失恋から立ち直るまでの時間!意外と男の方が立ち直りが早い?

 

いつも当ブログにお越しいただきまして、ありがとうございます。 

 

失恋した時は、本当に悲しくて落ち込んでしまいますよね。 

そんな失恋から立ち直る時間は、それぞれの恋愛の期間や彼女への未練によって変わってきますが、 短くて1週間から長くて半年くらいが大体のところです。

 

失恋してからしばらくは、何も手につかず呆然自失の状態になってしまうことがあります。

そんな、呆然自失の標準的な期間は、2ヶ月~3ヶ月と言ったところです。

ただ、それぞれの恋愛で違ってくることもあるので、目安として考えるといいでしょう。

 

今回は、失恋から立ち直るまでの時間を紹介します。

スポンサーリンク

失恋から立ち直る時間

比較的短期間

比較的立ち直りが早いケースで、1週間~1ヶ月です。

このケースで言えることは、交際期間が短かかったり、愛情がなくなった別れの時に必要な期間。 

どのような状態で別れても、やはり心に傷が残るのが失恋です。 

 

フッた方もフラれた方もそれなりの傷ができてしまうものです。 

その中でも、比較的短期間で軽い交際の関係で別れた時は、この期間に入ります。

言ってみれば、立ち直りが早いケースです。

標準的な期間

標準的な失恋の立ち直りの期間は、1ヶ月~3ヶ月でこの範囲に入ります。 

交際期間が長かったり、真剣な交際だった場合などはこの位の時間が必要です。

何年か付き合った彼女にフラれた時は、2ヶ月ほどの間は何もする気が起きず落ち込んでいるのが普通です。 

 

まず、1ヶ月位は落ち込みが激しいでしょう。 

いつも彼女のことを考えている自分が、情けなくなってしまうこともあります。

何とか彼女のことを忘れようとすると、尚更、二人で過ごした楽しかったことが思い出されて「あの時は楽しかったな」と考えている。

 

そんなことの繰り返しで2ヶ月ほどを過ごしているのかもしれません。

大体の失恋からの立ち直りの期間は、この期間が多いですね。

比較的長期間

急にフラれてしまったり、未練が残っている場合は3ヶ月~半年はかかるでしょう。

本当に彼女が好きで将来の夢などを話し合っていた時は、余計に落ち込もが激しく失恋からの立ち直りの時間が多くかかってしまいます。

 

自分の何処が悪かったのか、そんな気持ちの整理がつかないで落ち込むのがこのケースです。

彼女のことが忘れることができずに苦しんで、毎日をもんもんとして過ごすことが多いでしょう。 

 

何とか女性の気持ちを振り向かせようとすることもありますが、男性がいくら考えてもよりを戻す事はできません。 

女性が男性を見限った時は、いくらよりを戻そうと思っても無駄な抵抗に終わります。 

 

未練が残っている限り、失恋からの立ち直りの時間が多くかかってしまうんです。

ここまでは、あくまでもこのような傾向にありますよ、と言った事に過ぎません。 

失恋から立ち直る時間は人それぞれ

人によって、恋愛の仕方によって、この期間は大きく変わってきます。

 短いからいいとか遅いからダメ、といった線引きはできるものではありませんから。

やはり諦めのいい人と、諦めの悪い人の差が、失恋からの立ち直りの時間の差になっているようです。 

 

あるアンケートでは、失恋からの立ち直りの時間のランクは、

1位が1週間~1ヶ月程度

2位が1週間以内、

3位が2ヶ月~5ヶ月となっています。

 

この期間は、人それぞれがよくわかります。

交際期間が短い場合

交際期間が短い場合は、それほど執着する前に別れることになるのでダメージは少ないようです。

そのせいで、失恋からの立ち直りの時間が短くなります。 

 

1週間以内で相手のことを忘れて、次の恋愛へと進むなんてこともこの期間では普通です。

長くて1ヶ月以内には彼女のことは全て忘れているという男性がほとんどです。傷が浅い分、立ち直りが早いケースです。

交際期間が長い場合

交際期間が長くて彼女に未練を残したまま別れた場合は、やはり失恋からの立ち直りの時間が長くなるようです。 

このような恋愛をした男性は、恋愛を引きずる傾向があります。

 

それで、3ヶ月から半年という期間が必要になるのです。

受けた傷の深さや、まだ残る彼女への未練などで、なかなか立ち直れないことがあるようです。

スポンサーリンク

失恋から立ち直るための方法

思い切り落ち込むこと

失恋した当初は、その期間が長くても短くても必ず落ち込むものです。

後悔や悲しさで何もやる気が出ないのが当たり前です。

こんな時に無理に彼女のことを忘れようとすると、余計悲しさが増して落ち込むことになります。

 

まず、無理に立ち直ろうとすることはないのです。

それよりも思い切り落ち込んで悲しむことで、後々の立ち上がりが良くなります。 

 

失恋して、早く彼女のことを忘れようと他のことに力を入れる男性もいます。

それも対処法の一つではありますが、それは自分の気持ちを誤魔化しているだけなので、逆に心が疲れていくことになります。 

これを避けて、立ち上がりを早くするために、落ち込むところまで落ち込んで、悲しむことが必要なのです。 

 

そうすることである日、自分が落ちついてきているのがわかります。 

落ちついて冷静になってから、これからのことを考えていけばいいのです。

自分の時間を使う

彼女と別れたあとには、自由な時間が増えているはずです。 

 その自由な時間を使って、自分の好きなことを満喫するのもいい方法です。

 

「好きな趣味を改めて追求する」「友達と旅行を楽しむ」など、二人でいたときは出来なかってことを積極的に楽しむことです。

そうすることで、失恋で傷ついた心の傷が、次第に小さくなっていくのがわかります。

友達の力を借りる

落ち込んでいる時、その時に助けてくれるのが友達です。

長い交際期間があって、好きだった彼女にフラれた時は、立ち直れないで苦しむこともあるでしょう。

それを見かねて、友達が手を差し伸ばしてくれるんです。

 

本人の辛い気持ちをを理解した上で、色々フオローしてくれます。 

そんな友達に助けられて、前向きな気持になれるのです。 

 

 寂しい時、悲しい時の友達は本当にありがたい存在です。

そんな友達に助けられて「ようし、次の彼女を探すぞ」このように思って前に進むことができる様になります。 

このような時の友達は本当に大きな存在で、大いに助けられます。

私の実体験

私も、2年付き合った彼女に失恋した経験があります。

それも、彼女が二股していて、私はただの当て馬といった関係だと後で知る始末。

 

失恋したあとの1ヶ月は、ほぼ仮死状態、友達は声をかけることもできないくらいの落ち込みようだったようです。

私はそんなにひどい状態とは、認識していませんでしたが。

その後は少し落ち着きましたが、友達の力を借りて立ち直ったなと感じるようになったのは、2ヶ月を過ぎた頃です。

 

友達の力がなかったら、まだ立ち直ることができずに、悶々とした日を送っていたと思います。

このときほど友達の励ましが嬉しかったことはありません。

本当に友達は大事にするべきだと、このときつくずく思いましたね。

まとめ

今回は、失恋から立ち直るまでの時間を紹介しました。

失恋から立ち直る時間

・比較的短期間

・標準的な期間

・比較的長期間

失恋から立ち直る時間は人それぞれ

・交際期間が短い場合

・交際期間が長い場合

失恋から立ち直るための方法

・思い切り落ち込むこと

・自分の時間を使う

・友達の力を借りる

 

失恋から立ち直るまでの時間は、恋愛の形態や交際期間の長短でも変わってきます。

一概に言えない事は理解して下さい。

 

・比較的短期間 1週間~1ヶ月 立ち直りは早い

・標準的な期間 1ヶ月~3ヶ月 それなりの時間がかかる

・比較的長期間 3ヶ月~半年 より時間がかかる

 

このような傾向にある失恋から立ち直るまでの時間。

失恋のつらい気持ちを忘れて立ち直るまでには、それなりの時間がかかります。

しかし、その時間も無駄にはなりません。

 

次の恋愛へのスタートラインに立つための準備期間とも言えるのですから。 

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。