恋愛に奥手な女性の特徴と効果的なアプローチとは?

 

いつも当ブログにお越しいただきまして、ありがとうございます。 ブログ管理人のソレイユです。

 

あなたは、恋愛に奥手な女性が好きになって、関係が進まないので悩んでいませんか?

恋愛に奥手な女性は、なかなか心を開いてくれません。

 

でも、普通の女性とは男性と付き合った経験が少ないだけで、何も変わってはいません。

 

男性に警戒感が強いので、その気持を和らげるのに少し時間がかかると言うだけです。

 

慌てずに、焦らずに付き合って行くのが、一番の方法です。

 

今回は、恋愛に奥手な女性の特徴と効果的なアプローチについて紹介します。

スポンサーリンク

 

恋愛に奥手な女性の特徴

男なれしていない

恋愛に奥手な女性の一番の特徴は、男なれしていないことです。

 

そのため、男性の前ではどうしても警戒感が先に立ってしまって、つい身構えるような態度をとってしまいます。

そうかと言って奥手な女性も、男性が嫌いというわけではありません。

男性への興味は、普通の女性と同じく強く持っています。

 

ただ男性に対する苦手意識が強いので、男性から話しかけるのが難しいことが多いですね。

恋愛に奥手な女性から話しかけてくることは、絶対と言っていいほどありませんから。

 

そのために男性の方から近寄っていかかければ、関係を作ることもできないでしょう。

 

最初にやると効果的なのが、爽やかな笑顔と明るい挨拶です。

 

「おはよう」「元気?」など、ほんの小さな挨拶から始めていきます。

とにかく続けることで、女性の気持ちを開かせることが、最初の一歩です。

自分に自信がない

今まで男性と付き合った経験がないことで、自分に自信を持っていないのも恋愛に奥手な女性の特徴です。

 

そのような女性は、自分の容姿に自信を持っていないことが多く、コンプレックスを持っています。

男性の目線を気にしすぎることが、余計自分の容姿に自信がないと感じてしまう理由です。

 

そのような女性には、そんなに気にすることはないと伝えるために「髪の毛」や「ネイル」など、女性がこだわっているようなところをほめると、喜ばれるでしょう。

その女性の目立つところや、気持ちの優しいところなど、気づいたことを素直にほめることが、女性の気持ちに響きます。

 

恋愛に奥手な女性は、自分が自信を持っていないところをほめられると「自信を持ってもいいんだ」と思って自分を褒めてくれた男性に興味を持って、次第にその気持が好意に変わっていきます。

 

★関連記事

男性に対して警戒心が強い

恋愛に奥手な女性は、男性に慣れていないことで、男性への警戒心は人一倍強く、打ち解けてくれるまで間がかかってしまいます。

話はしてくれますが、打ち解けた話とは言えず、男性を信用するまでは自分の話をしようとはしません。

 

恋愛に対しても、経験がないので自分に自信が持てず、近寄ってくる男性に心を開くまで時間がかかります。

 

自分に自信がないことが多いので、男性がそばに来ることはありえないと思っています。

そのために、近づいてくる男性に警戒感を強く持つのです。

 

そんな、恋愛に奥手な女性と近づきになろうと思ったら、時間がかかることを覚悟しましょう。

 

強引に迫ると間違いなく引かれます。逆に警戒されて二度と近づかせてくれなくなります。

このようにならないように、時間をかけて少しずつ距離を縮めるようにするのがコツです。

無理になんとかしようとは思ってはいけません、時間をかけて少しずつが一番のやり方です。

 

人と話すのが苦手

恋愛に奥手な女性は、人と話すことが苦手という特徴もあります。

 

男性と話しても、何を話せばいいのかわからないので、男性との会話を苦手とする女性が多いのです。

 

このような女性は、基本的に受け身で、自分から話しかけることが苦手です。

女性のことをもっと知りたいと、矢継ぎ早に質問をすると、女性の気持ちに威圧されているような感じがでてしまいます。

 

そうなると、怖がって余計話ができない状態になってしまいます。

急がずに、女性の好みや趣味などを聞き出して、自分と一致するものを見つける。

 

話が弾んで女性に「この人、話しやすい」と思ってもらえると、少しずつ自分のことも話してくれるようになります。

 

男性と話す機会が少ないだけで、話が合うとよく喋ってくれるようになります。

★関連記事

とても真面目

恋愛に奥手な女性は、とても真面目です。

 

そのために、付き合い方も女性の真面目さを理解して進めないと、嫌われてしまいます。

よく簡単に自分の下心を出して嫌われる男性もいますが、特に奥手の女性はその傾向が強いので絶対やってはいけません。

 

打ち解けて話が弾むようになっても、エッチな話などはタブーです。

女性の真面目さと付き合うには、自分も真面目だということをアピールすることが大事です。

言葉ではなく、態度で示さなければ信用されません。

 

最初の食事は、昼のランチに誘うなど、付き合ってもいいと女性が判断してくれるまでは誠実な態度で付き合っていくこと。

 

その方が、先のことを考えると近道と言えるのです。

女性に「この人となら」と思ってもらうまでは、無理強いはいけません。

スポンサーリンク

恋愛に奥手な女性へのアプローチ

焦らずゆっくりが基本

恋愛に奥手な女性は、男性に苦手意識を持っている人が多いです。

 

男性と話をしようとしても、何を話していいかわからずに、自分が出せない。

 

そのような奥手な女性に、焦りは禁物です。

焦ってグイグイ行くと、まだ男性に慣れていない奥手の女性は、間違いなく引いてしまいます。

 

奥手の女性には、焦らずゆっくりが基本と考えて、付き合っていきましょう。

 

奥手の女性が、自然な自分を出すことができるくらいまでは、時間をかけましょう。

余裕を持ってゆっくり付き合っていくと、女性の気持ちが打ち解けてきます。

相談事をする

自分の悩みを真剣に相談することで、女性の気持ちに信頼感が出てきます。

 

自分の悩みを人に話すのは、結構な勇気がいる行為ですからね。

その勇気を出して相談してくれた気持ちが、女性の考えに「信頼してくれている」と思われて二人の仲が近づくのです。

相談の内容が真剣なほど、女性の気持ちに響いて親身になって相談に乗ってくれるようになるでしょう。

 

そのような関係が続くと、二人の仲は、いい感じの関係になっていきます。

 

特に「君だけにしか相談できない」と伝えることで、特別な感じが出せて、女性の気持ちも引き寄せやすくなります。

 

そうすることで、女性の方からも自分のことを話してくれるようになってきますので、二人に距離がますます近づいてきます。

自分の弱みを見せる

男性の感覚として、女性に弱みを見せるなんてという考えの男性もいるでしょう。

 

でも自分の弱いところを女性に見せることで「こんなところもあるんだ」と女性が感じてくれます。

 

普段見せることがない弱いところを見せると「私をこんなに信用してくれるんだ」と女性の母性本能が刺激されて、より優しい態度になります。

 

自分の弱いところを女性に見せることは、女性の優しさを引き出す一つの方法でもあり、たまに使うと効果的です。

 

男としてななかなか見せたくない弱いところを見せられると、女性に与える印象は、とてもいいものです。

★関連記事

女性の話の聞き役に徹する

どんな女性でも、自分の愚痴を聞いてもらってストレスを発散したいと思っています。

 

それは恋愛に奥手な女性についても同じことが言えます。

男性と話がなかなかできなくても、心の中では「私の話を聞いてほしい」と思っているのです。

 

男性が、じっくり話を聞く「聞き役に徹する」ことで、女性の話を聞く機会を多くすれば、女性も、だんだん話しやすい雰囲気になって、もっと話をしてくれるようになります。

 

「聞き上手」になることが、必要なのです。

「聞き上手は、相槌上手」とも言われます。

 

会話の最中に「なるほど」「それで?」などの相槌を打って、女性に話しやすいように促すことで女性は、気持ちよく話をすることができます。

 

女性が話に詰まったときも、催促せずに待つことが、女性に安心して話してもらうことができる秘訣です。

女性の話をゆったりした余裕のある態度で聞いていると、女性に好印象を与えることができます。

まとめ

今回は、恋愛に奥手な女性の特徴と効果的なアプローチについて紹介しました。

 

恋愛に奥手な女性の特徴

・ 男なれしていない

・ 自分に自信がない

・男性に対して警戒心が強い

・人と話すのが苦手

・ とても真面目

 

恋愛に奥手な女性へのアプローチ

・焦らずゆっくりが基本

・相談事をする

・自分の弱みを見せる

・女性の話の聞き役に徹する

 

恋愛に奥手な女性と付き合うには、奥手な女性の特徴を理解して適切なアプローチをすることが、一番の近道です。

 

無理をせず、焦らず、慌てずゆっくりとしたアプローチで、近づきましょう。

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。