恋愛がうまくいかない男性が女性に好かれるポイント9選

 

いつも当ブログにお越しいただきまして、ありがとうございます。 ブログ管理人のソレイユです。

 

女性を好きになって、女性からも愛されて恋愛がうまくいく男性と、その反対にうまくいかない男性もいます。

うまくいかない男性の言葉「自分にピッタリの女性と巡り会えていないから」。

 

しかしこのように考える男性は、自分の理想を1番に考えていて、相手の女性の良いところを見ようとしません。

 

その結果が女性の悪いところのチエックばかりになってしまうのです。

そんな見方をされる女性は、その男性に良い感じを受けることはありませんから、いつまで経っても相手が見つからないことが続いてしまいます。

 

自分の気持を女性に押し付けていることが、恋愛が上手くいかない理由ですから、女性の気持ちを一番に考えることで、うまくいくようになります。

スポンサーリンク

恋愛がうまくいかない男性

女性の気持ちに任せる

恋愛ができないと悩んでいる男性は、相手の女性が悪いので自分には責任はないと考えています。

 

この考えが恋愛することの邪魔になっていることに気づいていません。

このような男性は「自分をこのように見てほしい」と思う気持ちを、抑えることが大事です。

 

自分の願いを押し付けるのではなく、相手の女性に自由に考えて判断してもらう。

この考えにならない限り、恋愛をすることはできません。

 

自分の考えにこだわっている限り、もし仮に自分の考えを女性が理解してくれたとしても、いつ女性がその考えにダメ出ししてくるか、心配を続けなければなりません。

そんな関係は、女性を監視することになるので、女性の気持ちを引きつけるどころか女性に逃げられてしまうでしょう。

 

恋愛を続けるためには、自分の考えを押し付けるのではなく、女性の気持ちに任せることが上手くいくコツです。

覚悟をする

世の中には恋愛できない男性も結構な人数で存在しています。

恋愛は、自分のすべてをかけてするのが当たり前ですが、自分のためにしかできない男性もいます。

恋愛をしたいと思ったら、それにふさわしい相手を選ぼうとします。

 

しかし、二人の間にお互いに好きという感情が湧かなければ、恋愛に発展することはありません。

 

恋愛に進むためには覚悟が必要です。

付き合い始めた最初の頃は、お互いに良い面ばかりを見せようとしてうまくいきます。

でも無理をして良い面ばかり見せていると、その無理が大きければ大きいほど、相手への不満となって現れてきます。

 

女性の嫌なところが指摘できる男性の方が、ウソのない関係を結ぼうとしているということです。

 

それはその指摘で、女性との仲が壊れるかもしれないと覚悟をして付き合っている証拠です。

求めすぎない

よく恋愛はバラ色と言われています。

 

しかし恋愛は、2人で無理せずにできる範囲でしか、良い関係は作れません。

自分の気持を優先させただけの恋愛は、いずれ破局を迎えることになるでしょう。

 

喜びを与えてもらうだけが恋愛だと思っていると、相手の女性が無理をしていることにも気が付かないで、もっとほしいとの不満だけが溜まってきてしまいます。

 

このような、自分の願いを優先した恋愛は、自分自身を傷つけて終わります。

受け身で相手に依存した生き方は、相手が与えてくれたもので図るしかありません。

 

与えられたものより、もっとほしいと思うようになるのです。

 

それが限界を超えた時、破局が訪れます。

女性の気持ちを考える

恋愛は、2人の合意があって初めて成り立つものです。

 

自分の欲求だけを考えて、女性の立場や、考え方、感じ方を尊重できなければ、恋愛とは言えません。

 

恋愛相手を手に入れた男性は、女性に対して優しくすることや、親切にすることが当たり前になります。

しかしその優しさや親切が、押しつけになっていないか考えるべきです。

女性の気持ちを考えて、その立場に立って判断することが、二人の仲を深くするのです。

 

女性の気持にいつも関心を持って、女性の気持ちをわかった上での優しさや親切は、女性の心に響きます。

 

自分の気持を大事にされていると感じると、女性は心を開いてくれるものです。

スポンサーリンク

女性を束縛しない

恋愛はよほど注意しないと、相手の女性を自分の都合のいいようにしようと考えてしまいます。

 

しかし本来恋愛は、お互いの自由を認めないとうまくいかないものです。

 

どんな好きな女性であっても、自分と同じ考えということはありませんので、その気持ちを大事にしなければなりません。

その女性の考えを尊重して、そのまま認めてあげることが、愛する者の努めです。

 

女性が自分のもとに来てくれたことに感謝して、2人で生活することが最高の喜びになるのです。

 

逆に言えば、自分の気持を告白した結果、断られることがあるかもしれません。

自分が好きになった女性に嫌われたときは、とても寂しいものです。

 

でも自分の気持を正直に言わないで、ただ付き合っているふりをするのは、2人にとってなんの利益にもなりません。

自分から愛する事

恋愛するときに、愛されるのを待つか、自分から愛していくかの2通りがあります。

 

愛されるのを待つ場合は、人から誤解されたりして受け入れてもらえないことで、寂しい思いをしなければなりません。

 

自分の方から積極的にいけないことで、待つことになりますが、いつまで経っても相手ができることはないでしょう。

このときに考えることは、自分が相手にどのように見られているのかが気になることです。

 

見られる自分を気にするあまり、よりよく見られようとポーズを作ることで、自分自身を失ってしまうのです。

それを無くするためには、自分から愛していくしかありません。

自分から愛していくことは難しい場合もあります。

 

それでも勇気を出して自分から愛していくほうが、自分の好みの女性にアプローチすることができ、待つストレスもなくなります。

まず自分を愛すこと

自分が嫌いと思っている男性もいます。

それは、自分と他人を比較して、他人より自分が劣っていると感じるから起こる考えです。

 

他人より劣っていると考えると、自分として生きていくことが嫌になって、自分ではないものになろうとします。

 

そうすると、実際の自分とのギャップに苦しむことになります。

 

恋愛も同じで、理想の自分にこだわり、実際の自分と作り上げた理想の自分の違いに、気持ちがついていかずに苦しむのです。

 

まず、自分を愛さない限り、女性に愛してもらうことはできません。

自分の本当の気持を素直に出すこと、これが恋愛でも基本となります。

ありのままの自分で

恋愛ではどうしても自分をよく見せたくて、自分を飾ることがあります。

 

でも恋愛で、あまりに自分を飾ることは、逆効果になります。

いくら自分を飾っても、そんなに長く続くわけもなく、女性に見破られて終わりになるだけです。

 

自分を飾りたい気持ちはわかりますが、飾ってもあまりいいことはありません。

素の自分を好きになってくれる女性を見つけるほうが、余程楽しく、ストレスの無い方法です。

 

飾らない自分を見て、好きになってくれる女性は、生涯の伴侶候補の女性です。

 

そのような女性に好かれるような、その自分を出せる男性になることが、理想の女性を手に入れる近道です。

好意は伝えない限り伝わらない

好意を伝えなくても、女性の方からいい方に判断して付き合ってくれる、こんな夢物語はありません。

 

好意を持った女性に「好きです」と伝えない限り、好意をわかってもらうことはできないのです。

 

女性に告白して、断られることもありますが、自分から好意を伝えない限り、女性と付き合うことはできません。

 

どんな形であれ、好きだという気持ちを伝えない限り、女性にその気持が伝わることはないのですから。

 

1番大事なことは、とにかく好意を伝えること、その結果断られてもすぐに諦めないことです。

女性にとって、まだ気持ちの準備ができていないうちの告白で、断るしかなかったのかもしれません。

 

しばらく時間を置いて改めて好意を伝えると、OKしてもらえることもあります。

簡単に諦めずに、好きな彼女をものにしたければ、何度もチャレンジが必要です。

まとめ

今回の話はいかがでしたか?

 

恋愛が上手くいかない男性が、女性に好かれるためには自分の気持を押し付けてはいけません。

 

恋愛が上手くいかないときは、女性の気持ちを第一に考えることでうまくいくようになります。

女性に好かれない男性は、自分のことしか考えずに女性を束縛することで、嫌われていることが多いのです。

 

自分の気持を少し抑えて、女性に向き合うことで二人の関係が良くなるでしょう。

 

恋愛が上手くいかない男性がやらなければいけないことは、

・女性の気持ちに任せる

・覚悟をする

・求めすぎない

・女性の気持ちを考える

・女性を束縛しない

・自分から愛する事

・まず自分を愛すこと

・ありのままの自分で

・好意は伝えない限り伝わらない

恋愛のうまくいかない男性は、自分の気持を女性に押し付けて、女性に嫌われていることが多いです。

 

恋愛は、2人の気持ちが合って初めて成り立つものです。

女性の気持ちを考えて、付き合っていくことで、きっとうまくいきます。

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。