彼女がほしいと思う30代男性の取り組む5つの方法

 

いつも当ブログにお越しいただきまして、ありがとうございます。 

 

あなたは、恋愛の仕方で迷っていませんか?

恋愛の仕方を学んでから恋愛することはとても大事なことです。

 

しかし、いつまで学んでもキリがないのが恋愛です。

とにかく始めることが、一番で、彼女を作りたいと言いながら行動しない男性が多すぎます。

 

彼女を作りたいのであれば、出会いの場に出かけて女性と会うことから初めなければなりません。

近頃は、恋愛自体を面倒くさいと考える、絶食系男子とよばれる男性も多くなっています。

30代も後半にになってくるとやはり、結婚を意識し始める男性も増えてくるようです。

 

今回は、彼女が欲しいと思う30代男性の恋愛の仕方を紹介します。

スポンサーリンク

彼女がほしいと思う30代男性

安心感と刺激

30代ともなると、女性に安心感を求めるようになります。

「結婚したい女優ナンバーワン」とか

「恋人にしたいタレントナンバーワン」

などの企画がよくありますが、どちらも似たような雰囲気の女性に人気が集中して選ばれています。

 

それは、我々日本人がもっている共通した感情です。

やはり、30代男性が女性に求めるものは安心感と温かさで、母親のような優しさと言えるでしょう。

 

若い頃は、刺激を求めて、どこか危険な匂いのする女性に惹かれてしまうことが、多くありました。

将来のことなど、まだ考えなくていい時期ですから今の感情を優先させる、それはごく自然なことです。

 

ですから若い頃は、多少わがままなところがあっても相手を翻弄させるくらいの女性がモテたのです。

それが30代になって、刺激を求める年令でもなくなったと考え始めて、30代後半にもなると、安心感を求めるようになるということです。

相手の言動が見えてしまう

相手の言動がすべて、見通せてしまう事がかえって相手に甘える気持ちを作ってしまっていることも問題です。

「デートの時間も、私に合わせてくれるだろう」

「私が怒れば謝ってくれるだろう」

この様に、大抵のことについては予測ができる。それが、甘えの気持ちの原因なのです。

 

もし、相手の言動が予測できなければ

「こんなことを言ったら嫌われるかもしれない」

「無理なことを言ったら、フラれるかもしれない」

などと思って、心配になってしまうものです。恋愛にとって、この不安感が大きな刺激になります。

 

自分のワガママを聞いてほしいくせにあまりに許されると物足りなくなる。

優しくしてほしいのに、優しくされてばかりだと飽きてしまう。

 

恋愛感情とはかくも身勝手なものなのです。

いまひとつ、恋愛に刺激を与えるものに意外性があります。

 

ギャップと言われるもので、普段とのギャップが大きければ大きいほど印象に残って、好意を持つキッカケにもなります。

今まで見たことのない一面を見せられると強い印象として、心に残るものです。

 

例えば、いつもニコニコしていて、どちらかと言うと頼りなく見えていた男性が、いざという時に厳しい態度を取ると「頼りになる」との評価になるのです。

いつも、厳しい態度の人が、ふとした優しさを見せると普通の人の何倍も優しく見られるのです。

 

そして、その意外性を見た瞬間に恋愛感情が生まれてしまうのは、よくある話です。

今まで、自分の取ってきた性格の逆を演出すること。

おとなしいと思われているのなら時には毅然と、自己主張をしてみる。

 

明るいと思われているのなら、時には沈黙を演出してみる。

このような方法が、結構効果的であることは確かです。

ギャップの演出は意外と簡単ですが、あまり大げさにするとサモサモ感が出て、女性に引かれてしまうことがあるので、程度を考える必要があります。

スポンサーリンク

恋愛できない理由

恋愛できないというか、恋愛をしたくないと考える男性が多くなってきていることは強く感じられます。

自由な社会に中で、我を通す雰囲気が強くなって来ていることが一番の原因と言えるでしょう。

 

恋愛は、今まで1人でいた人間が、パートナーを見つけて、2人で新しい生活をしていくことです。

今まで、全然違う所で生まれ、生活していた2人が 同じ環境で暮らし始める第一歩が恋愛です。

 

その恋愛の楽しさ、苦しさ、難しさを最初から経験してみようとの考えがないのが、最近の風潮です。

残念ながら、2人で新しい生活を築いていく様な考えより、自分の時間を大事にしたいと考える。

この様な、考えが強くなってきているようで、自分からパートナーを探す気がない男性が多くなっています

 

とにかく、自己都合を最優先する人が目立ちます。

他人のために自分を犠牲にするという発想がない。

 

そのため、ちょっと気に食わないことがあると簡単に別れてしまうことが強くあるようです。

2人で作り上げる未来に、もっと期待する考えがこれから出てくることに期待したいですが。現状を見ると、厳しいのかなと思われます。

 

いつの時代も、男性に求められる性質は「知的」「逞しさ」「リーダーシップ」です。

このことを理解して、彼女を探すことが現在の男性に一番必要なことでしょう。

自分の好きな女性を探して、とりあえずその女性と楽しい恋愛をする気持ちになることが必要です。

黙っていては置いていかれる

とにかく、どんな場合でも自分から行動しないと置いてけぼりを食うばかりか、忘れられてしまいます。

特に人間関係の中でも、感情移入が大きのが恋愛ですから、人付き合いから逃げてばかりいては、恋愛にたどり着くことも出来ません。

 

それでも、若い頃は、仕事に追われて時は過ぎていきます。

人付き合いから逃げていても仕事さえしていればなんとかなる。

 

またその仕事が楽しくて、上司の覚えもめでたいときは、仕事に夢中になってしまうものです。

そして、気がついた時には30代後半なんて事になり、愕然としてしまうのです。

 

そこで、慌てて女性との付き合いを始めるのですが、今まで女性と付き合ったことのない男性が、おいそれと女性と付き合えることは、絶対にありません。

デートするにもどこへ行けばいいのかもわからない。二人きりで、何を話していいのかもわからない。

こんな中で、仕事の話を一生懸命話す男性を、好ましいと思う女性はいません。

 

こんな男性に限って、女性の気持ちを察する事が出来ないので、勝手なことを言ってしまいます。

人付き合いに不器用な男性は、自分が不器用な人間だという認識がないことが、結構あるみたいです。

しかし、何人かの女性と、付き合いまで進展しないのなら、考えることです。

慣れた顔は好ましい

見た目の好み、どんな女性を美人と思うのかこの評価基準は、慣れに影響されます。

つまり、人は見慣れたものに対してはプラスに、見慣れないものにはマイナスの評価をします。

 

人が一番見慣れている顔は、自分の顔です。ですから、自分の顔が大嫌いという人はいないでしょう。

確かに、俺はブサイクだと言いながらでも どこかが格好いいと思っているものです。

 

その次に見慣れている顔は、両親の顔です。

恋愛においても、自分の母親に似た女性を選ぶ事が多いことが知られています。

見慣れた顔だからですね、多くの人は自分の親を基準にして相手を選んでいることは確かなことです。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、彼女が欲しいと思う30代男性の恋愛の仕方を紹介しました。

 

誰かに愛して欲しいと思ったら、まず自分を好きになって、その好きを相手に返しましょう。

・安心感と刺激

・相手の言動が見えてしまう

・恋愛できない理由

・黙っていては置いていかれる

・慣れた顔は好ましい

 

愛に満たされた人だけが、相手に愛を返すことが出来るようになるのでその愛が自分に返ってくるのです。

まず、自分が幸せになることです。

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。