好きな子のlineがそっけない理由と不安をなくすその対処法

 

好きな子のLineがそっけないと、ちょっと不安になってしまいますよね。

なんか、脈なしのサインみたいで、ガッカリしてしまう。

 

こんな不安や疑問が湧いてきてしまっても、無理はありません。

でも、好きな子のLineがそっけないからと言って、諦めるのは早いです。

 

今回は、好きな子のLineがそっけない理由とその対処法を紹介します。

好きな子のlineがそっけない理由

興味が薄れてきている

付き合い始めの頃は、お互いに相手のことを知りたいので、Lineを送る回数も多いものです。

ある程度の付き合い続くと、自分に合う相手かどうか、信頼できる相手がどうかがわかってきます。

 

そのように考えたときに、なにか自分の感覚にしっくりこないことがあると、相手に対する興味が薄れてきます。

言ってみれば、自分の相手として物足りないと思ったか、自分の希望する男として認められない。

そのように判断されてしまっている状態です。

 

Lineの返信が次第に遅くなり、最悪、既読無視からブロックされて、フエードアウトということになるでしょう。

返信を忘れていた

好きな子も仕事が忙しかったり、他にやることが多いときは、Lineの返信を忘れてしまうこともあります。

また、来客中に来たLineは、返信が後回しになることが普通で、忙しさに紛れてそのまま忘れることもあります。

 

緊急性がなく、すぐに返す必要がないようなLineの場合も、そのまま無視して返信しないこともあるでしょう。

また、疲れて寝ようとしているときに来たLineは、返事は明日にしようと思って寝てしまい、そのまま忘れてしまうことも。

 

いずれにしろ、今すぐにLineで会話する必要がないと判断したときに、返信を忘れることがあるようです。

忙しくなった

最近は、好きな子も仕事などで随分と忙しくなっていることは事実です。

「忙しくなって、あまりLineできない」と言われることがあるかもしれません。

 

特に、急に忙しくなったときなどは、Lineの文面がそっけなくなることも当然あります。

それでも、返信があるだけ良しと考えることが大事です。

 

そんなときに嫌われる行為が「なんでLineできないの?」と、無理に訳を聞く追撃Lineを送ることです。

これをやることで、好きな子の気持は一気に冷めてしまいます。

 

ここは「わかった、無理をしないでね」と返すのが正解です。

仕事が暇になるまで待つことで、またもとの関係に戻ることができます。

面倒くさい

もし好きな子がモテる女性のときは、数人の男とLineのやりとりをしていることが普通です。

そのような女性も、いつまでも数人の男とのLineのやり取りを続けることはできません。

 

その中から、自分に一番合った男を選ぶことになります。

そうすると、必然的に女性に選ばれなかった男は、Lineのやり取りが少なくなります。

 

ただこのような時、男ならLineのやり取りはあっさりと辞めてしまいます。

 

しかし、女性は誰とも揉めたくないと言った考えがあるので、選ばなかったからと言って、Lineのやり取りをすぐにはやめません。

それが、そっけないLineとして現れているのです。

もともとLineが苦手

女性はLineが好きだと思っていませんか?

意外かもしれませんが、Lineのやり取りを苦手とする女性もいるのです。

 

どちらかといえば、サバサバした感じの女性に見られる特徴です。

短文で要件だけ、ハートマークもないそっけないLineを送ってきます。

 

それがその女性のやり方なので、それに対する批判は絶対やってはいけません。

批判などはせず、その女性のメールに合わせるようにするのが正解です。

好きな子のlineがそっけないときの対処法

そっけないことを気にしすぎない

そっけないLineのことを気にしすぎると、どうしても好きな子にそのことを言ってしまうようになります。

その返信を見た好きな子は、自分のことを否定されたと考えて、距離を置こうとします。

 

あくまでも、好きな子に合わせるのが、Lineを上手く続けるコツです。

自分の考えを好きな子に押し付けることは、二人にとってマイナスの効果しかありません。

 

特に、付き合い始めでまだお互いの情報を集めているときは、注意が必要です。

そのまま、好きな子のLineに合わせていくのが良いでしょう。

好きな子のペースに合わせる

Lineは必ず好きな子のペースに合わせましょう。

返信が遅い好きな子に、即レスでLineを返したときの気持ちを考えてみましょう。

 

「私はゆっくりLineしたいのに、即レスはちょっと」と重たい男と判断されて、距離を置かれてしまいます。

好きな子のペースを合わせることで、やり取りのしやすい空間ができあがります。

その空間が、好きな子との付き合いを深めていくのに、とても大事なのです。

 

好きな子からのLineがそっけない文面で返信が遅ければ、こちらも同じようなLineを送るのです。

そのペースが合うことで、好きな子の気持に「ガッツいていない男」と判断されるということ。

おまけに、好きな子に似ているところがあって相性がいいのかも、と思ってもらえることもあるでしょう。

Lineの送る回数を減らす

そっけないLineを送ってくる好きな子は、Lineの回数も少ないことが多いです。

そのような好きな子に、Lineを多く送っても「キモイ」と思われるのがオチです。

 

好きな子のペースに合わせるのが一番ですが、とにかくLineの送る回数を減らすことが必要です。

 

Lineの本来の使い方は、連絡事項を伝えることです。

おはようの挨拶や、お休みなどのLineが好きな女性もいれば、別にいらないと思う女性もいます。

 

何度かやり取りすれば、好きな子のLineの使い方がわかるので、そのへんを好きな子に合わせていくようにすればうまくいきます。

あくまでも自分本位ではなく、好きな子に合わせたLineが付き合いを進める基本です。

時間を考えてLineを送る

 

好きな子の生活パターンに合ったLineの送り方も大事です。

それがわかっていないで、好きな子の仕事が忙しい時間に送ってみたり、寝ているような遅い時間に送ってみたりする男性がまだいるようです。

 

Lineでの会話は、それなりの時間が必要ですので、その時間が取れないときに送るのはNGです。

その時の好きな子の気持は「本当に、私のこと考えているのかな?」です。

 

その結果が、既読無視になってしまうのです。

Lineを送る時間は、好きな子がゆったりと「暇している時間」です。

 

好きな子が会社勤めなら「昼休み」と「夜9時過ぎ」がLineを送るのに一番適した時間です。

これ以外の時間にLineを送ることは、好きな子に距離を置かれる原因になります。

まとめ

今回は、好きな子のLineがそっけない理由とその対処法を紹介しました。

 

好きな子のLineがそっけないのには、それなりの理由があります。

興味が薄れてきているときは、Lineだけで連絡していないで、直に会って関係の立て直しが必要でしょう。

 

それ以外の、返信を忘れたや、忙しくなったなどは、好きな子のLineに合わせることで、関係を続けることができます。

好きな子のLineがそっけないからと言って、二人の関係が悪くなることでもありません。

 

そんなときの対処法は、好きな子のLineに合わせることです。

自分の気持ちを好きな子に押し付けるのではなく、好きな子に合わせるようにすると、うまくいくようになるのです。

どうしても、好きな子のLineがそっけなかったり、返信が遅かったりすると、考え込んでしまいますが、
しっかり対処することで、解決します。