女性をその気にさせるlineとは?すぐに効果が出る7つのポイント

 

いつも当ブログにお越しいただきまして、ありがとうございます。 ブログ管理人のソレイユです。

 

あなたは、せっかく送ったLineを既読スルーされて落ち込んでいませんか?

なぜ既読スルーされてしまうのか。

 

それは、まだ女性の気持ちが高まっていないうちに「好きです」「愛しています」と重いLineを送ってしまっているからです。

 

女性の気持ちは、好きになるまで時間がかかりますので、まずここを理解しないと失敗ばかりになります。

女性をその気にさせるLineは、その時の女性の気持ちを考えて送ることが大事ということです。

 

今、女性の気持ちが自分に対してどのへんにあるのか、これを見極めないでLineで好意を伝えることが女性の気持ちを重くして、既読スルーにつながっているのです。

 

あくまでも、女性の気持ちに沿ってLineを送ることが、最低限のスキルです。

 

女性をその気にさせるlineは自分の気持だけで送ってはいけません。

スポンサーリンク

女性をその気にさせるLine

女性の話にしっかり共感する

Lineでの会話は、女性の話にしっかり共感するすることが大事です。

 

女性はどのような会話でも、共感してくれる相手に好意を持ちます。

 

このような女性の気持ちを理解して、女性の話にしっかり共感することで次第に好意が強くなっていくことが期待できるのです。

 

その共感の方法の1つとして、しっかり相槌を打つことが女性に喜ばれる方法です。

ただ、相槌の打ち方を間違えると逆効果になりますので、注意が必要です。

 

何個か相槌の言葉を用意しておいて、代る代る使うようにすることが大事です。

 

いつも同じ相槌を使っていると、女性は「私の話に興味が無いんだ」と判断してしまうからです。

女性にそのように思われれしまうと、二人の仲が進むどころか壊れてしまいかねません。

★関連記事

女性の話を中心にする

 

Lineの会話は女性が中心という考えで行くことが必要です。

 

女性は、自分の話を聞いてもらって共感してもらいたいと考えていますからね。

普段の会話でも、Lineの会話でもそれは変わりません。

 

たまに、女性の話しと全然違うことを、女性の話を遮るように送る男性もいますが、一番嫌われる行為です。

よく聞き上手の男性はモテるといいますが、Lineでも女性に聞き上手な男と思ってもらうことが大事なのです。

 

その聞き上手と思ってもらう言葉が「オウム返し」、女性の言った言葉をそのまま返すようにすると聞き上手な男性と判断してくれます。

 

女性に自分の話したいことを自由に話させて「オウム返し」で返事をしていると、気持ちよくLineの会話が進むでしょう。

 

それが女性との距離を縮めるとても有効な方法です。

即レスは嫌われる

好きな女性からLineで連絡をもらうと、嬉しくなって即レスすることがありますが、この行為は女性に嫌われるやり方の1つです。

 

女性は、自分より下の存在と思った男性を好きになることはありません。

 

Lineの即レスも「余裕がない男」「ウザい男」「暇な男」と判断されて、恋愛対象から外されてしまうのです。

Lineの即レスは、どうしても急かされているような感じを持たれてしまうのですね。

 

それを続けていると、次第に「重い男」と認識されて、既読無視からブロックへと進んでしまいます。

このように、女性からのLineに対しては、よほどの緊急を要する場合以外は、即レスすべきではないのです。

 

どのくらいのタイミングが返信に適しているかといえば、少なくても女性よりも間隔をおいて返信することがいいでしょう。

 

好きな女性からのLine、嬉しくてつい、となるのは普通ですが、そこをぐっとこらえて返信を遅らせることです。

 

その間隔が、逆に女性にあなたのことを考えさせる時間になるといういい環境ができるのです。

★関連記事

スポンサーリンク

女性の好きなスタンプは有効

Lineのいいところは、スタンプで文章を飾ることができることです。

そのスタンプが、女性の好きなスタンプなら、そのスタンプを文章の最後につけて送るときっと喜ばれます。

 

コツは、女性の好きなスタンプを知ることです。

そしてそのスタンプを、くどくならない程度に使うこと。

これを繰り返すことが、女性との中を深めるために有効な手段です。

 

スタンプのプレゼントをしても、会話が広がっていい雰囲気になることができます。

 

たまには、面白いのスタンプを送ることも喜ばれます。

面白い会話は簡単に話せませんが、面白いのスタンプを送ることは簡単です。

 

今は、面白いキャラクターのスタンプや、流行りの芸人のスタンプなど、いくらでも面白いスタンプが揃っています。

文章と何のつながりのないときに、突然面白いスタンプを送ると、女性はびっくりしながら喜んでくれます。

愚痴や自慢話はNG

普通の会話でも愚痴や自慢話は嫌われますが、その行為はLineでも同じことです。

 

Lineのテンポのいい会話の中で、女性がつい愚痴を送信てくることがあるかもしれませんが、女性から送られてきた愚痴には、徹底的に共感することに徹することが大事です。

 

女性からの愚痴には共感しても、自分からは絶対愚痴を送ってはいけません。

男としての位が落ちてしまいますから。

 

自慢話も同じです。

自慢話を読まされる方は、ただただ「ウザい」この感じしかありません。

 

普段の会話で嫌われる自慢話は、Lineでも嫌われるのです。

 

自分で書いていて「ん?」と思う文章があったら、女性に送る前のチエックをして、修正を加えましょう。

それが女性に嫌われないための方法に1つですから。

★関連記事

好意を示す文章は送らない

よくある話で、Lineで好意を示す文章を送っておいて、いざ実際に会ったときには、当たり障りのない話しかしない。

 

このような態度では、女性にアピールできる折角の機会を自分で潰しているようなものです。

いちばん大事なのは、Lineでは好意を示すような文章を送らないこと。

 

Lineで好意を示された女性の気持ちは「この人重い」です。

女性にこのように思われてしまうと、女性の取る態度は次第に引いていくということです。

 

最悪、ブロックから音信不通となってしまうでしょう。

 

Lineと実際のデートで全く逆の態度を取っている限り、女性に好かれることはないことを理解して下さい。

終わらせるのは女性側にする

Lineで会話をしているときに、どちらの会話で終わらせるべきか考えてしまうことがあります。

 

そんな時は、女性側の送信で終わらせると、女性に返信の期待を持てせることになります。

 

その間、女性はあなたのことを考える時間ができてしまうわけです。

 

考える時間が増えれば増えるほど、女性の気持ちの中にあなたの存在が大きくなっていくのです。

 

ほんの小さい積み重ねでも、それが多くなると彼女の気持ちの中にあなたがどんどん大きくなります。

そのあなたの存在を大きくするためにも、女性の送信でLineを締めるのが好意を獲得する秘訣です。

Lineでハートマークを送りますか?アンケート

女性に「LINEで男性にハートマークを送りますか?」という質問に「好きな人にだけ送る」のか「好きな人以外にも送る」のかを答えてもらいました。

やり取りの状況などにもよって、多少の変化はあるかもしれませんが、基本的な考え方としては、

半数以上の女性は好きな人にだけハートマークを送るようにしていて、他の約4割の方は好きなどに関係なく送るということです。

この確率を、高いと取るか低いと取るかはその方次第ではありますが、もしハートマークが送られて来た場合には、6割の可能性で好きな人である可能性があります。

引用:Aprico   https://aprico-media.com/posts/2035

まとめ

今回の話はいかがでしたか?

 

女性をその気にさせるlineは、女性の会話に共感することが、とても効果があります。

 

メールでもLineでも、女性の愚痴を聞いて上げることができるようになると、会話も弾むようになります。

 

女性をその気にさせるlinは、

・女性の話にしっかり共感する

・会話は女性の話を中心にする

・即レスは嫌われる

・女性の好きなスタンプは有効

・愚痴や自慢話はNG

・好意を示す文章は送らない

・終わらせるのは女性側にする

 

Lineはコミニュケーションツールとして活用すると、とても便利なものです。

 

そのLineをうまく使いこなして、女性との仲を深めることにつなげるように使ってくことが必要です。

 

Lineはこれからの恋愛には不可欠なツールになっています。

Lineを上手に使って、女性との距離を近づけるようにしましょう。

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。