恋愛運アップ間違いなし!好きな彼女ができる素敵な言葉8選

 

いつも当ブログにお越しいただきまして、ありがとうございます。 ブログ管理人のソレイユです。

 

恋愛運をアップさせて、好きな彼女ができる素敵な言葉があります。

年頃になれば自然と上手に恋愛ができるかと言うと、そんな簡単なものではありません。

 

恋愛を実らせるには、人間のあらゆる能力が必要で、特に恋愛能力と言われるものが重要なのです。

 

恋愛がうまくいくまでは、好きな人ができない、うまくいかない、両思いになれないなどを経て進んでいきます。

そして、ようやく両思いになれたと思ったら今度は、恋を続けることができなくなって挫折。

本当にうまくいく恋愛は、あまりにも少ないのが現状です。

 

恋愛をうまく進めるために重要な恋愛能力でも特に大事なのは、一人の女性に誠実になる、他の女性に目をくれない。

 

恋愛をうまく進めたいと思ったら、これを成し遂げなければなりません。

スポンサーリンク

恋愛運アップ間違いなしの素敵な言葉

出会いがなければ恋はできない

ただなんとなく生きている男性は恋愛することは出来ません。

そんな男性には女性と出会うチャンスがないからです。

 

なにかに熱中したり、努力するなど、自分の考えを持って生活していると、それに同調してくれる女性が必ず出てきます。

 

その2人が影響し合うことで、恋愛に発展していくのです。

ただなんとなくではなく、自分の目的をはっきりさせた生活を築くことが、恋愛の入り口になります。

 

ただ、女性に好かれよう、愛されようと思った言動は、2人の距離を離す効果しかありません。

愛する女性がほしいときはまず、自分をしっかりとした人間に育てましょう。

自分がしっかりした人間と感じたときには、きっと出会いが訪れます。

 

女性に愛されるためではなく、自分がしっかりとした人間になるための努力が、恋愛への近道となるのです。

彼女を変えようとすると彼女は去ってゆく

彼女を変えようと思う気持ちは、あなたにとってとても損なことです。

彼女を変えたいと思うあなたの気持ちは、胸の奥底にある「不安」からきています

 

その奥底にある不安に負けて、彼女を自分の不安のない、安心できる彼女に変えようとしているのです。

 

不安に従って行動すると、その不安が大きくなって帰ってきます。

その不安のもとである「愛する彼女が、私から離れるのでは?」という考えが、彼女が実際に離れていくまで不安としてどんどん大きくなっていくのです。

 

ですから、彼女の愛が変わるのでは、などと心配してはいけません。

心配することがやめれないのであれば、その不安を口に出して言わないこと。

不安を解消しようとして、彼女にわかってしまうような妙な行動はしないこと。

 

このような彼女でなければ嫌だ、この頑なさが彼女を遠ざけることになってしまうからです。

嫌いな相手は自分が引き寄せている

自分に恋愛運がないと嘆く男性も多くいます。嫌いなタイプにばかり出会ってしまう。

しかし、嫌いなタイプは自分が引き寄せていると考える男性はあまりいません。

 

自分の中に憎しみが大きくあると、憎しみの対象となる人ばかりを引き寄せてしまうのです。

 

自分の中にある感情と同期して、すべての関係ができていくのですから。

自分の中に新しく、相手を認める感情が芽生えてくると、その感情に同期するあなたを認めてくれる相手が、近くに寄ってきます。

自分の感情を変えることで、出会う人も自ずと違ってきますから、

 

街を歩いている幸せそうなカップルを、優しい目で見れるか、憎しみを持った目で見るかで、これからの人生が違ってきます。

 

心は自分がこうと決めたものを引き寄せます。

幸せそうなカップルを、憎しみを持った目で見ると、自分の恋も憎しみを持った目で見ることになるのです。

 

意地の悪い見方をする人に、幸せが訪れにくいのも、このような理由からです。

スポンサーリンク

今良く出来なければこれからも出来ない

すべての出来事は、今までやってきたことの蓄積の結果です。

今憎しみ合っているカップルは、おそらく未来も憎しみ合っているでしょう。

今うまくいかないカップルに、いつかは訪れないのです。

 

良くなることを期待して、そうならない今にイライラしても始まりません。

 

深く愛し合っているカップルは、希望は持っても期待は持ちません。

期待をしないから、今が大事になります。

 

今をいかに楽しく感じあっていられるか、そのことだけに心が向いているときは、愛は自然に育っていきます。

 

昔から人は、きっといつかはいいことがあるとは考えてきませんでした。

幸せはいつかどこかにあるのではなく、今ここにしかありません。

 

人が変えられるのは今しかありません。

今幸せになろうと思えば、きっとなれるのですから。

彼女を疑うと恋はかなわない

よく相手を疑う人は、心に不安を持っています。

恋する彼女に対しては「振られるかもしれない」という不安です。

 

そのため愛する彼女にも「嫌われたくない」という見方から観察をしてしまうのです。

 

そして少しでも彼女の態度に不審を抱くと、自分の方から彼女を遠ざける行動に出てしまいます。

今まで恋愛で失恋など、痛い思いをしてきて男性にこのような態度が見受けられます。

どこか気の良さや相手を信頼する人の良さがあると、恋愛することが楽になります。

 

どんな場合でも、恋愛関係を続けたいと思ったときは、相手を信じることでしか出来ません。

 

彼女を疑ってせっかくの関係を壊すことは、勿体無い以外の何物でもありません。

彼女を信頼して、彼女もあなたを信頼することで、2人の関係は深くなります。

彼女のすべてを受け入れると尊敬される

ある程度付き合いが長くなると、お互いの不満を見つけてしまいます。

時には相手を責めて困らせたりします。しかしこのような言動が、良い結果をもたらすことは決してありません。

 

こうした言動は自分の不安から発しているからです。

 

思いやりや愛からでた言動なら、耳に痛い言葉でも相手は聞いてくれますから、その見極めが大切です。

基本は、彼女のすべてを貴重な個性として、受け止めてあげることです。

受け取るものが大きくなるほど楽になりますから。

 

愛する彼女には、黙ってその個性のすべてを受け取ることができるように、努力することが必要です。

 

それが出来た時二人の絆は固く結ばれます。

人を悪くいうと自分の運命も悪くなる

恋人のいない時やうまくいっていない時、周りのカップルを羨ましく感じてしまいます。

 

特に幸せそうな様子を見ると、羨ましいような、憎らしいような思いになってしまうものです。

 

そんな時でも、その幸せそうなカップルに祝福する気持ちを持つようにしましょう。

心の奥では、憎らしいという気持ちがあっても、決してその言葉を口にしてはいけません。

 

恋愛に限らず上手くいっている人のことを悪く言ったり、嫌味っぽい見方をすると、その時は気分が晴れても運勢の方は、かえって悪くなっていくものです。

 

恋することを悪く言うことで、自分の中で恋が悪いものとの信念を高めてしまうからです。

綺麗事ではなく、人のことを褒める気持ちを持って行動することが、自分の運命を良くするための秘訣です。

女性の感情に目を向けるとうまくいく

多くの男性が女性を思う感情の辛さ、苦しさに負けています。

そして、場違いなアプローチで失敗すると言ったことが続いています。

 

こちらがどんなに好きでも、相手の女性がなんとも思っていない、この現実を認めるしかない時もあるのです。

 

そうでないと、自分の感情のまま行動すると、そのたびに失敗を繰り返すことになります。

自分ではなく女性の感情に合わせることが、女性を振り向かせるコツなのです。

 

女性が笑っていないのに、こちらから笑って近づいても効果はありません。

女性の感情に合わせた行為なら、無理なく一体感を作れます。

そのためには、チャンスを待たなければなりません。

 

結局、自分の感情を女性の感情に合わせることが出来た男性が、恋の勝者になるのです。

まとめ

今回の話はいかがでしたか?

 

愛する女性がほしいときはまず、自分をしっかりとした人間になることが大事です。

 

自分がしっかりした人間と感じたときには、きっと素敵な彼女が直ぐそばに来ています。

彼女を作りたいときは、相手の女性から愛されようと思っては思ってはいけません。

 

あなたから相手の女性を愛するようにすることが、二人の距離を縮めることになります。

最初にこちらから女性を愛してあげましょう。

その気持が女性の胸に刺さって、彼女になる確率が高くなるのです。

 

恋愛運がアップする好きな彼女ができる素敵な言葉は、

・出会いがなければ恋はできない

・彼女を変えようとすると彼女は去ってゆく

・嫌いな相手は自分が引き寄せている

・今良く出来なければこれからも出来ない

・彼女を疑うと恋はかなわない

・彼女のすべてを受け入れると尊敬される

・人を悪くいうと自分の運命も悪くなる

・女性の感情に目を向けるとうまくいく

 

恋愛運をアップさせるためには、自分の感情で行動するのではなく、女性の感情に合わせて行動することが必要です。

 

人のことを悪く言うと、その悪いことが大きくなって帰ってくることを理解しましょう。

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。