恋愛経験なし30代の男!彼女を作るための方法6つ

 

いつも当ブログにお越しいただきまして、ありがとうございます。 

 

あなたは、恋愛経験がないまま30代に入ってしまって、焦っていませんか?

最近は、恋愛経験が無い30代の男が増えているといったことが、 ネットでもかなり 広く認識されるようになりました。

 

恋愛経験がないと男の場合は、恋愛に有利に作用することはほとんどありません。

だからと言って、恋愛経験があるふりをして彼女を見つけようとしても、女性はその鋭いカンで見抜いてくるので、逆効果です。

 

恋愛経験のない30代の男の無理に背伸びをした態度は、女性を引かせる効果しかありません。

 恋愛経験のない男が彼女を見つけるには、格好をつけず、誠実に女性に向き合うことが重要です。

 

今回は、恋愛経験のない30代の男が、相手の女性を ゲットするための方法を紹介します。 

スポンサーリンク

恋愛経験なし30代の男

恋愛経験なし30代の男1 周りの人に宣言する

とにかく自分で動くことが大事で、友達の力を借りることは、とてもいいことです

友達に頼むことは、かなりの確率で相手を見つける助けになります。

 今まで恋愛をしたことがない30代の男が、相手の女性を 探すことは簡単ではないし、苦労だけで終わることもあります。

 

友人や同僚など周りの人達に「彼女がほしいと」と 宣言して、自分が彼女を探していることを、知らせるのです。

友人からの紹介は、出会いの ダントツ1位をキープしています。

「あいつ、彼女欲しいと言っていたなあ」と、相手の女性を それもあなたにピッタリの 女性を紹介してくれることが多いのです。 

 

友達は、あなたの気性も女性の好みも よく 理解しているので 紹介された女性は、それほど的外れのないのが良いところです。

いろんな出会いの中で、 一番確実で なおかつ失敗のない方法です。

他の出会いを求めていくのと並行して、友人知人のネットワークに あなたの彼女募集を広めて、両方で出会いを広めましょう。

 

友人知人からは、自分たちの近くの女性を、家族や上司は 結婚につながるような 女性を 紹介してくれます。

あなたは、その中から自分好みの女性を 探せるメリットがあります。

恋愛経験なし30代の男2 外見を磨く

恋愛経験のない男は、今まで女っ気がなく過ごしてきて、身だしなみも考えていないことが多いです。

彼女を見つけたければ身だしなみを整えることは必須条件です。

 

モテる男は、たくさんの努力をして、たくさんの失敗をして その結果として 今のモテる男の地位を得ているのです。

その基本にあるのが、外見を磨くことなのです。

 

初対面の女性が、男のどこを 一番気にして見るのかそれは、外見を含めた「清潔感」を見ています。

恋愛経験のない男は、 この辺が分かっていない ことが多く 自分の見た目を 気にすることがなく、変える努力をしません。

頭髪は寝癖がついたまま、爪も伸びたまま、汗臭いなど 自分が、女性と会った時にどう見られるのか気にしない。

 

こんな男が女性に避けられて  恋愛に挫折して元のブサイクな男に 戻るを繰り返すことになるのです。 

最低限の清潔感がなければ  女性に好かれることはありません。

だからと言って、高価なフアッションや  高価な小物を 身につけることは必要ありません。

 

いちばん大事な「清潔感」を出せるように、毎日の生活の中で 少しずつ自分を変える努力を することで、解決できるのですから。

今までの暮らしを変えることになるので、最初は大変ですが 彼女を作るためには必要な事と 割り切って下さい。 

スポンサーリンク

恋愛経験なし30代の男3 出会いを多くする

今まで女性と付き合ってこなかったのは、必要を感じていなかったからでしょうが、彼女を作りたいと思ったら出会いに場所に出かけることが必要です。

 

恋愛経験のない男が、彼女を作りたいと思ったらとにかく行動が必要です。

今まで、彼女を作ることが出来ない原因が 「出会いがない」事ですよね。

 

ただ、出会いがないと言いながら 行動しなければ 女性に会えることが ないのは当たり前です。

すべての出会いは行動することから始まります。

合コン、街コン、各種パーティー、習い事など、出合の場は 結構あリます。

 

有効に利用しないと女性との付き合いも できずに、お金だけがかかって しまうと言った事もあります。 

結局、出会いの場で女性と面と向かって会話ができない、 会話が弾まず、 女性との間に沈黙が漂うばかり。

こんな雰囲気になることが多いのが、恋愛経験のない男で 、いつまでたっても女性に好かれることが出来ない理由です。 

 

わたしも、最初に女性と向き合った時は、話そうと思えば 思うほど言葉が出てこなくて女性に嫌われたものです。

誰でも最初からうまくいく事などありません。

何度も経験して、女性に慣れていくしか無いのです。

 

社会人になってから、出会いの場が少なくなることは確かです。

そんな中でも、自分から積極的に、出会いの場に出かけて 女性慣れして、会話も上達している男がモテるのです。 

 

出会いにも、自分の得手不得手があり それはやってみなければわかりません。

自分にあった出会いの方法を見つけて、会話を勉強して 目の前の女性と爽やかな笑顔で会話ができる事を目指しましょう。

恋愛経験なし30代の男4 こだわりを捨てる

今まで彼女ができない男は、プライドが高かったり、自分の考えをなかなか変えないということもあるようです

恋愛経験のない男が、自分の考えを相手の女性に押し付けることで、余計に女性との縁がないこともあります。

 

こだわりの強い男は、自分のこだわりをけなされたり 否定されると一気に不機嫌に なってしまう傾向があります。

恋愛関係になるという事は、今まで全然違う環境で 育ってきた、男女が関係を築いていくということです。 

 自分の、こだわりや理想を相手に押し付けていい関係を作ろうと思ってもそれは無理です。

 

恋愛関係を築いていくために 一番必要なことは相手の欠点も認めて 受け入れる気持ちが必要と言う事です。 

その気持を持つことが出来なければ、恋愛関係を作る事はできないと考えることです。

 

相手の女性は、自分とは全然違うところで生きてきた生物です。

 相手の考えをすべて飲みこんでやる位の気持ちで関係を築いていくことが、2人の幸せにつながります。 

恋愛経験なし30代の男5 劣等感に負けない

自分の劣等感で、最初から女性にモテることはないと考えて行動しないこともあります。

劣等感のない人間なんていないと思うけど、自分の欠点をいつも探している男は、考えがマイナスだから、女性に縁がないこともあります。

 

誰にでも劣等感はあります。ブサメンだ、背も低いなど、自分の欠点を探して それをそのまま劣等感として 自分の頭に定着させてしまう事がまずいのですね。 

それを、なにかある度に、ネガティブな言葉として喋る。

 

ネガティブな言動が女性をドン引きさせる事を分かっていないことで、何度もフラれてしまうのです。

かと言えば、黙って待っていれば女性の方から 話しかけてくれるはずだという幻想を 持っている 男もいるようです。

 

女性に近づいて、恋愛関係を築くためには、劣等感を 克服して、自分で劣等感に負けない 気持を持つ事が大事です。 

自分には、確かに劣等感もあるが、良いところだって沢山ある。その良い所を紙に書き出して目の前に貼るんです。 

それを、いつも見ては声に出して読んで下さい。

それを続けることで、いつの間にか自分は それほど劣等感の多い人間ではないと思えるようになります。

 

これを続けることで深層心理に記憶されるのです。

その効果が出る頃には、女性との付き合いも 無理なく出来るようになるでしょう。 

恋愛経験なし30代の男6 体型を変える

女性が好きな体型は、細マッチョと言われています。

Tシャツから見える腕の筋肉は、女性が触りたいと思う一番の場所です。

 

もしあなたが、ポッチャリタイプならぜひ、細マッチョになる努力をするべきです。

女性が好きな体型の中で、ポッチャリ系は、ほとんどデブ専の一部の女性だけです。

 

ほとんどの女性の好みの体型は、細マッチョと考えて間違いありません。

ポッチャリを通り越して、肥満になっているときは、女性にモテるようになるには覚悟が必要です。

肥満の体を細マッチョにするには、自己流ではまず無理です。ジムでトレーナーの指導の元で細マッチョを目指すことが早道です。

まとめ

今回の話はいかがでしたか?

今回は、恋愛経験のない30代の男が、相手の女性を ゲットするための方法を紹介しました。

・周りの人に宣言する

・外見を磨く

・出会いを多くする

・こだわりを捨てる

・劣等感に負けない

・体型を変える

 

恋愛経験が少ないならこれから増やしていけば良いのです。

彼女がほしいと言いながら、家に閉じこもってばかりじゃ彼女は出来ません。 

とにかく行動しましょう。

 

お一人様は気楽です、その気楽さにあぐらを かいていると 、すぐ40代です。 

それでいいのですか?30代のうちに、花を咲かせましょう。

素敵な彼女を見つける事ですよ。

 

彼女を作りたいと思った時に、1番大事なことは行動することです。

自分から動かなければ何も始まりませんからね。 

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。