モテる男のメールテクニック!女性を胸キュンさせる6つの秘訣

 

いつも当ブログにお越しいただきまして、ありがとうございます。

 

あなたは、メールを使いこなせていますか?

メールはモテる男になるには必須のものです。 

 

これから付き合おうとする二人は、メールで 連絡を取り合うことから始めるのですから。

女性の気持ちに届くようなメールを書く前に、まず女性の負担にならないことを考えます。

 

 メールはあまり続けて送ると嫌われます。

女性の都合も考えて、一方通行にならないようにすることです。

 

今回は、モテる男の メールテクニックについて紹介します。

スポンサーリンク

モテる男のメールテクニック

モテる男のメールテクニック1 主導権を握る

メールテクニックで、女性に主導権を握られると どうしても、自分から下手に出る感じになってしまいます。 

女性に魅力があるような男性でも、女性に主導権を 握られてしまうと、女性の会いたいという気持ちが 芽生えにくい事が多くあり、それが一番のネックです。 

 

 「私に会いたいから、何度もメールしてくるんだ」と 考えられてしまい、会いたい気持ちが起きにくいのです。

メールのやり取りで、最後に「じゃ、また連絡するね」と 返す男性が多くいますが、これが男性を弱い立場にしています。

そして、女性に主導権を握らせる原因でもあります。

 

メールの最後にコメントしたほうが、返信が来ているか確認する側になって、来てないと落胆しきりになります。 

返信を確認して、来てないと落胆するのは、女性にしなければ 女性の気持ちが、あなたに会いたいと高まることは無いということになるのですね。

つまり、このメールのやり取りは男性が女性を追いかける ことになるので、逆に女性の気持ちを引かせてしまうのです。 

 

メールの最後は、女性に終わらせるようにして、女性に 返信を確認させ、返信がないことで落胆させるようにすることが コツです。

メールの最後は女性のコメントで終える事。

これが、女性に追いかけさせるテクニックです。

モテる男のメールテクニック2 返信を促す

 男性からばかりメールを送ることを繰り返していると、 女性は自分から連絡を入れなくてもいいと考えて、やり取りを男性にばかりまかせてしまうこともあります。

これでは、女性が会いたいという気持ちを出さなくなるんですね。 

 

ですから、必ず女性から連絡を入れさせるようにしなければ いつまでたっても、それから先のデートまでつながりません。 

それを、先にすすめるテクニックとして、女性の趣味や 興味を強く持っている事柄の情報収集を行います。 

 好きなファッション、好きな料理、好きな音楽など、 女性な好きな事柄で、メールをするのです。

 

女性は自分が興味のあることでメールをされると、それに必ず返信しなければと思うものです。

女性の趣味や興味を引く事柄で、勧められるポイントを見つけて下さい。 

 

その感想を聞くのを理由にメールするように仕向けるのです。 

このような状態が何度も続くと、女性の考えにメールをするのが当たり前になってきて、 女性からのメールが来る事に繋がっていくのです。

スポンサーリンク

モテる男のメールテクニック3 特別な人と思わせる

ある程度、女性との関係を築けた時に、女性が特別な人と感じさせることが出来なければ、二人の関係は深まりません。 

ただの友達ではなく、特別な関係と捉えられませんから。 

 

特別な関係と気づかせるために、「○○ちゃんだから」とのフレーズを、やり取りの中でところどころに入れるのです。 

「ただの友達の女性」ではなく「特別な関係の女性」だと考えさせるために「○○ちゃんだから」を強調するのです。 

 

「○○ちゃんは相談しやすくて助かるよ」「○○ちゃんはほんとに連絡しやすいよ」この様なやり取りで、メールをするといいということです。 

でも、このテクニックは、ある程度の関係が構築できてからでなければ、逆に女性に引かれるフレーズでもあります。

モテる男のメールテクニック4 付き合い始め

付き合い始めで、連絡から二人の関係を築いていこうとする時 メールでのやり取りが、二人の意志の確認の手段になります。

女性との対面で余裕が出せる男性でも、メールでその余裕を 伝えることはかなり難しいです。

 

この時点で女性に好感を与える 事ができなければ、その後の関係構築に苦労することになります。

一つ目のポイントは、「無理な要求をして、断られたら引く」

女性に断った時の気持ちを重く感じさせない この事で、女性に余裕のある男とイメージさせる。

 

二つ目のポイントは、コメントの最後に「今度また誘うから」

軽く、男性が上から目線のやり取りを含ませることで これからの男性の立場を上げることにつながります。 

この様な印象を女性に示すことができれば、後々の 付き合いを男性優位の状態で進めることができるようになりますよ。

モテる男のメールテクニック5 好意を示した時

メールの中で、ついつい好意を示してしまうなど、女性の 気持ちがまだ盛り上がっていない時に示す好意のサイン。 

「なんかガツガツしてる」と女性に思われて、返信が少なくなる 、そのうち返信も来なくなるなど、女性に引かれてしまうのです。

 

女性に好意を示すには、女性の気持ちが高まるまで待たなければ必ず失敗します。

メールで好意を示すことはやめたほうがいいです。

あくまでもメールでの連絡は、ごく普通の連絡事項だけにするべきです。

 

メールで、好意を示す文章を多く送ることで女性の気持ちに「この人重い」と思われるからです。

それが、女性に嫌われる原因なんです。

このような状態になったら、女性を喜ばせるとか、女性に媚びるような文章を送ることをまずヤメます。 

他の誰とでもするような普通の文章を送るのです。

 

とにかく、今までの文章とはすべて反対になるような、淡々とした文章を書くように意識して文章を書きます。 

簡単に切り替えることは難しいかもしれません。

 

それでも、このようなメールのやり取りができるようになると、女性の気持ちが「ん、好意をもたれていなかった?」となり、 今までの警戒心を取り除くことが出来るというわけです。 

モテる男のメールテクニック6 1回のメールに話題は1つ

1回のメールでたくさんの話題を詰め込んで送ってしまう男性もいますが、女性に嫌われるメールです。

話題があっちこっちに飛んでしまって、よくわからないメールになっているのです。

その上文章が長いと、それだけで読む気をなくしてしまいます。

 

そんな話題を詰め込んだメールではなく、1つの話題で、女性の話に乗りながら、質問にも答えて、
こちらからの質問で終わるやり方です。

モテる男のメールは、話は簡潔にし、1回のメールにつき話題は1つというやり方ということです。

1回のメールで話題は1つ、かつ簡潔な内容で返信するというテクニックを使用することで、楽に読むことができて、これが、モテる男になるための方法です。

まとめ

今回の話はいかがでしたか?

今回は、モテる男の メールテクニックについて紹介しました。

 

モテる男のメールテクニックは、

・主導権を握る

・返信を促す

・特別な人と思わせる

・付き合い始め

・好意を示した時

・1回のメールに話題は1つ

 

好きな女性ができると、メールも楽しいですよね。

その好きな女性に嫌われないようにメールにもテクニックがあることがお分かりいただけたことと思います。 

 

そして、メールである程度二人の距離が縮まったと判断できるなら、早めにデートの約束を取りましょう。 

 メールだけで二人の関係を進めることは無理ですからやはり、リアルなデートで関係を進める方が簡単です。 

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。