3回目のデートの誘い方!ラインを使って絶対OKしてもらえる秘訣徹底説明

 

3回目のデートはとても大事なデートです、

女性と恋愛関係になれるのか、それとも友達止まりで終わってしまうのか決まるからです。

 

3回目のデートが決まっても、ラインでの連絡を絶やさずに、女性のことを知ることに努めましょう。

2回目のデートまでに、お互いのことをある程度知る状態にならなければ、3回目のデートでは良い結果が出せません。

 

今回は、3回目のデートの誘い方、ラインを使って絶対 OK してもらえる秘訣を紹介します。

ラインで3回目のデートの誘い方

2回目のデートまで OK してくれた女性を、3回目のデートを誘う時にも、自分の都合を押し付けることはやめましょう。

ラインでデートに誘うには、まず相手の女性の都合を考えることが大事です。

 

相手の女性の都合も考えずに、何度も ラインを送る。

長文を送ってしまうなど、女性に嫌われるラインになってはいけません。

 

このようなラインを続けると「何この人、ウザい」と思われて、デートに誘うどころか、その前に嫌われてしまうでしょう。

嫌われないラインの具体例

ラインの最初の挨拶には、女性のことを気遣う言葉を入れることが効果的です。

「仕事お疲れさま、あまり無理しないでね。風邪などひいたら大変だから」

 

このように、女性のことを気遣ってあげることで「あ、この人私のことを考えてくれるんだ」と思ってくれるようになります。

それから、お互いの近況を報告し合うことで、相手の女性の今を知ることができます。

 

挨拶が終わった後も「今、ラインしてて大丈夫?」と聞いてから、ライン を始めましょう。

 

「少し疲れたと言っていたけど、少しはす疲れは取れた?」

「最近、仕事の調子はどう?」

「この間仕事で失敗したと言ってたけど、 うまくリカバリーできた?」

 

このようにお互いの近況を知らせあった後に、ちらっと誘いの言葉を入れます。

 

「この間、新しい洒落たイタリアンの店を見つけたんだけど、知ってた?」

「どんな料理を出すのか見たいから、一緒に行ってみない?」

と軽く誘ってみましょう。

 

このように誘われた女性は「一緒に行ってみたい」と思って、デート をOK してくれるでしょう。

デートの誘い方は「デートに誘っているよ」と見え見えの気持ちで誘うと、断られることもあります。

 

特に、あなたと付き合うことをまだ決心できない女性は、デートの誘いに負担を感じる場合があります。

要は、デートできればいいのですから「食事に一緒に行く」という軽い行動から先へ進むことが簡単です。

嫌われるラインの具体例

嫌われるラインは、相手の女性の都合を考えずに ラインを送ってしまうことです。

自分の都合だけでラインを 送ってしまうと、 ほとんど女性に嫌がられますので、注意が必要です。

「いつ時間あいてる?」

曖昧な時間の質問には、女性にもすぐに答えを出すことができません。

「いつ時間あいてる?」と聞かれた時は、女性にも答えようがなく、断りの言葉が返ってくることが多いです。

 

興味を持っている男性から、このような言葉をかけられた時は、嬉しそうに、いついつ時間は空いてるよ、と答えてくれます。

でも、まだそれまで好きだと思ってもいない男性からそのように言われても、すぐに返事ができない質問になります。

「今度、ご飯を食べに行こう」

女性を誘う時は、 しっかりとした時間の計画を立てて誘わなければ嫌われます。

今度と言われても、いつなのか具体的な時間が分からなければ、 答えようがありません。

 

せっかく話が盛り上がっていた時に、具体的な誘いがなければ、女性の気持ちが冷めてしまう場合があります。

今度と言う具体性のない誘いは、女性からスケジュールを出さなければならない、と言う負担感与えてしまいます。

 

そのように負担に思う誘い方をされると、 一緒に行動したいと言う気持ちはなくなってしまうでしょう。

「これから飲みに行こう」

女性の都合も考えずに「これから飲みに行こう」と急に誘われても、その誘いに乗るためには、女性は化粧などいろいろ準備をしなければなりません。

そんな面倒な誘いをしてくる男性は、あまり相手にしたくないと考えてしまいます。

 

あくまでも女性をデートに誘う場合は、必ず女性の都合を考えて誘うのが原則です。

その原則を守ることもできず、ただ闇雲に女性を誘うことは、自分から嫌って下さいと言っているのと同じことです。

3回目のデートの誘い方

LINE を使って3回目のデートを誘う時に、誘い方にもコツがあります。

2回目までのデートで、女性との中がどれだけ近づけれたかで、結果が違ってくるからです。

スキンシップができている

2回目のデートで、女性とのスキンシップができていれば、3回目のデートもきっとうまくいきます。

あなたからのスキンシップに、嫌がらずに答えてくれるのであれば、好意を持たれています。

 

また、女性からスキンシップされたのなら、同じように好意を持たれていると思って いいでしょう。

その場合は、3回目のデートを誘っても、簡単に誘いに乗ってくれます。

 

2回目のデートまでに、女性とのスキンシップが取れていなければ、3回目のデートの誘いは、断られる可能性が大きいです。

女性から ラインの連絡がある

 

普段の連絡も、 ライン でしっかりと連絡を取れている場合は、3回目のデートを誘っても問題なくOKしてくれるでしょう。

いつも連絡を取っているということは、あなたに対して好意があることは間違いありません。

 

好意のない男性に対して、連絡を取ろうとする気持ちは女性にはありません。

なるべく早く、3回目のデートに誘ってみることがいいでしょう。

 

3回目のデートは、あなたが連れて行きたいところではなく、彼女が行きたいところへ連れて行くのが正解です。

例えば、女性が好きな歌手のコンサート、 イベント、女性の好きな映画など、調べておいて、 連れて行くのも喜ばれます。

3回目のデートの目的

3回目のデートの目的は、今までよりもっと親密な関係になるためです。

そのために、女性がどのような気持ちを持っているのか考えて、デートの内容決める必要があります。

 

雰囲気が良くなれば、思い切って告白するということも選択肢の中に入ります。

3回目のデートはとても大切名デートだと言われています。

 

この考え方は正しくて、3回目のデートまでに 、ほとんどのカップルができているようです。

3度目のデートを誘う時の注意点

3度目のデートを誘う時は「あなたと一緒に楽しみたい」という気持ちを込めて、誘うことが大事です。

「誘うのは、あなただけ」とわかってもらえるような、誘い方を心がけましょう。

 

3回目のデートでは、女性との距離を縮めることに重点を置くことです。

そのためにも、3回目のデートでは、自分が行きたい場所ではなく、女性が行きたい場所を選んで行くことは大事です。

 

そのためには、普段の連絡で女性の好きな場所などリサーチして、連れて行って楽しんでもらえる場所を、ピックアップしておきましょう。

ロマンチックな夜景が見える場所、 少しお高いフレンチレストラン、テーマパークなどが喜ばれます。

 

3度目のデートでは、告白するチャンスもとても高くなります。

その時のために、告白のためのプランを考えておく必要もあるでしょう。

 

せっかくいい雰囲気になっても、なんとなく告白したという感じでは、告白された女性の気持ちには刺さりません。

女性の気持ちの中に OK と言う感じがなくなってしまい、断りの言葉が出るかもしれません。

3度目のデートは告白のチャンス

2回目のデートまでに、ある程度お互いのことが知り合えて、3回目のデートでお互いがはっきりした結果を望む時です。

3回目のデートで、はっきりした気持ちを伝えることができなければ、せっかくのデートは失敗で終わってしまいます。

 

そうなると、その後も恋愛関係になることができず、二人の関係がそれ以上進むことができなくなってしまいます。

 

3回目のデートでは、お互いに恋愛話ができるぐらい関係になっていなければ、友達止まりの関係で終わってしまいます。

それだけ告白するのは大変ですが、女性の気持ちを自分に引き付けるには一番確かな方法です。

まとめ

今回は、3回目のデートの誘い方、ラインを使って絶対 OK してもらえる秘訣を紹介しました。

 

告白を成功させ、恋愛関係に進めるか、ただの友達関係で終わるかは、3回目のデートの結果次第です。

女性からの脈ありサインを正しくキャッチし、告白を成功させること。

 

3回目のデートが特別なデートとあることは、女性にも分かっています。

その3回目のデートを OK してくれたということは、好意を持たれていることは間違いありません。

 

3回目のデートが決まっても、 ライン などでの連絡は定期的に行い、デートへの期待を高めていくようにします。

3回目のデートの場所は、女性行きたい場所、これの一択です。

恋愛話をするなど、告白へ進む道筋を作ることが大切です。