好きな女性へのアプローチ!絶対やってはいけない男性の行動6つ

 

あなたは、好きな女性へのアプローチを間違っていませんか?

 

もし、断られたら嫌だと思って、なかなかアプローチできないのかもしれませんね。

 

そんなあなたは、女性に嫌われる行動を取ってしまっているのかもしれません。

女性に嫌われる行動は、その気になれば簡単に変えることができます。

 

今回は、好きな女性へのアプローチで絶対やってはいけない男性の行動を紹介します。

スポンサーリンク

メールやLineがマメすぎ

お互いに楽しく通信できる、メールやLineは楽しいですよね。

 

でも、それはある程度親しくなってからの話です。

 

まだそれほど好意を持たれていない時に、まめにメールや LINE 送ると「ウザい男」として嫌われてしまうこともあります。

 

マメに連絡をとっていい時と言うのは、女性と会話が成立して、女性も一緒に楽しんでいてくれる時です。

 

それ以外の、マメすぎるメールやLineは女性の負担になるだけで、二人のためにはなりません。

女性からの返信を待って、会話のキャッチボールが成立して、初めて二人の仲を進めることができるのです。

 

自分の思いだけを押し付けるようなやり方は、相手の女性に私を嫌って下さいと言っていると同じことです。

おまけに、メールやLineの返答が、真面目すぎて、楽しむことができない文章も嫌われます。

 

メールやLineの内容は、少しくだけた調子のほうが、相手の女性に負担をかけることが少ないです。

★参考記事はこちらから ▽

自分でデートに誘わない

自分で直接デートに誘わない男性は嫌われます。

共通の友人を通してデートに誘うなどすると、男らしくないと判断されて、その先はありません。

 

女性は、男らしく自信と余裕を持って自分を引っ張ってくれる、そのような男性を求めているのですから。

 

最近の草食系男子にこの傾向が強いですが、やはり自分に自信がないことが原因です。

「断られたらどうしょう」この恐怖感から、素直に女性と向き合うことができないのです。

 

少なくても、女性に好かれるためには、自信と余裕は必ず必要です。

 

勇気を出して、自分から素直な気持ちでデートに誘ってみましょう。

 

その態度は、必ず女性の気持ちを、あなたに近づけてくれます。

★参考記事はこちらから ▽

ボデイタッチが多い

ようやくお互いに好意を持ち始めたばかりの頃に、女性への過度のボデイタッチをすることは絶対にいけません。

まだ好意を持ち始めたばかりで、付き合いまで発展していない状態の時です。

 

髪や肩を触ったり、腰に手を回すなどの積極的なボデイタッチは、嫌がられます。

 

お互いに気分が盛り上がった時に、軽いボデイタッチから始めることです。

親近感が増してからのタイミングで行いましょう。

女性も、好きな男性にボデイタッチされることは嫌いじゃありません。

 

むしろ、好きな男性にはボデイタッチをしてもらいたいと思っているのです。

 

しかし、それはお互いに好きになって、盛り上がった時という条件が付きます。

恋人同士になるためには、ボデイタッチが必要で、それが二人の仲をより近づけるのです。

スポンサーリンク

一回のデートで彼氏気取り

たった一回のデートで「俺の女」みたいな勘違いをして、女性に命令し始める男性がいます。

 

デートをしたからと言っても、まだ付き合う前の状態、そのタイミングで彼氏ズラされては女性は引いてしまいます。

 

この様な勘違いで、女性の気持ちを考えずに行動する男性が、結構な数いることも確かです。

そんな男性が、女性に振られて「なんで?」と考え込んでいることも多いのです。

 

あくまでも、二人は対等の立場であるべきで、女性を見下したような態度では、彼女はできません。

 

自分の態度が、女性にどのように見られているのか、

わからないうちは彼女ができることはないでしょう。

 

二人で過ごした楽しい時間を壊すことがないように、女性の気持ちを考えられる男性になることが必要です。

★参考記事はこちらから ▽

元カノと比較する

女性との会話の中で一番やってはいけないのが、元カノと比較すること。

 

その中で一番嫌われるのが「元カノより可愛い」「元カノより優しい」など、元カノと比較して褒めること。

 

褒められることは、女性にとってもすごく嬉しいことです。

褒め言葉は、二人の仲をより近づけるための最良の方法です。

 

しかし、元カノと比較されて褒められても、女性は嬉しいと思いませんし、逆に怒ります。

元カノと比較しての褒め言葉は、逆効果だと言うことです。

 

女性は、自分を一番と考えてくれることを願う「お姫様願望」があります。

 

そのため、元カノと比較されて褒められても、ちっとも嬉しくないのです。

逆に、そんな評価をした男性を、嫌ってしまうこともあるのです。

 

女性を褒める時は、可愛い部分や、優しい部分を細かく、丁寧に褒めて下さい。

 

絶対に、元カノと比較しての褒め言葉は止めましょう。

★参考記事はこちらから ▽

好きと言うのが早すぎる

男性は、好みの女性を見つけたら、すぐに好きになってしまいます。

それに比べて女性は、男性の内面までも知ってから好意を持つようになるために、時間がかかります。

 

まだ女性が、男性に好意を持っていないのに、メールやLineで好きですなんて言葉を送ると、女性は引いてしまいます。

 

女性の好意がわかるまでは、はっきり好きという言葉を送ってはいけません。

 

なんとか1回目のデートにこぎつけて、その帰り道で我慢できずに告白して「まだそこまでは」で終わる。

こんな話は本当に多い話で、女性の気持ちを考えずに、自分の気持だけで突き進んでいったのが理由です。

焦る気持ちは誰にでもありますが、焦って気持ちを高ぶらせても、いいことは何もありません。

 

女性の気持ちが自分の方に傾いてくるのがわかるまでは、好きという言葉は使ってはいけないのです。

★参考記事はこちらから ▽

まとめ

今回は、好きな女性へのアプローチで絶対やってはいけない男性の行動を紹介しました。

 

好きな女性へのアプローチは、女性の気持ちを考えて進めることが大事です。

女性の気持ちを考えずに、自分の気持ち優先で考えていると、女性に嫌われる行動が多くなります。

 

彼女を作ろうと思ったときは、女性の気持ちを一番先に考えることで、二人の関係がうまくいくようになるのです。

 

女性の気持ちを考えないアプローチで、音信不通になったり無視されてしまったなど、よく聞く話です。

 

それは、知らないうちに女性に嫌われるアプローチで、相手の女性を怒らせてしまったのかもしれません。

女性の気持ちを一番に考えて行動することを覚えると、彼女を作るのが簡単になります。