大人の恋愛の連絡頻度は?連絡手段のLineと会話内容とは?

 

大人の恋愛をしている男性は、仕事も充実して、責任のある立場になることも多いので、彼女への連絡も少なくなりがちです。

大人の恋愛をしているカップルは、相手のプライベートな時間は、お互いに尊重しようとしています。

 

その結果として、連絡の頻度も少なくなっているわけです。

相手の気持を考えて、束縛することがない付き合いが長続きします。

その付き合いが、大人の恋愛をしているカップルなのです。

スポンサーリンク

大人の恋愛の連絡頻度

大人の恋愛の連絡手段

最近の大人の恋愛をしているカップルが使う連絡手段は、Lineが多いと言われています。

少し前まではメールが主体でしたが、Lineの手軽さが支持されて、変わってきているようです。

 

どのような連絡手段でも相手の気持を尊重して、束縛するようなことをすることはNGです。

一番手軽なLineが支持されて、大人の恋愛をしているカップルにも使われているということ。

スポンサーリンク

大人の恋愛のLineの連絡頻度

あるアンケートでは、30代の男性が送っているLineの連絡頻度は、毎日連絡している男性が50%。

忙しい中でも、毎日彼女とLineでつながっていたいと、思っている男性が多いのですね。

 

でも、10代の頃のように一日に何回も、Lineのやり取りはすることはありません。

少ないLineでも、お互いの心がつながっていることの、確認のためのLineと言ったところです。

 

その次に多かったのが、週に2~3回が30%、そして週に1回が10%となっています。

 

つまり、大人の恋愛をしているカップルは、毎日か週に2~3回のLineで連絡を取っていることになります。

 

大人の恋愛になると、一日に何回もLineのやり取りはしなくても、お互いをわかりあえているのですね。

だからこそ、少ないLineの通信でも別れることなく、上手くいっていることがうかがえるのです。

大人の恋愛のLineの会話内容

 

大人の恋愛をしているカップルが、毎日送りあっているLineは、相手の安否確認と、二人がつながっていることの確認がほとんどです。

 

朝の「おはよう」や「今日も無理しないで頑張ってね」という気持ちを伝える言葉。

晩の「おやすみ」や「今日もご苦労さま」といたわる気持ちの言葉が多いのです。

 

10代の頃のような、ただなんとなく会話しているようなLineではありません。

もともと男が持っている、Lineは連絡手段という感覚で使われています。

 

彼女の方も、男性のパターンに合わせることに抵抗を感じていないことが、大人の恋愛の特徴です。

お互いの気持がわかりあえていることが、Lineの連絡のシンプルさに現れているのです。

大人の恋愛は連絡頻度を気にしない

大人の恋愛をしているカップルでも、彼女の方はもっとLineでの連絡がほしいと、思っていることがあります。

そんな彼女の気持に答えることも必要です。

 

彼女から、Lineでの連絡がもっとほしいと言われたときは、少しは負担になってしまっても、答えてあげると二人の仲がもっと良くなります。

そして、彼女の要求に全て答えられないときは、デートで顔を見ながら事情を話しましょう。

 

そうすることで、彼女も事情を理解してくれて、無理を言わなくなります。

Lineは、便利な連絡手段ですが、二人の愛情を確かめるツールではありません。

 

いちばん大事なのは、Lineで連絡を取ることでもありません。

二人で会って話をしたときに、お互いに相手の愛情を感じることなのです。

相手を信頼し、愛情があることを感じると、Lineでの連絡頻度は、気にすることはないのです。

大人の恋愛の連絡頻度は少なくなる

 

Lineは言葉のキャッチボールで、お互いを知り合うツールです。

付き合い始めは、相手のことが知りたくて頻繁にLineするのが普通です。

 

しかし、ある程度付き合いが長く、年齢も上がっている大人の恋愛をしているカップルは、連絡頻度も少なくなります。

 

その少ない頻度の連絡で相手の安否と、気持のつながりを確認しているのです。

 

二人の気持ちの確認は、最低でも1日1回のLineでやるようにする必要があります。

彼女の気持ちを考えると、1日に1回のLineは最低限の回数になるからです。

 

何日もLineがないと、彼女の気持に不安が湧いてくることがあります。

それがきっかけで、二人の仲が疎遠になってしまうかもしれません。

 

それを回避するためにも、少ないLineの頻度でも必ず、彼女の気持に添うようなLineが重要なのです。

少ないLineで彼女の気持をつなぎとめるには、Lineを同じような時間に定期的に送ることです。

 

そのLineは、必ず「好きだよ」「愛してるよ」と言葉を添えましょう。

その言葉が彼女の心に響いて、二人の絆がより強くなるのです。

大人の恋愛とは?

恋愛をしていて一番お互いを傷つけるのは、彼女の気持を考えず自分の気持ちを押し付けることです。

それが、嫉妬や束縛となり恋愛に疲れてしまう原因になります。

 

大人の恋愛は、彼女の気持を一番に考えて、自分の気持ちを押し付けないこと。

彼女の気持を優先すると、彼女もこちらの気持を尊重してくれるようになります。

 

揉めることもなく、隠し事もないとても穏やかな恋愛ということができます。

関係も長続きして、その先の結婚を考えても、結婚生活も幸せなまま暮らせることでしょう。

大人の恋愛の条件

大人の恋愛の条件 彼女を認める

大人の恋愛がうまくいく条件の一つは、彼女を認めることです。

恋愛が上手く行かないカップルを見ていると、彼女を認めることなく自分を優先して考えています。

 

彼女に辛く当たったり、自分の悪いことを認めなかったり。

 

確かに彼女を認めることは簡単ではありません。

だから、彼女を選ぶときには、なんとなく選ぶのではなく、自分にとって認めることができる彼女を選ぶことが大事なのです。

大人の恋愛の条件 愛情表現ははっきりと

大人の恋愛をうまく続けるためには、愛情表現をいつもはっきりと伝え続けることが大事です。

「君が好きだよ」「愛してるよ」「そばにいてくれてありがとう」など、機会あるごとに愛の言葉をかけることです。

 

愛情表現を続けていると、彼女は安心感を覚えます。

その彼女に安心感を与えることが、大人の恋愛の基本とも言えます。

大人の恋愛の条件 適度な距離を保つ

 

お互いの仕事やプライベートを尊重し合って、適度な距離を保つことが大人の恋愛には必要です。

付き合い始めの頃のように、女性のプライベートな時間をつぶすような恋愛は、大人の恋愛とは言えません。

 

彼女の状況を理解して、彼女の気持を大切に考えるのが大人の恋愛です。

どんなときでも、彼女の思いを信じて、自分の生活も充実させることが「適度な距離を保つ」ことになります。

 

お互いがある程度の自由を持った恋愛が、安心感のある穏やかな関係の大人の恋愛になるのです。

大人の恋愛の条件 癒やされる

大人の恋愛の条件は、癒やされる恋愛であることも大事です。

若い頃のように、ギラギラした恋愛は、大人の恋愛ではありません。

 

「なんとなく、ほっとする」これこそが、大人の恋愛なのです。

二人でいるときとても癒やされる、この関係が長続きする大人の恋愛です。

大人の恋愛の条件 与えあえる

 

若い頃の恋愛は、自分中心で彼女に要求ばかりしていた、そんなこともありました。

しかし、大人の恋愛は彼女に与えようと考える恋愛です。

 

お互いに与えあって、お互いの考えを尊重し、成長していくこれが大人の恋愛です。

 

お互いに「好きだ」と言える関係。

お互いに「ありがとう」といえる関係。

そのようなお互いに与え、与えられる恋愛こそ、大人の恋愛なのです。

まとめ

大人の恋愛の連絡頻度は、少なくなります。

毎日連絡するか、週に2~3回というのが大人の恋愛の連絡頻度です。

 

お互いのプライベートを尊重し、自分の気持ちを押し付けない連絡頻度が、大人の恋愛を長続きさせるコツでもあります。

大人の恋愛の連絡手段は、Lineが多くなっています。

 

そのLineの連絡でも、なんとなく会話をするのではなく、大事な連絡だけを送るので、連絡頻度は少ないのです。

それと、朝夕の挨拶と、安否の確認は毎日の連絡として続けるのが、彼女にも好かれる方法です。