女子をキュンとさせるLine!効果的な恋愛Lineテクニック6つ

 

あなたは、女子をキュンとさせるくらい、Lineを恋愛に利用していますか? 

モテる男はLineを上手く使って、女子の気持ちを自分に向けるように積極的に利用しているのです。 

あなたも、女子をキュンとさせる、その恋愛Lineテクニックを覚えて素敵な彼女を作るための方法の一つとして、活用して下さい。

Lineは、お互いに時間のある時に短文で、チャット形式で行うツールです。 

 

独りよがりに、Lineを送信続けてみる男性もいますが、そんな行為はそのまま既読スルーへ一直線です。 

Lineを使う人がドンドン増えていますので、恋愛にもたくさん使って女子とのコミニュケーションツールとして活用することが正解です。

 

今回は、女子をキュンとさせるLineの使い方を紹介します。

 

スポンサーリンク

女子をキュンとさせるLine

早めに返信する

返信は少し遅らせたほうがいい、なんて言われていますが、 モテる男性はまめに返信するスタイルをテクニックとして使っています。

相手に「どうして返信してくれないのだろう?」と思わせる駆け引きもありますが、女子の本心は早い返信がとても嬉しいということです。

 

Lineの返信も早いのが女子に好まれるのです。

返信できない状態の時は仕方がありませんが、時間があって返信できる状態のときは、早めの返信が正解です。

 

女子の会話にきちんと付き合うという意味でも、すぐに返信したほうが良いでしょう。 

マメさは、恋愛における重要なテクニックです。 

マメさがあるからこその上級者テクニックですので、マメであることを心掛ける事です。 

マメという事は、真剣に会話に向き合っているということに繋がります。

Lineが届いたらできるだけ早めに返事をしましょう。

 

ただ、あまりに早い返信は「この人暇そう」とか「私のLineを待っているのかしら?」と思われて女性の気持ちに疑いを持たせる事になってしまいます。

やはり、常識的な時間として2~30分くらい待つくらいが良いですね。

 

スポンサーリンク

出来るだけ短文にする

メールの延長線上でLineを使っていませんか?

その一番多い例が、結構長い文章を送ることで、Lineの特徴のチャット機能を無視すること。 

 

送られた女子は「なに、この長い文章、疲れる」と文章を見ただけで読む気も失せてLineを止めてしまいます。 

メールでもLineでも、相手の女子に負担のかからない方法で送信するのが基本です。

 

どんな場合でも、相手の女子が「こんなの嫌」と思うような送信をしない。

これを徹底できずに自分本位の送信をすることは、1番まずいやり方です。

こうなると、既読無視が多くなって、結局上手くいかなくなる事が多いです。

 

とにかく、Line はチャットで短文のキャッチボールのツールということを認識して、活用することです。 

真面目に返信したり、メールを送ったりすることは悪いことではありません。

しかし、長文だったり、返信に困るような難しい内容のメールを送るのは止める事です。 

長い文章を送り続けていると、嫌われて終わりです。 

★参考記事はこちらから ▽

スタンプより絵文字を使う

Lineの特徴の一つにスタンプがあります。

スタンプだけで意思疎通が出来てしまうこともあるくらいです。 

 

最近では、スタンプも増えてきて、無料、有料含めて面白いスタンプを用意して使っている人も多くなりました。 

しかし、あなたがモテたいと思っているのならスタンプより顔文字や、絵文字を使ったほうが確実に女性に喜ばれます。 

 

モテる男は、他の男と違うということを顔文字や絵文字を使ってアピールする、といった恋愛テクニックを上手に使っているんです。

もちろん、スタンプを使うのはダメという事ではありません。

しかし、モテる男はスタンプだけで返事をすることは絶対と言っていいほどしません。 

スタンプだけの返事は、女子に「嫌われているのでは?」と 言う気持ちを持たれる可能性があって上手くいかなくなる事も。

最近はスタンプもずいぶんと多くなって、使ってしまいたくなることもあります。

 

ただ、女子からのスタンプにスタンプで返すLineは、モテる男のやり方ではないということ。

スタンプも、上手く使って女子との仲を進めることです。

★参考記事はこちらから ▽

Lineで大事な話はしない

Lineで大事な話をすることはNGです。

大事な話は女子と顔を合わせてすることが大事ということ。 

 

Lineで告白なんて結構流行っているという話も聞かれる昨今ですが、大事な話をLineでしてしまう風潮はかなり多くなっているようです。

しかし、モテる男は「Lineで大事な話はしない」を徹底します。

Lineは気軽な会話ツールだから大事な話はしないことを、女子にアピールするテクニックとして、利用しているのです。 

 

Lineは主に連絡や、何気ない会話に利用することが1番の使い方ですからね。

Lineで会話をしていて、大事な話になりそうになった時に、直接話したいから今度ゆっくり話そうで終わります。 

そうすると、女子は私の話を真剣に聞いてくれる人なんだと、間違いなく良い印象を与えることが出来る恋愛テクニックなのです。

★参考記事はこちらから ▽

催促するLineはNG

男性からすると、わくわくしながら送ったLineに返信が来ないときはヤキモキします。

しかし、返信を催促してしまうと全くの逆効果です。

「今忙しいの?」

「大丈夫?」

「どうしたの?何かあった?」

この催促のLineが、一番女子から「ありえない」という意見が多いのです。

 

女子からの返信が遅かったり既読スルーされたりした時に、このような催促のLineを送るのは絶対NGです。

これをやってしまうと、一気に女子からウザい男と思われてしまいます。

「彼氏でもないのに返事を催促さるたのは面倒くさい」

「少し返信が遅れただけなのに理由を聞かれるのは疲れる」

「いちいち言い訳しなければいけないのはありえない」

「返信をせかしてきたら引いてしまう」

催促された女性の気持ちは「ありえない」ということです。

 

「嫌われたのかな?」

「何か変なこと言ったかな?」

「どうして返信こないのかな?」

このように、返信が来ないことで不安や心配が頭の中に浮かんでも、絶対に返信を催促してはいけません。

こういう時は、とりあえず別のことをしながら気長に待つのが賢明です。

趣味や自分の好きなことに頭を切り替えて、とりあえずLineのことは忘れることです。

★参考記事はこちらから ▽

アイコン画像にこだわる

あなたは、アイコン画像に自撮り写真を使っていませんよね。 

アイコンを自分の写真にするとわかりやすいことは確かです。

しかし、自撮りの写真を使うとサモサモ感が出て嫌われます。 

自撮り写真は、どうしても独りよがりな写真になってしまいがちです。

女子にとっては、写真を見ることを、強制されるような気持ちになってしまうのです。

女子をキュンとさせるLineの言葉ベスト10

第10位 「がんばれよ」

落ち込んでいるときの気持ちに、ストンと入り込む言葉が「がんばれよ」です。

励ましの言葉をかけられると、落ち込む気持ちが薄れていきます。

 

もともとあまり女子の気持ちを理解できない男が「がんばれよ」と言ってくれることに、女子は胸キュンするのです。

「がんばれよ」の言葉には、男らしさと優しさが溢れていて、女子の気持ちに刺さるのです。

第9位 「なにかあった?」

男が心配して言ってくれる「なにかあった?」は、女子を胸キュンさせる言葉です。

女子のことを気にかけて、心配しているのがよくわかります。

 

優しい言い方で気持ちに寄り添ってくれる言葉です。

好きな男から言われたら、女子が胸キュンすることは間違いないでしょう。

第8位 「俺が守るから」

好きな男から「俺が守るから」と言われたら、胸キュンするのは間違いありません。

とても頼もしく、いつも言ってもらいたい言葉です。

男らしさを再認識して、惚れ直す気持ちになるでしょう。

第7位 「好きだよ」

Lineのやり取りの途中で「好きだよ」と突然言われたら、ドキッとしてニヤケ顔になってしまうでしょう。

それほど関心のなかった男の言葉でも、女子が胸キュンしてしまう言葉です。

 

やはり「好きだよ」という言葉は、ストレートに女子の胸に響いていくのです。

女子を胸キュンさせる言葉の中でも、くり返し使っていくと効果のある言葉でしょう。

第6位 「さびしいな」

「さびしいな」と言われた女子は、なんとかしてあげたいと思うものです。

しばらく会えないときでも、時間を作って会おうとするでしょう。

 

「さびしいな」という言葉は、女子の気持ちを揺さぶって、男の存在が気になってくるのです。

男の弱いところを見た気がして、女子の母性本能を刺激するのです。

第5位 「一緒に行こう」

どこかに行こうと考えているんだと話したときに「一緒に行こう」と言われたら、女子の胸はキュンとしてしまいます。

二人で楽しいことを一緒にできることは嬉しくて、それだけで優しい気持ちになってしまうでしょう。

自分の存在を認めてもらえたと考えて、より好意が強くなっていきます。

第4位 「いつでも連絡しておいで」

なにか相談したり、愚痴を聞いてもらったときに「いつでも連絡しておいで」と言われると、甘えたくなってしまいます。

男の頼りがいのある言葉なので、女子の胸をキュンとさせるのです。

今だけでなく、これから後も気にしてくれることが、とても嬉しく思うのです。

第3位 「かわいいね」

「かわいいね」という言葉は、女子なら誰でも言ってほしい言葉です。

自撮り写真を送ったときに「かわいいね」とか「かわいすぎない」と褒められると、女子は胸キュンしてしまいます。

女性の気持ちを考えて、素直な気持ちで褒める言葉は、いつでも言ってもらいたい言葉なのです。

第2位 「俺じゃだめ?」

男友達とのLineで「そろそろ彼氏欲しいな」なんて言ってしまうときもあるでしょう。

そんなときに「俺じゃだめ?」と返されたら、びっくりしながらも胸キュンしてしまいます。

 

告白されたみたいとドキドキしてしまうでしょう。

友達だと考えていた男からの言葉なら余計に、女子の胸キュンを誘うのです。

第1位 「いま、お前のこと考えていた」

Lineで話し始めたときに「いま、お前のこと考えていた」と言われたら、女子は胸キュンしてしまいます。

離れているときにLineで送られてくる言葉で、第1位になるのもわかります。

 

なんとなくLineしたときに、真っ先にこの言葉を言われると、とても嬉しくなるのです。

会えないときも、気持ちが通じ合っていることが確認できて、安心するのです。

女子をキュンとさせるアイコン画像

可愛い動物の写真

可愛い動物の写真を嫌いな女子はいませんので、犬でも、猫でも子供の写真は最適です。

「動物が好きなの?」と聞かれる可能性が高くこの可愛い動物の写真から、話が弾む事は確かです。 

飼っているペットの写真なら、そのペットのことで話が盛り上がるでしょうし、飼っていないのなら何故飼えないのかの理由でも話は弾むでしょう。

 

女子は「動物好きに悪い人はいない」と思っています。

この恋愛テクニックは、女性の本質を利用しています。

友達との楽しそうな写真

友だちと楽しそうに遊んでいる写真も女子には好評です。

友達も多く、社交的な面も女子に好かれるからです。

数人の友達との明るい笑顔の写真は、あなたの友達の様子も知らせることができるので、女子には好まれます。

まとめ

今回は、女子をキュンとさせるLineの使い方を紹介しました。

 

Lineで女子とコミニュケーションを取るためにはまず、今のLineの送り方が女子の負担になっていないかを考えてみます。

送ったLineが女子の生活のサイクルを狂わせることがないように、送る時間を考えたり、長文を送ったりしないなど、女子に寄り添ったLineを送りましょう。

 

モテる男はLineを上手く使って、女子の気持ちをつかむことを色々工夫して活用しています。 

 

女子とのLineがなんかうまくいかないなと思っているのなら、これらのLineの使い方を覚えて、恋愛テクニックのツールとして活用しましょう。 

Lineを上手に使いこなして素敵な彼女を見つけて下さい。