マンネリ化したカップルの特徴と別れずに済むためのマンネリ解消法は?

 

付き合い始めのラブラブな関係から、ある程度の期間が経つと、マンネリ化が忍び寄ってきます。

最初の愛し合っていた頃に比べて「最近なんか、ときめかなくなった」と思い始めた。

 

この感じがマンネリ化の始まりです。

マンネリ化を放っておくと、最悪別れてしまうことになりかねません。

 

今回は、マンネリ化したカップルの特徴と別れずに済むためのマンネリ解消法を紹介します。

マンネリ化したカップルの特徴

会話が減る

付き合い始めた頃は、何でも話してくれていたのに、最近は何も話してくれなくなった。

マンネリ化したカップルが、一番最初に感じることです。

気がついたら相手の言うことを上の空で聞いていて、話をするのが無駄と感じられてしまっていることも。

 

この状態が続くと当然のこととして、話をする機会が少なくなっていきます。

今までしっかり聞いていたことが、慣れすぎて相手の話をスルーすることが増えると、当然会話が減っていきます。

相手を大事に思う気持ちがなくなっていることが、会話が減ることにつながっています。

思いやりがなくなる

マンネリ化したカップルは、相手のことを思いやる気持ちがなくなっていることがあります。

お互いに自分の気持ちを優先して、相手の気持を考えなくなる状態です。

付き合いが長くなって、お互いに遠慮がなくなってしまい、相手の気持を考えなくなってしまう。

 

そのために、言葉の行き違いから喧嘩になって、ギスギスした感じが後まで残ってしまいます。

今までの好きだった気持が薄れて、余計に揉めることが多くなります。

勝手な行動が増える

せっかくのデートで二人で会っていても、会話するでもなくお互いに好きなことをしている。

なんのためのデートかわからないのが、マンネリ化したカップルです。

 

よくあるのが、お互いにスマホに夢中になっていること。

二人で会うことが負担に考えられるような状態です。

ただ惰性で、デートしているだけでは、マンネリが余計にひどくなるだけです。

欠点を指摘するようになる

最初は全然気にならなかった相手の欠点が、気になるのもマンネリ化のカップルの特徴です。

ほんの小さいことでも相手の欠点が気になって、その欠点を指摘するようになってしまうのです。

そのような欠点を指摘し始めると、売り言葉に買い言葉で、お互いを非難することになります。

 

慣れからくる一種の甘えの行動ですが、エスカレートしてしまうと、お互いに引っ込みがつかなくなってしまうのです。

その結果が別れることになるのです。

自分磨きをしなくなる

付き合う前はお互いに自分磨きをしてよく見てもらおうと努力します。

しかしある程度付き合いが長くなってマンネリ化が始まると、相手によく見てもらおうとする気がなくなってきます。

 

自分磨きをする気がなくなり、だらしのない自分を平気で相手に見せるようになります。

好きになった相手が、最初の頃のきちんとした格好をしなくなるのを見るのは幻滅です。

人間はすぐに慣れてしまう生き物です。

それがマンネリ化になって、自分磨きをしなくなる理由でもあるのです。

スキンシップが減る

ある程度付き合い期間が長くなると、お互いのことがわかってくるので、スキンシップが減ってきます。

隣りにいるのが当たり前の関係と思っている証拠です。

二人の関係が安定しているとも言えますが、物足りなく思うことも確かです。

 

最初の頃はスキンシップをとることで、好きだという気持を表現していました。

いまはスキンシップをしなくても、わかり合える関係になったと思っているのです。

次第にスキンシップが少なくなってくると、マンネリ化が始まってきたと考えて、対策を考えるときです。

マンネリ化の解消法

初心を思い出す

二人が付き合い始めたときの新鮮で、相手のことを一番に考えていたときの初心を思い出すこと。

出会った頃の話をすることで、ラブラブだった頃の気持ちが蘇って、お互いを見直す気持ちが出てきます。

 

初めて会ったときのドキドキした気持、お互いの印象などを思い出すことが、マンネリ化を防いでくれます。

お互いを好きになったときの気持に帰ることが、とても大事になります。

サプライズをする

サプライズと言えばプレゼント。

プレゼントは記念日や、誕生日などに送るのが普通です。

マンネリ化を防ぐには、記念日や誕生日ではない「なんでもない日」にサプライズでプレゼントを渡すことです。

 

思ってもいない日にもらうプレゼントは、それは嬉しいものです。

そのプレゼントは高価なものでなくても構いません、というより相手の喜ぶことを考えたプレゼント。

気持ちのこもったプレゼントは、マンネリ化を吹き飛ばす効果があります。

旅行に出かける

マンネリを感じたときに効果のある解消法の一つが、旅行に出かけることです。

旅行の計画を練るときの胸のときめき、旅の途中での楽しいコミニュケーション。

 

日常と違った景色や出来事、初めて食べるその土地ならでの食事、旅には様々な刺激があります。

二人での旅行はいろいろな刺激によって、二人の絆が深くなる作用をしてくれます。

マンネリ気味だなと感じたら、思い切って旅行に出かけることが、二人の関係のリフレッシュに効果があります。

二人で楽しめる趣味

今までお互いの趣味にはあまり興味を持っていなくて、気にもしていなかったことでしょう。

マンネリを解消するために、相手の趣味に興味を示して、一緒に楽しむことが効果的です。

自分の趣味に興味を持って一緒に楽しんでくれると、今までと違った姿が見られて、また大事にしようと考え始めます。

 

また今まで興味のなかった相手の趣味が、やってみると意外と面白いなど、新しい発見があります。

共通の楽しみができると、それに向かって二人の気持ちが揃うので、マンネリもなくなっていくでしょう。

感謝の気持を伝える

付き合いが長くなってマンネリ化が始まると、相手に感謝の気持を伝えることが少なくなります。

やってもらって当然といった気持が多くなるので「ありがとう」の言葉が出てきません。

どんな小さなことでも、やってもらったことに対して「ありがとう」の気持ちを伝えることが大事なのです。

 

感謝の気持も、言葉にして伝えなければ、相手の気持に届きません。

好きだという気持も、感謝の気持も、言わなくてもわかるだろうと思うのは、独りよがりに過ぎません。

必ず言葉にして、感謝の気持を伝えることが、マンネリ化の解消につながるのです。

一度距離をおいてみる

いつもなんとなく一緒にいるだけで楽しくないと感じていると、余計マンネリ化が進んでしまいます。

少し会う時間やLineやメールでの連絡も減らしたり、二人の距離を離してみるのも一つの方法です。

 

最初のうちは寂しい気持ちが強くて、会いたいと思うかもしれませんが、そこは我慢です。

連絡も少なく、会う回数も少なくなると、相手の大切さに気がつくでしょう。

一度距離をおいて、二人の関係を冷静になって考えることが、マンネリ解消にもいいようです。

まとめ

今回は、マンネリ化したカップルの特徴と別れずに済むためのマンネリ解消法を紹介しました。

マンネリ化は、相手の気持ちを考えなくなって、自分中心の考えが多くなったときに始まります。

どんなに愛し合っていたカップルでも、長い間同じ相手と一緒にいることで、新鮮な気持ちがなくなった。

このようなマンネリ化は、誰にでもあることです。

 

マンネリ化の兆しが出ているときは、早めに行動しないとよりマンネリ化が進んでしまいます。

早めにマンネリ解消法でマンネリ化を防いで、元の仲になれるようにすることが大事です。