恋愛できない男が絶対知るべき!彼女の作り方6つのポイント

 

いつも当ブログにお越しいただきまして、ありがとうございます。 

 

出会いがなくて恋愛できないとか、気に入った女性がなかなかいないとか、

恋愛できない男は、いろいろな理由を付けて恋愛ができないことを、正当化しようとします。

 

出会いにしても、自分から行動すればいくらでも出会いはあるわけです。

その出会いの機会を、上手く自分のものにできていないのが最近の男です。

行動することと、考えすぎないこと、ひらめきと努力が、二人の関係づくりには必要なことです。

 

今回は、恋愛できない男の考え方と、彼女の作り方を紹介します。

スポンサーリンク

恋愛できない男

恋愛できない男1 出会いがない

恋愛ができないと嘆いている男も結構多いようですが、その理由の大きなものが、出会いがないというものです。 

家に閉じこもっていない限り、出会がないことは考えられません。

少しでも出歩いていれば、必ずと行っていいほど出会いのチャンスはあるものです。

 

出会いがないと言っている男は、単に機会を逃しているだけなのです。

機会を逃すのは、その目の前にあるチャンスを捕まえようとする気持ちがないことが原因。

ただ素直に、その機会に身を任せることが、チャンスを捕まえることになります。

 

大まかに言うと、人間の半分は女性ということになりますので、その中の恋愛の対象になる女性はかなりの数がいるわけですから、普通に出会いはあるわけです。

その出会いを、自分のものにするためにどのように行動するかが、恋愛できるかどうかを決めるのです。 

★関連記事

恋愛できない男2 女性を分析してはいけない

 恋愛のできない男は、すぐに相手の女性のことを分析する傾向があります。

女性の情報を集めて、それを一つずつプラスの要素とマイナスの要素に分類して行きます。

 

その時に問題になるのが、本来はプラスの要素を重視するべきなのに、マイナスの要素を重点的に見てしまうことが多いことです。

そうなると、必然的に相手に好意を感じることより、相手を遠ざける考えが多くなります。

顔やスタイルが悪いだとか、職業が悪いだとか、女性のプラスの面を見ることなくマイナスの面ばかり見つけると、二人が付き合えることはまず無理になります。

 

そうではなく、おとなしそう、健康的、笑顔が素敵など、プラスの面を考えることで、付き合う気持ちが湧いてくるでしょう。

しかし、女性の情報を集めて分析することは、二人にとって良い結果はあまりもたらしません。

素直な気持ちで、本能に任せて、自分の気持ちの中にどうしても付き合えない、という気持ちがなければまずは付き合ってみる。

 

女性の部分的は印象ではなく、全体的な雰囲気などで判断することが必要で、そのことは、女性の分析では決して出すことができない結果です。

自分も完全な男であるわけではないし、完全な女性もいないのですから。

恋愛は、不完全な人間同士が、お互いに協力しあって関係を築くものです。

★関連記事

スポンサーリンク

恋愛できない男3 考えすぎてはいけない

恋愛ができない男は、考えすぎていることが多いです。

慎重に行動しすぎて、言ってみれば恋愛に対して臆病と言ったほうが早いです。

ちょっとでも好意を持った女性に、積極的に交流を図って行ければカップルとなることも期待できるのに、ためらっているうちに機会を逃しています。

 

これも、女性の短所ばかりを見つけて迷っているからです。

その時は、自分はどうなのかは考えていないのですね。 

女性の欠点は指摘しても、自分の欠点は忘れている、こんな身勝手は考えでは、女性にアピールできるわけもありません。

 

恋愛中でも、このままこの関係を続けてもいいのかな?という考えが出てくることもあります。

その時も、自分も完全な男ではない事を思い出して、今の自分は幸せだと思い起こすと女性との関係もうまくいくものです。

考えすぎることも、慎重すぎることもいけません。

恋愛では、そう言った優柔不断な態度は、二人の関係を壊す原因にしかなりません。

恋愛できない男4 ひらめきと努力

恋愛は一人ではできません。

そのために、相手の女性を見つける苦労をし、その見つけた相手の女性と努力をして初めて良好な関係を築くことができるわけです。

 

男は、一瞬のひらめき、一目惚れで女性が好きになることが多いです。

一目惚れではなくても、何となく気になる女性、会った時は気にもならなかった女性が別れたあとで気になった、などがひらめきの例です。

頭の中に鮮明に結ばれた印象は、ひらめきの結果です。

 

その閃いた女性との関係を作りたい、実を結びたいと考えた時は、その後の長い付き合いをいをする為の、二人の努力が必要と言う事です。

恋愛している最中の二人は、お互いに努力しているという自覚はあまりないものですが、二人の関係を壊さない努力はしているわけです。

★関連記事

恋愛できない男5 独占欲を持つ

誰に対しても公平で親切、人の面倒見もいい、誰とでも付き合いの範囲が広い男がいます。

こんな男は、皆んなに好かれていると思っていることが多いですが、必ずしもそうではありません。

単に要領がいいので、付き合って損にはならないというだけで付き合っている相手もいるのです。

 

このような男が、いわゆる優しい男と呼ばれているのです。

人間の感情は相互的なものです。相手が親切にしてくれれば、こちらも親切にするという感情が芽生えます。

しかし、その男が他の女性にも優しくしているのを見ると、自分に対する特別な感情はないと考えてその男を、恋愛対象に入れようとは考えません。

 

男が女性と付き合いたいと思ったら、その女性を独占する気持ちを持たないと、女性から男と見てもらえません。

好きな女性が複数いた場合でも、その中の一人を選ばなければなりません。

 

皆んなと平等に付き合いたい、そのようなことは通用しません。皆んなに逃げられて終わりです。

一人の女性に集中すると、他の女性は離れていきます。

どの様なやり方でも、復数の女性と付き合うことは、一人の彼女を作るためにはなりません。

一人の女性をターゲットにしたら、その女性を独占する気持ちで付き合っていきましょう。

★関連記事

恋愛できない男6 友達から恋人へ

長い期間友達でいた女性に恋心を持ってしまうこともよくあります。

このような関係になってしまうと、気まずい雰囲気が多くなってしまいますがもし、自分の気持ちを告白しても、「いい友達でしょ」と言われて終わることが普通です。

 

今までの友達としての付き合いが、長ければ長いほど二人の間には高い壁ができています。

その壁を破って相手の女性に答えてもらえることは、よほどのことがなければ無理です。

 

そのために、好意を持った女性とは、いい友達としての関係になってはいけません。

時間をかけて、相手をよく知った上でアプローチをしようと考えていると、機会を失ってしまいます。

いい友達というぬるま湯的な関係にならないうちに、できるだけ早く行動を起こすことが重要です。

 

その時に、何を今更と思われてしまうことがありますが、その時のために、深刻な悩みの相談をしてその解決に協力してもらう、という方法が有効です。

まとめ

今回は、恋愛できない男の考え方と、彼女の作り方を紹介しました。

・恋愛できない男

・出会いがない

・女性を分析してはいけない

・考えすぎてはいけない

・ひらめきと努力

・独占欲を持つ

・友達から恋人へ

 

恋愛をしたい、彼女を作りたいと思ったら、まず行動すること。

女性の欠点ばかり探すようなことを止めて、お互いが不完全な人間と思うこと。

 

二人の関係を長く続けるにはどうすればいいのかそのことを考えることで、うまくいくようになります。

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。