本気で彼女がほしい!必死な男のやること6つ

 

いつも当ブログにお越しいただきまして、ありがとうございます。 

 

本気で彼女が欲しいと思ったら、今までの生活をすべて変えるくらいの覚悟が必要です。

彼女を作るためには、女性に見合うだけの男としての魅力を出さなければなりません。

その上で、会話力で女性とのコミニュケーションをとって進んでいく必要があります。

 

彼女を作りたいと言っている男も、彼女を作るための行動をしていないことがよくあります。

女性の方から寄ってきてくれるのを待っている。そんな夢の様なことを考えている男もいるのです。

今回は、本気で彼女を作りたいと思う男のやるべきことを紹介します。

スポンサーリンク

本気で彼女がほしい

出会いを増やすこと

どんなにイケメンでも、出会いがなければ恋愛はできません。

逆に言えば、出会いさえ作ってしまえば、どんなにモテない男でも、彼女を作るチャンスはあるのです。

 

いろんなテクニックを学んでも、出会いがなければ、そのテクニックを使って、女性に アプローチすることも出来ません。

 

あなたは、今の自分に出会いは十分だと言えますか?そうではありませんよね?

出会いが十分足りていれば、あなたはこの記事を読む必要がないですからね。

出会いを増やして、彼女の候補を多くする。

 

これが、恋愛するための大前提です。彼女候補が多くなると、必然的に付き合う回数が増えて女性との付き合いの経験がドンドン増えていきます。

この経験が何にも増してあなたを強くしてくれます。

 

スポーツでも何でもそうですが、最初から上手いプレーが出来ることはありません。

苦しい練習で経験を積んで初めて素晴らしいプレーができるようになるはずです。

 

恋愛では、女性と接する回数を増やして経験値を積むことが大事になります。

出会いが少ないと、この様な経験を積むことが出来ません。

 

経験を積むことで、自信がついてきますし、その自信が余裕を作ることにつながって、女性に慣れることが出来ます。

この、自信と余裕が女性と付き合う時に威力を発揮します。

自信をつけること

自信のない男の取る行動で女性と会った時に女性の目を見て話せずに、話も小さい声でボソボソと話す状態があります。

このような男が、彼女の出来ることはまずありません。

 

自信がないと、全てが受け身になってしまって、自分からアプローチしようとしない事があるからです。

女性は、男にリードしてもらいたいと思っています。

力強く、グイグイ引っ張っていってくれる男を求めているので、その女性の望みを叶えられるか。

それが、女性が男と付き合うかどうか決める境目です。

 

自信をつけるのも、経験を積んで女性に慣れることが大事なことで、これさえできれば自信がつきます。

恋愛に不慣れな男に、最初から自信を持って女性に向かえと言ってもそれは当然無理な話です。

だから、女性に接する回数を増やして、女性に慣れることが自信をつけるための必須の項目です。

失敗してもくじけないこと

恋愛に失敗はつきものです。

まして、恋愛に不慣れな男が、最初から女性と付き合う事ができると考えるほど、恋愛は甘いものではありません。

 

「断られたらどうしょう」このような考えは誰でも考えながら、それでも勇気を出してアプローチしています。

特に、一人の女性を何とかしようとしている時に断られてしまうと、落ち込み方が激しくなります。

立ち直るにも、かなりの時間がかかってしまうものです。

 

そのためには、一人の女性に固執するのではなく複数の女性と出会っていれば、次の女性に行けます。

付き合う前から、一人の女性に固執するとキモい男と判断されて、女性は離れようとします。

 

複数の女性と出会っていると、失敗しても次の女性にと考えることが出来、緊張することなく女性と接することが出来ます。

このような状態を作っておくことで、一人の女性に断られても、落ち込むことも無くなり、楽になります。

スポンサーリンク

女性の話を聞くこと

会話は女性と付き合うためには、避けて通れないテクニックです。

人間は誰でも自分の話を真剣に聞いてくれる相手に、いい感情を持つことは普通ですよね。

 

特に女性は、自分の話に共感してもらいたいと思っていて、真剣に聞いてくれて、共感してくれる男に好意を持ちます。

女性は、自分の話に結論や、解決法を求めはせずに自分の話に共感して欲しいと思っているだけです。

男の話と、根本的に違っていることを、まず理解しましょう。

その上で、女性の話を最後までじっくりと聞く事です。

 

女性の話を、途中でさえぎったり、自分の話したいことを喋りだしたり、間違いを訂正するなどしてはいけません。

女性に、気持ちよく話をさせて、女性がスッキリした気持ちで話し終わるまで、じっくりと聞いてあげましょう。

そのあとで、質問なり訂正なりをすればいいのです。

 

この話のきき方を、いつでもできるようになると、女性の好意が次第次第に大きくなることは確かです。

女性の話は、オチがないとよく言われますが、話を最後まで聞くことは、二人の仲を良くします。

 

女性の話を聞くための基本中の基本と言われるのが、女性の話をよく聞いて共感してあげること。

とりあえずは女性に気持ちよく喋ってもらえる雰囲気を作ることです。

清潔感を出すこと

初対面では、見た目で殆どが決まってしまいます。

人間は内面が大事とよく言われますが、それは 出会って、付き合い始めてから言われることです。

 

見た目で、女性が一番気にするのが、「清潔感」です。

「きれいな服装をしているか」

「髪型は整えられているか」

「爪はきれいに切られているか」

「肌の手入れはされているか」

 

この全てが、女性の判断材料になるのです。

女性に気に入られようと思ったら「清潔感」を大事にする。この事は、何にも増して重要と認識しておくことです。

 

ただ、清潔と清潔感が違うということを分かっていないと、毎日風呂に入ってるから清潔だ、だから問題ないだろう。

このように思って、女性に嫌われてしまったという話は、どこでもよく聞かれる話です。

「清潔感」とは、女性が不快に思わない状態を言います。

 

女性が、男の服装、頭髪、爪、肌など、自分の見た目で生理的に受け入れられる雰囲気になっているかで判断します。

かなり、女性の主観的な考えで左右されることです。

それでも、最低限の「清潔感」があればいいとも言えますね。

ガツガツしないこと

本気で彼女を作りたいと思う男は、彼女がほしいあまり「ガツガツ」感が出てしまうこともあります。

しかし、彼女が欲しい「ガツガツ」感は女性が逃げる理由になります。

 

ガツガツした感じでは「この人、私のからだ目当て?」なんて誤解されてしまい、女性が逃げてしまうのです。

でも彼女が欲しい人は、この「ガツガツ」感を表に出さないことは難しいかもしれません。

 

この「ガツガツ」感を表に出さないようにするには、1人の女性にだけ優しくするのではなく、他の女性にも同じように優しくすることで、この「ガツガツ」感を目立たなくすることができます。

その結果、誰にでも優しく接してくれる男だと判断されて、男の株が大きく上がるのです。

誰にでも優しい人なら、それだけで女性の評価が良くなります。

まとめ

今回の話はかがでしたか?

今回は、本気で彼女を作りたいと思う男のやるべきことを紹介しました。

それほど難しいことではありませんし、やる気さえ出せばいつでも実行できて、結果に結びつきやすい方法です。

・出会いを増やすこと

・自信をつけること

・失敗してもくじけないこと

・女性の話を聞くこと

・清潔感を出すこと

・ガツガツしないこと

 

彼女が出来ず悩んでいる男がいることも確かです。

しかし、このように言っている男は、意外と行動していないことが多くて、行動すれば解決することなのです。

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。