モテる男はこう使うLINEの活用法!女性の心をつかむLINEのコツ

 

いつも当ブログにお越しいただきまして、ありがとうございます。 

 

好きな女性を振り向かせるのに最適なアイテムが、LINE。

モテる男は、このLINEを上手に使って、女性とのコミニュケーションに役立てています。

 

好きな女性ができたら振り向かせたい、と思うのが男の気持ちですよね。

LINEは電話やメールより手軽で、利用価値の大きい連絡手段です。

 

特に女性は、LINEをコミニュケーションのアイテムとして使うことが多いです。

男もLINEを上手に使って、女性の気持ちを自分に向けるようにすることが重要です。

LINEはツールを挟むだけで、あくまで日常の会話と変わらないことを理解しましょう。

 

普段はそこまで親しくないのに、LINEでだけ馴れ馴れしくする男もいますが、この行為は女性に嫌われます。

絶対にしてはだめな行為です。

 

LINEで送る回数やその内容は、相手と自分との距離によって決まります。

モテない男は、相手の女性に返信をもらえなかったりすると「どうして返信してくれないの」と追っかけLINEを 送ってしまいがちです。

まだ仲良くなってもいないのに、いきなりメッセージをたくさん送っても、はっきり言って怖がられるだけです。

最初は顔を合わせた状態で、仲良くなることがLINEより先なのです。

スポンサーリンク

モテる男が使うLINEの活用法

LINEを使う理由

最近は、電話やメールよりLINEで会話を楽しんでいる人が増えているようですね。

スマホの普及が、LINEのユーザーを増やしている理由の一つです。

 

本当に、LINEを利用している人が多くなっています。

それだけ手軽なアイテムとして人気があるのですね。

つまり、誰もが利用しているアイテムだからこそ、恋愛にも利用することが必須のものと言えます。

 

今までは、電話番号やメルアドの交換など、少し重たいなと思いながら交換していましたよね。

しかし、それに比べてLINEは気軽に交換してもいいと思っている女性が多いのですね。

 

LINEの良いところは、個人情報をほとんど知らせることがないことと、面倒くさければ簡単にブロックもできることです。

そのようなLINEの手軽さが知られるようになって、簡単にLINEIDの交換ができるようになってきました。

好みの女性がいたら、とにかくLINEの交換をしてみましょう。 

 

最近の女性は、LINEでの通信に積極的に答えてくれるようになっています。

そのLINEの手軽さを利用しない手はありません。

★関連記事

LINEを使った関係の作り方

電話でもメールでも、道具は有効に使ってこそ、その能力を最大限に発揮させることができます。

LINEも同じ道具ですので、有効活用することが女性との関係を深めるアイテムとして、価値があります。 

LINEを使った関係の作り方1 LINEのマナーを守る

電話やメールにもマナーというものが存在します。

それはLINEを利用する場合も同じことが言えるんですね。

 

普通は、ほとんどが通知をオンにしていることが当たり前になっています。

LINEが来たらすぐわかるように設定しているということです。

相手との連絡がすぐ取れるというのはLINEのメリットですが、これが逆に相手の負担になることもあるのです。 

 

「こんな時間はLINEする時じゃないだろ」あなたはこのように思ったことはありませんか?

意外と、相手の迷惑を考えずにLINEしている人が結構な割合でいることが、アンケート調査でわかっています。 

 

好きな女性にはLINEでずっと話していたい、この気持は誰しも持つものです。

しかし、相手の迷惑を考えずにLINEを続けることは、デメリットしかありません。

やればやるほど、相手の女性に引かれることになって、最悪ブロックされて終わりになることもあります。 

 

そうならないために、折角のLINEIDの交換を無駄にすること無く、焦らずに時間をかけても女性の気持ちを一番に考えて、二人の仲を深めて行くように考えることです。

LINEを送る時に一番考えなければならないのは、女性の生活パターンを知って「送る時間帯」「送る頻度」を考えてLINE通信をするという事です。

 

LINEの特徴は、短文でのやり取りです。長文を送るとそれだけで重い感じがしてしまい、やり取りが進まなくなることもあります。

LINEでのやり取りは、短文でを基本に考えて通信しましょう。

スポンサーリンク

LINEを使った関係の作り方2 LINEはテンポよく話す

LINEは会話です。会話はテンポよく進まなければ何となく気まずい話になってしまいます。 

LINEはお互いが相手のテンポに合わせて会話するスタイルです。

ですから、相手の話のテンポに合わせなければ、会話は成り立たないのですね。

 

まして、テンポの合わない会話は楽しくもなんともありませんし、相手の女性も同じ気持ちのはずです。 

相手の女性の心をつかむためのLINEなのですから、女性のテンポに合わせた会話は必要です。 

★関連記事

LINEを使った関係の作り方3 LINEのタイミングを間違えない

メールでは返信のタイミングを遅らせるというテクニックが言われています。

メールでは効果的な方法ではありますが、LINEの場合は少し違います。

 

LINEの場合は、女性からのメッセージになるべく早く返信してあげましょう。

そうすることで、女性の方も会話に乗ってきやすくなるからです。

会話の楽しさは、相手の女性の話したい気持ちが高まっている時が一番です。

 

そのような時に、長文を送ってタイミングをずらしてしまうと、それでその会話は終わってしまいます。 

LINEはあくまでもタイミングよく、二人の会話が噛み合うようなリズムで続けることが基本なのです。 

★関連記事

LINEを使った関係の作り方4 LINEのスタンプを有効に使う

LINEの特徴は、スタンプで文字のかわりの感情を表現できることです。

LINEでの楽しい会話に、スタンプを使うことで、より楽しいと女性に思ってもらえます。

 

女性の楽しい話に、大笑いのスタンプを返すだけで「君の話は楽しいよ」と伝えることができます。 

そんな場合に備えて、女性の好きそうなスタンプをストックしておくのも必要でしょう。

それでもスタンプが見つからないときもあると思います。

 

そんな時は、普通の会話でもそうですが、LINEでも相槌はとても簡単に利用できる言葉です。

「うんうん」「それから?」「そうなんだ、すごいね」などの相槌を入れると、スタンプが見つからない時に有効です。 

LINEは会話ですから、普通の会話と同じように「聞き上手」になることが大事なのです。

これができれば二人の仲は、もっともっと深くなることができるでしょう。

女性に嫌われるLINE

ようやくLINE交換ができたと喜び勇んで送ったLINEが、実は女性がもろに引いてしまうLINEだった。

こんな悲劇に合わないように、女性に嫌われるLINEはどんなものか考えていきましょう。

★関連記事

長文のLINE

男性が女性の気を引こうとして、ついつい長文のLINEを送ることがあります。

特に、女性がまだそれほど男性に関心がなく、LINEの返信が素っ気ない時に、女性の気をひかなければとの思いが長文のLINEを送ってしまうことにつながっています。

 

しかし、LINEは短文のやり取りが特徴のアイテムです。

長文の連絡には適していないばかりか、そんな長文を送られた女性は、そんな男性を好きになることはなくより嫌いにしかなりません。

女性が考える長文のLINEは、3行以上だと長いと判断するようです。その時の女性が考えることは「読みたくないな」という事。

 

女性にとって長文のLINEはお呼びじゃないということで、男性は注意が必要です。送れば余計に嫌われるだけです。 

どうしても長文のLINEを送りたいと思ったときは、長文を細切れにして送ることで解決できます。

LINEで長文を送る時のマナーとして覚えておくことです。

モテる男が送るLINEの特徴

モテる男が送るLINEの特徴1 長文にしない

モテる男は、1~2行の短めのLINEしか送りません。

ただ長いだけの文章は、それを読む女性の負担にしかなりませんから。

大事な話は会ったときにして、LINEでは要件だけを伝えられる男がモテます。

モテる男が送るLINEの特徴2 返信は早くする

返信を遅くして駆け引きをする男もいますが、LINEの返信は早いほうが女性に好かれます。

あまりに返信が遅いと「この人、私のこと考えていない」などと思われて、距離を置かれてしまいます。

 

返信が早過ぎても、それが続くと女性が返信しづらくなることもあります。

最初のLINEへは5~10分ほどを見て返信し、その後は相手の返信に合わせて返していくのが一番です。

モテる男が送るLINEの特徴3 送り過ぎない

あまりにLINEを送りすぎると、お互いの時間をLINEだけで使ってしまうことになります。

ひとりの時間も大切にしたくなったり、スキルアップや自分磨きの時間も取れなくなってしまうので、送りすぎはNGです

モテる男が送るLINEの特徴4 スタンプだけで送らない

スタンプだけでの返信が続くと「面倒くさいと思われてるかな?」と女性に不安感を与えてしまいます。

スタンプだけではなく、普通の文章とスタンプの組み合わせや、絵文字なども交えてお互いに楽しめるLINEを続けることが、うまくいくLINEのやり方です。

モテる男が送るLINEの特徴5 大事な話はLINEではしない

最近では、告白までLINEでしてしまう男性も存在するようですが、残念ながらこんな告白は女性には嫌われているようです。

モテる男は、大事な話は絶対にLINEではしません。

 

大事な話は、必ず会って女性の顔を見ながら話しますから、女性に信頼されてモテる男になっているのです。

LINEは、約束の確認や、何気ないやりとりをするツールとして使用することがBESTです。

LINEの送り方でモテる男になるアンケート

モテる男とモテない男のLINEの違い

返信が早いか

・「モテる男はレスポンスが早い。モテない男は遅い」(26歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「マメに返すか返さないか。やっぱりマメな人はモテる」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

LINEの返事が早いかどうかは、モテるかモテないかの大きなちがいと言えそう。モテる男性はマメなので、返信が早いですよね。

モテない男性にはそのような「マメさ」が足りないようです。

しつこいか

・「モテない男はしつこいだけで、余韻がない」(31歳/金融・証券/事務系専門職)

・「しつこいかどうか。しつこいのは本当にめんどい」(25歳/生保・損保/事務系専門職)

返信を催促してきたり、やり取りを終わらせようとしているのにしつこく続けたりする男性は「面倒くさい」と思われているよう。

モテる男性は引き際を知っているので、しつこくすることはなさそうですね。

長文または極端な短文か

・「モテない男はやたらLINEが長かったり、逆に極端に短いかのどちらか」(29歳/医薬品・化粧品/秘書・アシスタント職)

・「ダラダラ長い文章を送ったりしない。絵文字やスタンプを適度に使いこなす」(34歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

LINEで長文を送ってきたり、逆にひと言だけの返信をしてきたりする男性も、モテない男性の特徴のよう。

モテる男性なら内容は簡潔でも、絵文字やスタンプなどで楽しませてくれそうですよね。

会話が楽しいか

・「モテる男はLINEでも会話が楽しく、モテない男はLINEでも会話がつまらない」(29歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「自分だけが楽しくなろうとしないこと。モテる人は相手を楽しい気持ちにさせるのがうまい」(22歳/情報・IT/技術職)

LINEでの会話が楽しいかどうかも、モテるかモテないかを左右する条件のようです。モテる男性はサービス精神が旺盛なので、会話を盛り上げようとしてくれますよね。モテない男性にはそのような配慮がなさそうです。

相手の気持ちを考えているか

・「相手の気持ちに合わせた内容を送れるかどうか」(26歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「相手の気持ちを推し量ることができる。相手が嫌がっているなと思ったら、引くことができるのはモテる人だと思うので」(30歳/学校・教育関連/専門職)

こちらが落ち込んでいるときに、自分だけテンションが高くて的外れなLINEを送ってくる男性は、相手の気持ちがわからないのでモテなさそうです。思いやりを持って接することができる男性は、当然モテますよね。

スタンプや絵文字を使えるか

・「気の利いた内容やスタンプを送れるかどうか」(30歳/機械・精密機器/営業職)

・「女性が喜ぶようなスタンプや絵文字を使い分けられるかどうか」(33歳/生保・損保/事務系専門職)

モテる男性は、女性が喜ぶようなスタンプや絵文字を何種類も持っていて、そのときによって使い分けているようです。

文章だけのLINEだとそっけなく見えるので、モテる男性ほど気を遣っていそうですよね。

引用:マイナビウーマン   https://woman.mynavi.jp/article/161222-93/

まとめ

今回の話はいかがでしたか? 

 

最近はメールよりLINEを使って通信している人が多くなっています。

短文でチャット形式で会話するスタイルが、みんなに支持されてどんどん広がっているのがLINEです。

 

このような便利なLINEにも、守らなければならないルールがあります。

ルールを守って、お互いに気兼ねなくLINEを楽しむことができると、二人の仲もより近くなるでしょう。

 

モテる男のLINEの使い方は、

・LINEのマナーを守る

・LINEはテンポよく話す

・LINEのタイミングを間違えない

・LINEのスタンプを有効に使う

 

LINEは手軽な通信手段になっています。特に女性はコミニュケーションアイテムとして広く使われているのが実情です。 

そんなLINEで好きな女性と会話を楽しんで、二人の仲を深めていく方法として、大いに利用しましょう。 

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。