Line恋愛テクニック!女性に嫌われるLineの特徴と楽しい利用法とは?

 

いつも当ブログにお越しいただきまして、ありがとうございます。

 

最近は、男女の連絡手段としてLineがすっかり主流になっています。

 

気になる女性とも気軽にコミニュケーションが 取れるので、あなたもきっと使っていますよね。

恋愛には、もはや無くてはならないアイテムと言えるでしょう。

 

Lineのトーク機能は短文でチャット形式でコミニュケーションを取るためのツールです。

メールでの通信よりも簡単で意思の疎通を取れることで、急速に会員を増やしています。

 

しかし、そのLineも、気をつけないとせっかくのいい雰囲気を壊してしまうこともあります。

Lineにもやってはいけない事があって、相手の女性を不快にさせてしまうことがあるのです。

 

今回は、Line恋愛テクニック、女性に嫌われるLineの特徴を紹介します。 

スポンサーリンク

Line恋愛テクニック 女性に嫌われるLine

Lineで長文を送る

Lineの特徴は、チャット形式で短文のやり取りで コミニュケーションを取るためのアイテムです。

 

そのLineで、長文を送ると、読むだけで疲れるのと、チャット感覚で、トントン進める感覚が遮られて気分的に乗らない感情がおきてしまいます。

会話がはずんでいる時に長文は気分をこわして、折角の女性との距離が離れかねません。

 多くても二行ほどの短文でやり取りしましょう。これくらいのテンポが、一番ストレスがありません。

Lineで一人よがりなメッセージを送る

自分の都合を、女性に押し付けるようなメーセージを 送る男性がいますが、女性が一番嫌うパターンです。

女性の気持ちも考えずに送ることは、なんの得になりません。 

例えば、「スタンプだけを送ってくる」「人の悪口を送ってくる」自分だけ盛り上がって相手に送ったメッセージはただ迷惑なだけです。

 

Lineは二人で楽しんでトークするなど、相手の女性の気持を考えた通信をするのがポイントです。

自分の気持だけ前面に押し出したようなトークは嫌われるだけです。

Lineで返事のタイミングを考えない

いつでも女性の都合を考えずに、自分の都合だけで行動することは、女性に嫌われること間違いなしです。

女性のことを考えて行動することは、女性に信頼される事につながります。

 

あくまでも、女性の都合に合わせてLineを送ることが基本です。 

相手の都合を考えたタイミングで、返事をすることで「あ、この人私の都合に合わせてくれたんだ」女性にこのように思われて、ますます距離が縮まります。

Lineでスタンプを使いすぎ

 

Lineのスタンプは、一つで会話が成立することもあります。

この一つのスタンプで会話を成立させてしまうと、「この人、面倒くさがっているのかな?」「これって、手抜きじゃないの?」 そのように思われてしまうこともあるので、スタンプ使用もバランスが大事です。

 

ただ、女性は、スタンプや絵文字だらけのメッセージを送られると「この人、キモい」と判断するそうですから、使い過ぎはヤメたほうがいいようです。

ほとんど、スタンプや絵文字を使ったことがないチャットに 、ごくたまにスタンプを使うと、かえって目立って好感されるようです。

スタンプも適度に使うことで好感度が上がりますが、使い過ぎは逆効果です。

Lineの既読スルーを気にしすぎ

Lineを読んでくれたようだけど、返事がないと ヤキモキすることがありませんか? 

何で返事をくれないんだといった メッセージを送ると、相手の女性はストレスを感じます。

 

相手の女性は、読んだけれども返事が できない状態になっているのかもしれません。

読んでもらえたのですから、ゆったり構えることです。

Lineの返事を催促する

既読スルーにも関連しますが、Lineでメッセージを送ったらすぐ返事がほしくて、返事が来ないと何度も催促のメッセージを送る、これは一番嫌われる行動です。

「しつこい男」の烙印を押されて、女性が離れていく可能性があります。

追っかけメールが嫌われることはみんな知っています。

 

それはLineでも同じで、返事がないからと催促のLineをすることは、相手の女性の気持ちにストレスを与えてしまいます。

そのストレスが、Lineを楽しむ気持ちを低下させ折角のいい関係を壊してしまうかもしれません。

自分の気持を優先させるのでなく、相手の女性の気持ちに合わせるようにするとうまくいくでしょう。

Lineで(W)が入ったメッセージが多い

メールではよく使われる(笑)、あなたも使ったことがありますよね。

(w)で送ることもあると思いますが、この(w)の多いメッセージ、相手によっては嫌われるかもしれないので注意が必要です。

 

(笑)は

・優しく笑っているイメージ

・まだ付き合いの浅い女性に使う

(w)は

・笑うようなかんじで馬鹿にしているイメージ

・ある程度付き合いの長い女性に使う

つまり、(笑)は、まだ付き合いの浅い女性に使う、(w)はある程度付き合いの長い女性に使うというのが、一番いい使い方ということ。

せっかく送ったLineで嫌われないように注意したほうがいいですね。

Lineの話題選びアンケート

女性に聞きました、好きな人に送るLineの話題選び。

・ある(42.7%)

・ない(57.3%) 

4割以上の女性は、好きな人との話題で困った経験があるようですね。

相手の気持ちがわからないうちは、どんな会話をすればいいか迷ってしまうことがありそうです。

好きな人とLineで盛りあがるには

(1)テレビの話

・「テレビ番組などの感想」(27歳/生保・損保/事務系専門職)

(2)趣味の話

・「趣味の話。わりと幅広いので大概の人と盛りあげられる」(24歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

(3)食べ物の話

・「食べ物の話。好みが一緒だと話しやすくなる」(27歳/その他/その他)

(4)共通の話題

・「お互いの共通の話題」(25歳/その他/販売職・サービス系)

(5)恋愛の話

・「恋愛の話や好きな音楽の話など」(24歳/その他/その他)

(6)ゲームの話

・「お互いがやってるスマホゲームの話。成績」(22歳/その他/その他)

(7)過去の話

・「過去の知らない部分の話」(25歳/その他/その他)

(8)今日のできごと

・「今日のできごとなど盛りあがれたら」(33歳/その他/販売職・サービス系)

(9)行ってみたい場所の話

・「今どういうところに行ってみたいかの話題。一致すれば盛りあがると思う」(24歳/その他/販売職・サービス系)

(10)相手が好きなことの話

・「相手が気になっていることや好きなことの話題を振る」(34歳/その他/その他)

引用: マイナビウーマン https://woman.mynavi.jp/article/170329-20/2/

スポンサーリンク

Lineの楽しい利用法

Lineのトークでチャットをする

 

Lineにはとても便利な機能が多く揃っていて、男女の通信にはとてもやりやすいアイテムです。

その中の基本とも言える機能がトーク機能です。

Lineのトーク機能とは、Lineのメイン機能で、女性などとの文字を使ったリアルタイムの会話機能です。

 

これが無料ということで、爆発的に普及して 特に、若い世代への浸透は凄まじいものがあります。

実際に使ってみるとわかりますが、お互いに短文でのチャットの通信なので、ポンポンと気持ちよくコミニュケーションが取れることがわかります。

 

このように、Lineは総合的なコミニュケーションツールとして非常に優れた性能を持ったアプリということができます。

とにかく楽しく使うことが一番です。

Lineでスタンプを送る

Lineの一番の特徴は、スタンプを送れることでしょう。

無料から、有料まで様々なスタンプがあるので スマホで相手の女性に意思を伝える時に有効です。 

スタンプの種類はさまざまなものがあります。

 

人気のスタンプは、人間系、動物系、食べ物系、ポケモン系など、どちらかというと「ふんわりゆるやか」な人間や動物の癒し系のスタンプが人気のようです。

 

ただ、スタンプの送り方も気をつけないと、思わぬ結果になってしまうこともあります。

 相手の女性に「この人、面倒くさがっているのかな?」「これって、手抜きじゃないの?」と思われないようなスタンプの送り方をすることが大事です。

Lineで写真を送る

言葉だけでは伝わらないことってあります。

そんな時に、Lineで写真を貼り付けることができれば、ひと目で話の内容がわかりますよね。

 

Lineでは、スタンプと同じ感覚で写真を貼り付けることが簡単にできてしまうので、話がわかりやすくなります。

今日の出来事など、写真で知らせたほうが、いいですよね。

その写真から、話が弾むことは間違いありません。 

 

その写真も、リアルタイムで、今撮った写真を そのままトークルームに貼り付けることができます。

トークの最中にあった出来事を、写真で見せることで話に広がりが出てトークが広がっていくことが楽しみになります。 

Lineで動画を送る

写真と同じように、Lineでは、動画を送ることもできます。 

最近は、スマホのカメラもかなり高機能化してますので 手軽に高精密な動画の撮影も可能になっています。

 

 写真よりも動画のほうが、臨場感が格段に上です。

今そこで撮られた動画を送ることで、同じ空間を共有できる感覚が味わえますので、より親密な関係になることができるのです。

Lineで音声を送る

Lineはトーク中に音声だけでも、送ることができます。

音声だけの送信なので伝言メモのように使うと便利です。

 

時間があまりない場合や、文字の入力が面倒な場合はボイスチャット感覚で音声を送ると簡単です。

文字でのチャット入力がめんどくさいなと思った時は ボイスチャット感覚で、音声を送ることができます。

 二人だけのトークの時は、ボイスチャットだけでも 十分に楽しむことができます。

まとめ

今回の話はいかがでしたか?

今回は、Line恋愛テクニック、女性に嫌われるLineの特徴を紹介しました。 

 

Lineの様々な機能を使って好きな女性とのコミニュケーションを取ることはとても楽しいものです。

しかしそれには、女性に嫌われないようなやり方が必要です。

 

自分よがりな通信にならないように、女性の気持ちを考えたやり取りで「キモイ」と思われないようにするのが最低限のマナーです。

 

女性に嫌われるLineは、

・長文を送る

・自分よがりなメッセージを送る

・返事のタイミングを考えない

・スタンプを使いすぎ

・既読スルーを気にしすぎ

・返事を催促する

・(W)が入ったメッセージが多い

LINEの楽しい利用法は、

・トークでチャットをする

・スタンプを送る

・写真を送る

・動画を送る

・音声を送る

Lineの利用者がどんどん増えているのは、Lineの楽しい使い方が分かってきたことが理由です。

 

その楽しい機能を十分に楽しむ気持ちがLineの利用者を増やしている元になっているのでしょう。 

Lineのメリットとデメリットを認識しながら利用する。

 

Lineにも、使い方によっては、楽しい雰囲気になる時と 間違った使いかたをすれば、相手に不快感を与えることもあります

あくまでも、使いかた一つで良くも悪くもなることを理解した上で利用することです。

お互いが楽しくなれるような使い方をしてコミニュケーションツールとして使っていきましょう。

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。