Lineのテクニックで女性を簡単にその気にさせる7つの秘訣

 

いつも当ブログにお越しいただきまして、ありがとうございます。

 

あなたも、Lineで女性と連絡を取り合っていることでしょう。

そのLineを使ったテクニックで、女性の気持ちを惹きつけることができると嬉しくないですか?

 

もともと、女性の話をよく聞いて共感できる男は、間違いなくモテます。

Lineでも、同じように女性と共感して、関係を深めることができるのです。

 

Lineで他愛のない雑談をすることから会話を進めるのが、話を聞いてほしいという女性の気持ちにピッタリ。

雑談は女性に、居心地のよい会話の場所を作ってあげることができるのです。

もともとLineは、短文のやり取りでコミニュケーションを図るためのアイテムなので、長文はやめましょう。

大事なことは、お互いに負担の感じないコミニュケーションの手段としてLineを上手に利用することです。

 

今回は、女性の気持ちに響くLineの使い方を紹介します。

スポンサーリンク

女性をその気にさせるLine

女性をその気にさせるLine1 Lineはマメに

マメな男とは、どの様な男と思いますか?

・Lineの返信が早い。

・Lineなどの連絡を毎日欠かさない。

・彼女のことはよく覚えている。

このような男が、マメだと言われるのですね。

確かにマメで、女性にモテている男もいます。

 

マメにしていてもモテない男がいることも 事実で、この違いは一体どこから来てるのでしょう。

マメにしてかえって嫌われた、この様な話は恋愛に不慣れな男によく聞かれる話です。

 

優しい男が好き、この女性の言葉を鵜呑みにして優しいだけの格下男と思われて嫌われてしまった、これと一緒のことなのです。

それは、女性がその男に好意を持っているかどうかで決まります。

 

あなたも、好きでもない女性から、一日何本もLineが送られてきたら楽しいですか?違いますよね。

そう、ただマメにしただけで、好かれる男になれることは 女性に好意を持ってもらわない限りなれません。

 

女性にとって、好きでもない男からのLineは、 ごく普通に面倒くさいし「ウザイ」だけです。

マメな男が好かれるというのは、女性が好意をもっている男が相手の場合が前提条件なのですね。 

 

「好きでもない男に、マメにされるのはイヤ」

「好意を持った男には、マメにしてほしい」

 

これが女性の本音です。女性は、男に好意を覚えるまで時間がかかります。

このタイミングを考えずに、マメにしても好かれません。

女性が、この人といると楽しいな、と思い始めてからマメに連絡を取り始めることが一番有効な方法です。

女性をその気にさせるLine2 Lineは返信しやすい内容で

Lineで、質問の連発をしていませんか?

相手のことが知りたければ質問すればいいという考え方は、当たり前でごく自然なことですが、女性への質問ばかりのメーッセージはNGです。

 

知り合ったばかりの男から、立て続けに自分のプライベートな事についての質問のLineのメッセージが来たら、女性は引いてしまいます。

何気ない話題から話を進めて、その中に一つ位の軽い質問から始めましょう。 

 

一度、楽しいやり取りが出来ると、ついついLineの 回数を上げたくなりますが、その会話が続くとは限りませんから、しつこくしないことが大事です。

特に、返信が遅い時に「何で返事くれないの」など 催促のメッセージを送ると、必ず嫌われます。

 

女性とのLineのやり取りの基本は、女性の気持ちを第一に考えて、女性のスタンスに合わせるという事。

文字だけのLineで、自分の気持ちを伝えることは難しいことですが、会話することよりも素直な やり取りが出来る場合も多くあります。

女性をその気にさせるLine3 Lineの返信のタイミング

スマホの画面と首っ引きで、メッセージが来てすぐに返信することが多い時は注意が必要です。

あまりに返信が早いと「この人暇ね」と思われて自分とは合わないと判断されることがあるからです。 

 

返信のタイミングは、女性の返信の時間と同じ位の時間が経ってから返信するのがベストな方法。

 相手の女性に、気持ちがいっていて返信が来ないことにイライラして、余裕を無くさないようにしましょう。

 

女性からの返信が待ち遠しいこともあるでしょう。

しかし、催促のメッセージや、電話での話は我慢することです。

全く返信がない時は、正直脈が無いでしょう。

 

一週間くらい間を空けて、普通に「おはよう」と挨拶文を送ってみると、返信があるかもしれません。

この場合、前回の返信のなかったことを責めるような内容のメッセージにしないことです。

そのようなやり取りから、もとに戻ることもあります。

スポンサーリンク

女性をその気にさせるLine4 Lineのスタンプは適度に

 絵文字が多いLineを受け取った女性は、その男性を「チャラい男」と判断することは知られています。

チャラいだけの男と判断されると最悪 女性との連絡が取れなくなる事も。 

 

はっきり言って、顔文字やスタンプを多く使ったLineは女々しい感じがして、それが女性を引かせるのです。

30代の男のLineの顔文字やスタンプの使い過ぎは「キモい」と判断されて敬遠されます。

 

女性が求めている男は、逞しく、自信と余裕に 溢れた肉食系の自分をグイグイ引っ張ってくれる男です。

ただ優しいだけ、マメなだけの男ではありませんし、Lineにもその傾向を求めています。

絵文字やスタンプを多用したLineを受け取ると男らしくなくて気持ち悪いと感じてしまうのです。

 

女性にウケるLineは、シンプルオブベスト。

間違っても、顔文字やスタンプだらけのメッセージを送らないようにしましょう。

女性をその気にさせるLine5 Lineの時間帯

Lineの時間を決めることは大切です。

電話と違って、いつでも送れるLineだからこその送る時間のエチケットが重視されるのです。

時間帯によっては、女性からの返信が来なかったり 次のデートの相談話まで止まってしまうので気をつけましょう。

 

大事なことは、女性のLineを受けてもいい時間帯を見つけて、その時間帯を守ることです。 

一番Lineを送ってもいい時間帯は、女性が休みで 暇そうにしている時間帯ということになります。

 

女性の状況を理解して、女性の都合に合わせて Lineを送ることが原則で、続けるための秘訣です。

典型的な例を挙げると、女性が事務職で8時から17時までの勤務の場合は

・通勤時の朝7時から8時頃

・昼休みの12時頃

・仕事が終わる17時から夜まで。

夜は、女性の生活ペースに合わせて、あまり遅くならないようにする事がBESTです。

女性をその気にさせるLine6 Lineの話の終わりは女性にする

好きな女性とLineは、少しでも多くやり取りをしたいと思うのは自然なことです。

しかし、女性に好かれたいと思うのなら「話の終わりを女性にする」というLineのテクニックを使いましょう。

 

女性の気持ちの中に、自分の存在を残すためのLineのテクニックが、話の終わりを女性にすることです。

Lineの会話で、なんの印象も残らないやり取りでは、女性の気持ちを惹きつけることはできません。 

 

例えば女性が「おやすみ」と言ってきた時「おやすみ」と返さないということです。

返信しなくてもいいような会話の最後のフレーズで、あえて返信しないで、できるだけ相手の言葉で会話が終わるようにします。

 

会話を女性の言葉で終わらせると、女性の気持ちの中に、あなたの存在がなんとなく記憶されるのです。

返信しないで、女性の気持ちに余韻を残すのが、モテる男のLineのテクニックなんですね。

女性をその気にさせるLine7 Lineで大事な話はしない

最近ではLineで告白をして付き合い始めるというカップルは増えているようです。

大事な話をLineでしてしまう人もいますが「Lineで大事な話をしない」というテクニックもあります。

 

最近のLineで大事な告白などをしてしまう男性もいるようですが、大事な話をLineでしてしまうことは、女性の気持ちに軽い男と認識されかねません。 

Lineは気軽なコミニュケーションツールで、ごく普通の雑談などに使うのがメインのツールです。

 

Lineで深刻な話になりそうになったら「直接話したいから、今度ゆっくり会って話そう」とLineでの会話をやめます。

そうすると女性は「この人は大切な話を直接話したいタイプなんだ」と感じて、よい印象を与えることができるのです。

脈アリLineの判断ポイントアンケート

その1:好きな人からLineが来るのは「脈あり」と判断してOK!

Q. 好きな人には自分からLineを送りますか?

Q. 好きな人へのLineの返信を、あえて放置することはありますか?

Q. 好きな人へスタンプのみのLineで返信することはありますか?

Q. 好きな人へのLineは長文で送りますか? 短文で送りますか?

引用:マイナビウーマン   https://woman.mynavi.jp/article/160620-41/

まとめ

今回の話はいかがでしたか?

 

女性が好きなスタンプ・顔文字・言い回しを使うのが、女性に好かれるLineのテクニックです。

女性が好んで使うスタンプを、Lineの中に時々入れてみましょう。

「あ、私と同じスタンプ」とふとした瞬間に気がつくくらいに入れるのがちょうどいいです。

 

スタンプと同じように、女性がよく使う顔文字や言い回しも真似ると、女性に話しやすい人と判断されて、好感を持たれます。

 

いつも、感情を入れない平凡な文章で送っていると、女性の気持ちに刺さるLineとは言えません。

簡素な文面だけだと「本当に私と同じように思ってるのかな?」と考えられてしまいます。

 

Lineの文面では少し大げさなくらい感情表現するのがモテるテクニックです。

Lineのテクニックで、女性をその気にさせるためには、

・Lineはマメに

・Lineは返信しやすい内容で

・Lineの返信のタイミング

・Lineのスタンプは適度に

・LIneの時間帯

・Lineの話の終わりは女性にする

・Lineで大事な話はしない

これらのテクニックを使うことで、女性とのLineの交信が楽しくできるようになります。

Lineも女性の気持ちを考えて、女性の嫌う事をやらないこと。

Lineも上手く使うと、楽しい連絡手段になります。

 

彼女を作る方法の一つとして、これからもますます有効な手段として使われるであろうLine。

 あなたも、Lineを上手く使って素敵な彼女を見つけましょう。

 

今回も最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。