付き合う前のデートで手をつなぐのは「あり?」「なし?」

 

いつも当ブログにお越しいただきまして、ありがとうございます。 

 

あなたは、付き合う前のデートで手をつないでいいかどうか迷っていませんか?

手をつなぎたいけど、どうしても勇気が出ない。

手をつなぐタイミングっていつなんだろう?

 

せっかく二人の仲がいい雰囲気になった時に、手をつなぐなど女性との距離を縮めましょう。

それをしないと、せっかくうまくいっている関係が、なくなってしまいかねません。

少なくても、女性と手をつなぐなどの行動を起こさなければ、それから二人の関係が進むことはないのです。

 

女性に「手もつないでくれないなんて、私の事をどう思っているんだろう?」という考えを持たれてしまうと、終わりということです。

たしかにそれほど親しくなっていない女性と手をつなぐのは勇気がいります。

それでも勇気を出して、女性と手をつなぐことはあなたにとってメリットしかありません。

 

今回は、付き合う前のデートで手をつなぐのは「あり?」「なし?」の紹介をします。

スポンサーリンク

デートで手をつなぐのは難しい?

嫌われたらどうしようと思ってしまう

手をつなごうとして、一番先に頭の中に出る考えが、嫌われたれどうしようです。

まだ付き合って間がない時でもあり、手をつなぐ様な行動に出ると、女性にひかれてしまうかも。

そのように考えてしまって、女性と手をつなぐことができないのがその理由です。

時期的にまだ早いと思っている

せっかくいい感じになってきたけど、手をつなぐような行動に出て、失敗したら元も子もない。

もう少し時間をかけて、女性の気持ちを高めていったほうが後々うまくいくはずだこの気持が手をつなぐことができないことにつながっています。

無理して、手をつなぐ必要はないと思っている

まだ付き合っていない女性と手をつなぐことは、自分の主義に反する、女性に女慣れしたチャラ男だと思われて、結局嫌われてしまうかもしれない。

この様に、自分の主義を持ち出して、女性と手を繋がないことを正しい事だど思っている男性もいます。

付き合う前のデート中に手をつなぐ3つのメリット

あなたが好きですという意思表示

女性と手をつなぐという行為は、相手の女性に対して「あなたを女性として意識しています」という意思を伝えるための一番簡単で、かつ大きな効果も見込める行動です。

 

「あなたが好きです」という意思表示は、言葉では「告白」がありますが「告白」は女性と手をつなぐことより何倍も難しいものです。

その上「告白」に失敗すると、女性との仲を元に戻す事が非常に難しくなってしまいます。

それに比べると、女性と手をつなぐことで示す好意は、自分の好きな気持ちを知らせると同時に、女性に自分を「男として」意識させる事ができるので、とても効果のある方法です。

 

女性に「男として」の存在を示せずに、手をつなぐこともせずにダラダラと、デートの回数だけを重ねていくと「友達」として見られることになって、恋愛対象から外されてしまう恐れが出てしまいます。

女性に対して「意識していますよ」と知ってもらうと同時に「男として」意識してもらうことが、恋愛の最低条件ですから女性と手をつなぐことが、その条件にバッチリなのです。

次のステップに進むきっかけになる

女性を今のぎこちない状態から、次のステップに進む気持ちを起こさせるきっかけを作ってくれるのも女性と手をつなぐことなのですね。

女性の気持ちにある期待をもたせることで、二人の関係をスムーズに進めることができるようになりますが、それが女性と手をつなぐことでできるのです。

 

女性がまだ準備できていないうちに「告白」して撃沈するという話はよく聞きますが、女性にも心構えが必要ですのでその一つのやり方として、手をつなぐのが有効なのです。

「もしかして、口説かれるのかな?」という気持ちを持ってもらえると次のステップに進みやすくなります。

特に女性の気持ちを考えずに突き進んでいくと、ろくなことになりません。最初が大事になるのです。

女性の反応で次の行動を考えることができる

女性と手をつないだ瞬間に帰ってくる反応で、女性の気持ちをある程度知ることができます。

スポンサーリンク

手をつないだ時の女性の反応

友達関係としか思っていない

手をつないだときに、握り返してくれなかったり、やんわりと手を外された時は、彼女の気持ちがまだまだ高まっていない証拠です。

 

この様な素振りをされた時は、とりあえず今回はそれ以上の行動は控えて、無理をしないことで、もう少し時間をかけて、女性の気持ちを自分に向ける努力が必要ということです。

嫌われてはいませんが、女性がまだ恋愛対象とは認めていないで「友達」にとどまっている状態です。

友達以上恋人未満と思っている

手をつないだときに、びっくりした仕草をしてそれでも手を離さない時は、女性の気持ちの中で「友達以上恋人未満」の可能性があります。

 

これからもデートを重ねて、女性の気持ちを高めていって、女性の恋愛対象に入れるように努力しましょう。

ただ、反応が鈍かったとしても、女性とのコレからの関係がだめになったわけではなく、もう少し時間がかかるというだけなので、気長にいきましょう。

間違いなく好かれている

手をつないだ瞬間に、ギュッと握り返してきたり、体を寄せてきたりした時は、間違いなく好かれて居ます。

次の段階に進める事ができますので、告白や、ハグ、キスまで行ってもいい状態です。

この時に、積極的に行かないと「ダメ男」の烙印を押されてそれで終わりですので、押せ押せで行くのが正解です。

手をつなぐのに適したタイミング

手をつなぐにもタイミングが結構大事になってきます。

どこでも手をつなげると思うのは間違いで、タイミングを外すと意外とその行動に出られないことが多いのです。

食事を終えて店を出た時

そこで女性と手をつなぐタイミングで一番いいのは、食事を終えて店を出て、歩き始める瞬間がBESTです。

「じゃ、行こうか」とさり気なく手をつなごうとすると、案外簡単に手をつなぐことができます。

 

このように、これから歩き始めようとする瞬間は、サッと手を出せる瞬間でもあるんですね。

デートの最後の帰り道

その次にいいタイミングは、デートの最後の帰り道です。

帰り道で手をつないで歩いた感覚が、家に帰り着いた後も女性の気持ちに強い印象として残っています。

その気持が、次のデートへの期待となって女性の気持ちに刻まれるんですね。

手をつなぐのに適さないタイミング

酒を飲みすぎた時

手をつなぐ時に、お酒の力を借りて手をつなぐことをやると、女性から「お酒の力を借りないと、手一つつなげないの」と思われて、評価を下げられてしまいます。

あくまでも、お酒の力を借りなくても女性と手をつなぐことができるような、気持ちの強さを持つことです。

1回目のデート

また、1回目のデートでは、まだお互いをよく分かっていない時なので、手をつなごうとするとリスクが高い可能性があります。

思い切って手をつなぐのは、2回めのデート以降の方がうまくいきます。

手をつなぐ時に言ってはいけない言葉

「手をつないでもいい?」この言葉をかける男性もいますが、手をつなぎたい時にこの言葉は禁句です。

最初に聞いたほうがいいのでは、という気持ちがあるのはわかりますが、この了解を得てから行動に移すのは、女性に「なに、顔色伺ってるの」と思われて「自信のない男」と認識されて、嫌われるパターンになってしまいます。

 

さり気なくスムーズに手をつなぐことが、女性の気持ちに「あ、この人とならうまくいくかも」と思わせて次に進む事が確実になります。さり気なく、これが大事です。

手をつないだら言葉でも伝える

手をつなぐことができたら次のステップへ進むことを考えましょう。

次のデートプランをじっくりと練って、このデートの中で告白しようと思ったら、告白のタイミングも大事になります。

手をつないだ次は、言葉で伝えるチャンスでもありますので、ジックリ考えてくださいね。

付き合う前のデートで手を繋ぐアンケート

付き合う前のデートで女性と手を繋げる男性の割合はどれくらいのものなのでしょうか? アンケート調査を行ってみました。

結果はほぼ半々でした。付き合う前のデートで女性と手を繋ぐことができると答えた男性の方がやや多かったです。

では、付き合う前のデートで手を繋ぐことが「できる」と答えた男性は、どのようなタイミングで手を繋ぎたくなるのでしょうか? アンケートで詳しく聞いてみました。

◆映画館で映画鑑賞をしているとき

・「繋ぎたくなるタイミングは2人で映画観てるときとか自然と隣り合わせになるシチュエーション」(男性/24歳/自動車関連/営業職)

・「映画館で、普通にエレベーターに乗ったときに危ないって言いつつ、手を繋いでしまう」(男性/38歳/情報・IT/技術職)

◆一緒に歩いているとき

・「夜の道を歩いているときに不意に手を出して繋ぐ」(男性/29歳/自動車関連/事務系専門職)

・「一緒に歩いて楽しいとき、その場の雰囲気で繋ぎたい」(男性/39歳/その他/その他)

◆人混みの中を歩くとき

・「混雑している場所を歩いているときとか」(男性/29歳/その他/その他)

・「道を渡るときや人混みを避けるときをきっかけにそのまま繋ぎ続ける」(男性/38歳/医療・福祉/専門職)

◆相手の女性といい雰囲気になったとき

・「気分が盛り上がったときや、いい雰囲気になったとき」(男性/36歳/小売店/販売職・サービス系)

・「自分への好意があると思われたときで、夜の食事後など雰囲気がある場合」(男性/38歳/その他/事務系専門職)

◆気持ちが通じ合ったと感じたとき

・「自然と気持ちが通じ合ったときに」(男性/29歳/電機/技術職)

・「相手に気があるように思えたとき」(男性/38歳/情報・IT/営業職)

◆相手から手を差し出してくれたとき

・「相手が手を差し出したら、断る必要はないと思う」(男性/33歳/情報・IT/技術職)

引用:マイナビウーマン    https://woman.mynavi.jp/article/170322-85/

まとめ

今回の話はいかがでしたか?

今回は、付き合う前のデートで手をつなぐのは「あり?」「なし?」の紹介をしました。

女性と手をつなぐことは、メリットはあってもデメリットはほとんどありません。

勇気を出して女性と手をつなぎましょう。

手をつなぐことで、二人の距離が近くなることは間違いありません。

 

付き合う前のデートで手をつなぐのは、

・あなたが好きですという意思表示

・次のステップに進むきっかけになる

・女性の反応で次の行動を考えることができる

 

その状況の中で女性の気持ちの確かめ方ができるのが最大のメリットです。

ほんの少しの勇気を出して、女性と手をつなぐことで、今の女性の気持ちが手に取るように分かります。

 

ただなんとなくデートを楽しむ、それはそれでいいのかもしれませんが、女性の気持ちの中に「物足りない人」と思われてしまうと、次はないことを考える必要があります。

女性は、デートにドキドキ感を期待しているのが普通です。

その期待に答えることができない男性は「手もつないでくれない男性」と言うことです。

他の男性に取られる前に、積極的に行かないといけないことを理解しましょう。

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。