年下女性を口説くのは難しい?若い彼女を作るための8つの方法

 

いつも当ブログにお越しいただきまして、ありがとうございます。 

 

あなたは年下の女性を口説くのは難しいと、諦めていませんか?

平成28年の厚労省の「人口動態統計」によると、男女の平均初婚年齢は、男性31.3歳、女性29.4歳となっています。

 

これだけ見ると、男性は年上と見ることができますが、今回は、もっと年の離れた、少なくとも5歳以上の年下女性を口説く場合を説明しています。

24~5歳の女性は、30代中頃の男性と付き合うことを狙っているようです。

 

その年頃の女性を彼女にしたいと思っている男性には、朗報と言える状態にあります。 

そのような若い女性を彼女にする時の敷居が低くなっていることは確かですので、このようなチャンスを逃す手はありません。

 

大人の男性を演出して年下女性を口説いて、彼女にしてしまいましょう。

きっと、毎日が充実した日々になることは間違いありません。

スポンサーリンク

年下女性の口説き方

年下女性の口説き方1 大人の男性を演出する

年下女性は、自分と同じ年頃の男性には魅力を感じないことが多いんですよね。

女性に比べて男性は、子供っぽいところがあるので、その点で年上の男性に好意を持ちやすいということです。 

 

もともと、そのように年下女性と付き合うことが容易であると思われますが、それでも大人の男を演出することでもっと簡単に年下女性と付き合うことが出来るようになるでしょう。

その辺のフアミリーレストランや居酒屋ではなく、ホテルのレストランや、ちょっと高級なバーなどに連れて行くなど。

 

年下の女性が、経験したことのない体験をさせることで、より気持ちが近づくことができます。

大人の男性を見せることができると、年下の女性はますます惚れ込んでくれるでしょう。

 

しかし、そのようなところばかりに行っていると、年下女性も疲れてしまいます。

そのような所にはたまに行くくらいにして、年下女性が気取らずに楽しめるような店も、用意しておくといいですよ。 

★関連記事

年下女性の口説き方2 年下女性を甘えさせる

年下女性が年上男性をを好きになることに、甘えさせてもらえるということがあります。

年下女性のことを中心に考えて、ある程度自由に行動させると余計楽しくなるんですね。

食事の注文は、年下女性の好みに任せ、黙ってニコニコと笑っている。

 

この態度が年下女性の気持ちを引き寄せるきっかけにもなります。

年下女性に限らず、女性は常に自分の愚痴を聞いてもらいたいと思っています。

そのような時は好きなだけ話しをさせて、相槌を打ちながら静かに聞いてあげましょう。

 

静かに話を聞いてあげると、年下女性も満足して気持ちも晴れるようになります。

また、普段の会話を覚えていて、年下女性が忘れた頃にそれを叶えてくれることも、とても嬉しいことなのです。 

★関連記事

年下女性の口説き方3 年下女性を喜ばせる

年下女性が仕事で疲れていたり、ストレスで落ち込んでいる時に優しい言葉をかけてあげると喜ばれます。 

また、風邪などで体調を崩して寝込んでいた時に、看病してくれておまけにお粥まで作って食べさせるなど相手が弱っている時に、できることをするのも喜ばれます。

年下女性の好きな甘いものなどを、その店でしか買えないものをチョイスしてプレゼントするのも喜ばれることの1つです。

 

年下女性が寂しい時や、疲れている時に優しい言葉をかけてあげることが一番喜ばれる行為のようです。

「美容」

「ファッション」

「旅行」

「映画」

「ドラマ」

「グルメ」

「ゴシップ」

と言った年下女性の興味のあることの情報を仕入れることも大切です。

会話をしていて、女性が好きな話題が出てきた時に、年下女性と話を合わせることができると、とても喜ばれます。 

スポンサーリンク

年下女性の口説き方4 振る舞いは紳士的にする

並んで歩いている時に車道側を歩く、年下女性の荷物を持ってあげるなどが自然にできること。

食事の時のレストランでさり気なく椅子を引いてあげるなど、レディファーストが紳士らしい振る舞いで喜ばれます。

 

エレベーターやドアなどを、手で抑えて先に通してくれる行為や、年下女性の歩く速度に合わせて歩くこと。

デートが終わって、帰宅したかどうかの確認メールをくれたり、電話で確認してくれるのも、紳士的な振る舞いです。 

誰にでも公平で、優しく振る舞うことができ、老若男女誰でも別け隔てなく優しくするので、誰からも評判がいいです。 

★関連記事

年下女性の口説き方5 年下女性と誠実に付き合う

誠実な年上男性は「ありがとう」の言葉を素直に言える男性です。

年下女性を大事にできますし、周りの誰にでも気配りができる男性です。 

人の悪口を言うことはありませんし、人をネタに盛り上がること、人のプライバシーを侵すこともしません。

 

口が堅いので、二人の秘密を他人に漏らすことはありません。

問題ができた時も、二人だけで解決できるので二人の信頼関係も深まります。

年下女性との会話の途中でスマホが着信しても、すぐに電源を切るなど、年下女性を大事にする気持ちがあります。 

★関連記事

年下女性の口説き方6 気遣いが大事

気遣いは、相手の女性のことをよく見て気づくことから始まります。

その女性の気づいた変化をさり気なく褒めてあげる。

そして、褒められた女性が、幸せな気持ちになることが気遣いの基本です。

 

まず、相手に不快感を与えない、また不快な状況を作らないようにする事が、さりげなく気遣いが出来るようになる第一歩なんですね。 

年下女性は、イメチェンした時や、服装を変えたときなど年上男性に褒めてもらいたいと思っています。

その年下女性の願いをいつも気にしていて、小さな変化でも褒めることができるのが、気遣いのできる年上男性です。 

 

年下女性をいつも優しく観察して、褒めてもらいたいと一生懸命作った小さな変化を見逃さず褒めてあげる。

簡単なことではないですが、それができる年上男性が、気遣いのできる男性なのです。

年下女性の口説き方7 感動を与える

年下の彼女が行ったことのない場所、見たことがない景色などを見せることで、感動を与えることができます。

「わー本当にすごくきれい」

「こんなところに連れてきてくれてほんとにうれしい」

と目一杯喜んでくれる年下女性をみていると、年上男性も元気になります。

年下女性が見せてくれるとびきりの笑顔、しぐさ、リアクションに年上男性はもっと感動をと思って張り切ります。 

 

年下女性がビックリするような場所に連れて行ったり、いつもとは趣向を変えてみたりすること。

ちょっとした感動を与えられれば、年下女性もますます年上男性が好きになるのです。

★関連記事

年下女性の口説き方8 頼りがいのある男性

年下女性は、頼りがいのある年上男性に好意を持ちます。

頼りがいのある年上男性とは、とっさのことでもしっかりと決断できる男性のことです。 

 

女性は、潜在的に「守られたい」という本能を持っています。

その願いを叶えてくれるのが頼りがいのある男性です。 

 

はっきり言えば、女性はこの男性に自分を預けていいものか、この男性に頼ってこれから生きていってもいいものか、厳しい目で判断しています。

これは、女性の本能がなせる技です。女性はもともと依存体質で、守ってくれる男性に好意をもつようになっているのです。

すべては、その時時の的確な判断で決断できる男性が、女性の好意を受けることができると言うことです。 

年上男性と付き合ったことがある?アンケート

女性に聞きました。年上男性と付き合ったことがある。

年上男性と付き合ったことがある?

ある(80%)

ない(20%)

今回一番「ある」の回答が多かったのが年上男性でした。

学校の先輩、職場の上司…オトナな男性に憧れた経験、誰しも一度はあるのでは?

年下男性や同い年男性よりも経験値が高く、うまくリードしてくれる人が多いことも交際に繋がりやすい理由かもしれません。

年上男性の一番の魅力は?

・包容力がある(28%)

・甘えられる(20%)

・大人の余裕を感じられる(16%)

・リードしてくれる(24%)

・結婚の時期を合わせやすい(4%)

・自分の成長にも繋がる(8%)

「包容力がある」や「リードしてくれる」「甘えられる」など、オトナの男性ならではの魅力がズラリ。

結構ありきたりな結果に見えますけど、結局女子はこんな男性が好きなんだよなぁって思いました。

また「結婚の時期を合わせやすい」なんていうリアルな理由も…。

引用:LATTE/COLUMN    https://latte.la/column/97136551

まとめ

今回の話はいかがでしたか?

 

年下女性は、大人の男性を求めていますので、年下女性の眼鏡の叶う男の演出が必要です。

年下女性を優しくサポートして甘えさせたり、今まで行ったことのないような場所に連れて行くなど、新しい発見をさせてあげましょう。

 

年下女性を口説くには、

・大人の男性を演出する

・年下女性を甘えさせる

・年下女性を喜ばせる

・振る舞いは紳士的にする

・年下女性と誠実に付き合う

・気配りが大事

・感動を与える

・頼りがいのある男性

 

年下女性が求めていることに、的確に対応することができると、女性の好意を引き寄せることができます。 

年下女性の望みを叶えるようにすることが、年下女性と付き合えるかどうかの境目です。

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。