告白で失敗しないポイント!ビックリするくらいうまくいく7つの方法

 

いつも当ブログにお越しいただきまして、ありがとうございます。 

 

あなたは告白したことがありますか?告白して、失敗してしまったらつらいですよね。

告白して100%うまくいくとは限りませんが、失敗しないで彼女の気持をつかみたいはず。

 

告白は、男性からするのが普通と思われていますが、意外に女性の方からの告白も半々なのだそうです。

それに加え、最近では草食系男子など恋愛に消極的な男性も増えたため、いくら待っていても告白されないというのが現状です。

 

告白する時に、一番最初に頭に浮かぶ言葉が、「もし、振られたらどうしよう」と、不安になったり怖くなってなかなか踏ん切りがつかないものです。

そのため告白するときどんな言葉で気持ちを伝えたらいいんだろうと悩むのも当然です。

 

結論から言うと、告白の言葉は変に飾ったりおしゃれに決めたりするのではなく、できるだけシンプルに素直に自分の気持ちを伝えるのがよいということです。

 

今回は、告白で失敗しないポイントを紹介します。

スポンサーリンク

告白で失敗しないポイント

告白で失敗しないポイント1 告白するタイミング

告白は、胸に秘めた思いを好きになった女性に告げることで、その女性の気持ちを聞くことです。

私も経験者ですが、その時の胸のドキドキ感は今でも鮮明に、思い出すことが出来るくらいです。

 

告白して、フラれたこともありますし、その時は何がまずかったのか分からず、しばらくの間は落ち込んだままでした。

告白する前は、「断られたらどうしょう」と考えて、なかなか決断できませんでしたね。

 

それでも、自分の思いは出来る限り、相手の女性に伝えた方が、後悔をしないですむと思います。

告白の結果が、自分の考えと違うことも当然あることです。

それでもやはり自分の思いは伝える方がいいでしょう。

 

ただ、告白をして断られるのは、ほとんどが相手の女性の気持ちが、まだあなたを好きにはなっていない段階で告白をしてしまっている事です。

「告白すれば、きっと好きになってくれる」このような思い込みは、何の助けにもなりません。

 

断られて沈没しないためには、女性の気持ちがあなたのことを好きになっていなければなりません。

そのことがある程度予測できてから、告白することです。

告白で失敗しないポイント2 告白の場所

告白の場所は、かなり重要になってきます。

大概の男性は、ムードのある場所で告白したいと考えていて、夜景のきれいな場所や洒落たレストランを選んで告白をするのが普通です。

 

しかし、ある調査では自分の家、あるいは相手の女性の家で告白をすると80%以上が告白に成功したそうです。

やはり、一番落ち着けるお互いの家が良いようです。

相手の女性の家に招待されるくらいの親密さだと告白の成功率が高くなると考えられます。

告白で失敗しないポイント3 告白の時間帯

夕方から深夜までの時間が、告白を成功させるためのベストな時間です。

この時間帯の告白の成功率は、75%との結果。

深夜まで付き合って一緒にいる事が告白の成功につながっているのでしょう。

 

夜になると人間の頭はぼんやりとしてきます。

一日の疲れがたまってきたり、睡眠の時間が近づいていることがその大きな理由です。

 

このちょっと頭がぼんやりとしている時間を狙って告白する方が、相手が雰囲気に流されやすくなり、告白に対してOKを貰える可能性が高いタイミングと言うことになるんです。

 

夕方の夕日が登ってくるくらいの時間から、頭が疲れすぎる深夜になる前くらいの時間。

この時間が告白のベストタイミングと思って、この時間帯に告白すると、成功することが多くなります。

告白で失敗しないポイント4 告白の言葉

誰でも、告白の言葉を決めるのに悩んでいます。

「ストレートに伝えるべきかな?」

「さらっと言うべきかな?」

どの言葉がいいのか、本当に悩むことが多いです。

 

女性の気持ちは、回りくどい告白は嫌だという事。

「好きかも」「気になっている」などはNGです。

 

はっきりと「好きです」「付き合って下さい」の様に変に飾らずに、シンプルな言葉の告白が好かれます。

その告白も、面と向かっての告白が女性の望みで直接告白されることで、その重みを感じるのです。

 

この気持が女性に伝わり「真剣に答えなきゃ」と思ってきちんと受け答えしようとする姿勢になるのです。

最近では、メールやLINEで告白する男性もいるようですがやはり、面と向かっての告白に比べて、成功率は低くなります。

スポンサーリンク

告白で失敗しないポイント5 女性の気持ち

告白を焦って、女性にフラれることはよくあります。

一度告白で失敗してしまうと、その後のリカバリーが、かなり厳しいものになります。

焦って告白して、女性にフラれ、その結果彼女が出来ないと悩む男性が多すぎます。

 

恋愛の失敗パターン、まだ好意を持ってくれていない女性に、気持ちを抑えきれずに告白して断られて終わり。

ようやく付き合える彼女が出来ると、なんとか告白して両思いの関係になろうと考えます。

でも、男性が相手の女性にとって、告白に値する男になっているかが大事で、そこで決まるのです。

 

告白されて、相手の女性がOKを出すということはその男性に好意を持っていて付き合いたいと思っているということです。

必要なのは、告白するまでの男性の行動。

女性に「付き合いたい」と思われるまでの努力。

告白しようとした時に「断られるかも」と感じたら告白は、まだまだ先のことと思わなければなりません。

 

告白は、絶対彼女が好意を持っていると感じるまでは、やってはいけません。

告白は、イチかバチかでやるものではないのです

告白で失敗しないポイント6 告白までの期間

相手の女性と気持ちが通じ合って付き合い始めるまでの期間はどれくらいなのかは、人によって様々です。

すぐに付き合い始める人もいれば、付き合うまで長い時間がかかってしまう人もいて随分違います。

 

付き合うまでの期間は、お互いを知るために複数回のデートを重ねることが多いと思います。

では、付き合うまでのデートの回数は何回でしょう。正解は、3回です。

 

1回目では早すぎるし、2回目デートでもまだ相手の知らない部分も多く、かと言って4回目となるとこれ以上の進展は望めないと考える人が多くなります。

 

お互いを知りつつ、まだ未知の部分もあって新鮮さも残っている3回目のデートで告白するのが良いようです。

一番告白の成功率が高いのが、3回目のデートでそれ以上長い期間になると次第に確率が下がってきます。

告白で失敗しないポイント7 いつもの自分で

告白するときは、どんな場面でも緊張することは仕方がありません。

そんなときでも、いつもの自分でいられることを心がける事が大事です。

 

無理をして、いつもと違う自分を演出しても、きっと違和感が出てしまいます。

いつもの自分で、告白するときも普段通りのほうが、彼女も緊張しないで聞いてくれます。

 

告白するときだけ無理に着飾っても、かえっておかしくなるので、普段通りの服装でいいのです。

あまり考えすぎて用意をすると、かえって空回りすることも考えられます。

 

いつもの自分で、自分の気持を素直に彼女に聞いてもらうことが、いい結果をもたらします。

無理に自分を変えないで、いつもの自分で、自分らしい態度と言葉で告白することが、きっといい結果を生むでしょう。

まとめ

今回の話はいかがでしたか?

今回は、告白で失敗しないポイントを紹介しました。

告白は、失敗するとかなり落ち込むことになり相手の女性との関係も微妙なものになります。

・告白するタイミング

・告白の場所

・告白の時間帯

・告白の言葉

・女性の気持ち

・告白までの期間

・いつもの自分で

 

それでも、告白を怖がっていては女性と付き合って楽しい時間を過ごし、幸せをつかむことは出来ません。

自分の好きな女性を手に入れるまで、経験あるのみです。

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。