく使う社交辞令はよく似ていて、見極めることが難しいものです。

 

女性のことが好きで女性の好意を知りたいなら、あなたから動くことが必要です。

好きな女性からのアプローチを待つだけではなく、自分から女性にアプローチを掛ける勇気を持ってください。

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。