女性に好意を伝える方法!告白が重いのはなぜ?

 

いつも当ブログにお越しいただきまして、ありがとうございます。 

 

女性に好意を伝えていますか? 自分の好意をどのように伝えたらいいのか迷っている人も多いはず。

好意をもっている女性との距離を縮めるために、自分から好意を持っていることを伝えることが大事です。 

 

好意を伝えて、女性の反応を見ることで、次に進むことができるのです。

好きな女性に自分の好意を伝えることは、誰だって恥ずかしいし、勇気のいる行為です。

女性との距離を縮めるためには、好意を少しでも伝える必要があります。

 

誰からでも、好意を伝えられて迷惑に思う人はいませんから。

好きな人に好かれたいなら、好きなことをしっかりと伝えることが最低限必要なことです。

スポンサーリンク

女性に好意を伝える方法

女性に好意を伝える方法1 視線で気づかせる

何度も目を合わせることで、好きな相手を見ているということが伝わります。

自信がある人は、目を合わせたり見つめたりしてアプローチすることもあります。

意識して目を合わせなくても、好きだから自然に目がいってしまうという人もきっと多いと思います。

 

男性は無意識に女性のことを見てしまうことがあリます。そういうふとした瞬間に見つめられて「えっ?」感じる女性は多いです。

相手の話を聞いてる時は相槌を打ちながら目を見つめると、親身になって聞いていることが伝わり好感度があがります。 

 

何度も目が合う人は自然と顔を覚えてもらえますから、好きな女性にアピールする方法としては、有効です。

見つめすぎて彼女を困らせないように、何度かチラチラ見るようにすると自然に気づいてもらえるようになります。 

★関連記事

女性に好意を伝える方法2 さりげないボディタッチ

女性の肩や腕などにさりげなく触れる「ボディタッチ」は、好意を示すための方法としてはとてもいい方法です。

好意を感じている男性からの「ボディタッチ」は間違いなく女性の気持ちを捕まえることができます。

 

ただし、触りすぎたり、女性が嫌がるところを触るのはタブーです。

あくまで、タイミングを考え、触り方もさりげなく行うのがポイントです。

 

軽く肩を叩く、指でつつく、背中を支える、手をつなぐなど、軽く相手に触れることから始めることです。

女性も、好意を持った男性からのさりげない「ボディタッチ」は嫌いではありません。

お互いの気持をつかむためにも、さりげない「ボディタッチ」はとても効果的なのです。

女性に好意を伝える方法3 友達をつかう

なかなか好きな女性に面と向かって思いを伝えることもできないでしょうし、言えたとしても引かれてしまったり、ということも起こりがちですね。

まずは周りの友達に好意を伝えてみるといいかもしれません。

人づてに聞いた方が、とても素晴らしい女性だと思うこともあるのです。

友達は、二人の仲を取りもってくれるために、いろいろと動いてくれます。

 

友達を通じて話をすると、難しく考えることがなく、自然に付き合うことができるようになるのです。

お互いのことを良く知っている友達が間に入ることによって、付き合うための面倒なプロセスを省略できますから。 

スポンサーリンク

告白が重いのはなぜ

告白が重いのはなぜ1 告白するには

恋愛初心者の男性は「好きだと伝えることが告白だ」と思ってることが多いですよね。

告白とは「あなたが好きです、付き合ってください」ということです。

 

まだ女性が男性に好意を持っていない状態で告白するから断られるのです。

女性が男性に対して好意を持っている時に「告白」されるとすごく嬉しいでしょう。

しかし、好きでもない男性に告白されて喜ぶ女性はいません。

 

気まずくなって、今まで上手くいっていた二人の仲も、ぎこちなくなってしまいます。

「好きです、付き合ってください。」の「付き合ってください」の部分が余分なんですね。

 

「好き」と伝えるだけなら、嫌がる女性はいませんが「付き合いたい」と女性の気持ちも考えずに突然告白すると、戸惑った女性は「あなたとは友達で」と言って断るしかないのです。

どうしても告白しなければと思うのならば、女性が自分の事を好きになっていると確認できてから「告白」することです。 

★関連記事

告白が重いのはなぜ2 告白はするな

女性が自分の事を好きになっていると確認できてから「告白」すると言いましたが無理に告白して二人の仲を壊すことはありません。

告白は、もともと女性に重たく受け止められることなのです。

好きでもない男性から告白されて、それに返事をしなけならないことは、女性にとって重荷になります。 

 

女性に告白したという事は、女性にも好きになってくださいという見返りを求めていることになります。

男性が恋人になりたいという思いが、女性にとっては面倒くさいという気持ちしかないのです。

 

告白を断った手前、普通に接していいのかどうかよく分からない。

この気持が、女性を引かせてしまう原因なのです。

告白しなくても女性と付き合うことはできます。

 

その秘訣は、女性が好きだという気持ちを、好意を伝え続ける方法です。

その方法は、女性を褒める言葉に「好き」という言葉を混ぜるやり方です。

 

「彩音のファッションセンス、僕は凄く好きだな」

「彩音といると、時間の過ぎるのが早く感じるよ」

 

このような感じで、女性の負担になる告白をしなくても女性と付き合う方法があることを理解することです。 

★関連記事

告白が重いのはなぜ3 告白する前に

それでも、男として女性ににしっかり「告白」して、付き合ってもらうんだ。こんな男性もいるでしょう。 

それはそれで、女性の気持ちを大事にした上で「告白」して、付き合うという気持ちは男らしいといえます。

それでも「告白」した結果、女性から断られて、撃沈したなんてことは、よく聞く話です。

 

そのようなことをなくすために、好意を伝え続ける、女性の反応を見る事を繰り返すことで女性の気持ちを知るようにすることです。

この好意を伝え続ける方法は、好意を伝え続ける方法が失敗したとしても、後でいくらでも修正がきくのがいいところです。 

 

「美香のそういう部分、僕は好きだな」

「美香はいつも明るいよね、そんなところが俺は好きなんだ」

 

と言った言葉を女性にかけて、それを繰り返しで様子を見る、これが「告白」をする前にやることです。 

★関連記事

告白が重いのはなぜ4 告白するタイミング

告白するタイミングを見つけるには、好意を伝え続けることで 女性の反応を見る事を繰り返すことです。 

そのやり方は「好きという気持ちを伝え続け、その後の女性の反応を見て判断する」と言うことです。

 

この方法を使うと、2人の関係を壊すことなく、告白のタイミングを見つけることができます。

その結果もしダメかも、と分かった時でも、後々告白するときのための役に立ちます。

 

女性に告白して断られるのは、女性の気持ちの中に男性に対する好意がまだ高まっていないからです。

そのために、女性の気持ちを高める方法として「好意を伝え続ける」ことが重要なのです。

 

告白の部分の「付き合ってください」というところが、まだ、男性に好意を持っていない女性にとっては、とても重く感じられて、その結果として断りの言葉になるわけです。

告白してもいいタイミングは、女性に好意を伝え続けることで、女性の気持ちの中に「私のことが好きなの?」と思わせた時から始まります。

その時の女性は、気になっている男性であれば、男性の真意を確かめるために、遠回しながら聞いてくることでしょう。 

 

それは、恋愛話にかこつけて男性の真意を聞いてくることが多いです。

この場合は、女性の男性に対する好意が高まっている状態なので、告白しても断られることはありません。 

 

その反対に「そう、ありがとう」「冗談でしょ」と言われてしまった時は、まず脈無しなしと思って間違いありません。

告白しなければ女性と付き合うことができないと、思いこんでいる男性も多いです。

 

しかし、無理に告白しなくても、ごく普通に付き合っているカップルも大勢いるのです。

「告白しなければ」と思い込まずに、気持ちに余裕を持って、女性に好意を伝え続けましょう。

まとめ

今回の話はいかがでしたか?

 

女性に好意を伝える方法はいろいろありますが、女性に不審に思われないように伝えなければなりません。

最初のうちはさり気ない仕草で好意を示していくことが必要です。

最初から好きですとはっきり分かるアプローチは、女性の気持ちが整っていないので引かれることが多いですから。

 

女性に好意を伝える方法は、

・視線で気づかせる

・さりげないボディタッチ

・友達をつかう

告白が重いのはなぜ

・告白するには

・告白はするな

・告白する前に

・告白するタイミング

 

言葉でも、言葉以外でも、好意を伝える時に気をつけることは、堂々と伝えること。

 

女性に、上の男性と見てもらえなければ、恋愛対象に入れてもらうことはできません。

自信なさげでおどおどした態度が、女性に一番嫌われるパターンです。

好きな女性に向かっては、自信と余裕にある態度で話すことが必須です。

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。